ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 企業にとって 海外戦略の難しさ リスクが大きいですね。

<<   作成日時 : 2016/06/25 09:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

私が生きてきた中で・・・

イランに莫大な投資をした 三井物産をはじめ〜

イラクに 様々な施設を作ってきた 多くの建設業〜

サウジに同じく 石油設備投資をした 住友化学・・・

イギリスに 工場を建て 社運をかけている 日立や TOYOTA・・・

ほとんどの企業が その目論見が 厳しい現実に振り回されて来た!

果ては 中国に進出した 中小企業に至るまで・・・

影響を受けて 痛い目に遭っている企業は多い!!

下手をすると・・・社運までに響く〜!

傾くなんて、ことにならねば良いが・・・。




これからのロシアとの話し合いで シベリアへの投資話が持ち込まれるであろう。

まんまと その話に乗ると〜

国によっては そのすべてを失うことになる可能性も大きい!

特に うまい話には 裏がある!

要注意!

ずるい国があるからね!

慎重に進めなくては あとから泣きを見ることになる。




国と国の約束も・・・

政権の失脚などによって・・・

一夜にして 崩れ去るか知れないのだから・・・

これから どうなるのだろうね?




グローバル化によって・・・ 

世界の経済は ますます困難な時代になった!

そうかと言って・・・

狭い日本だけで 商売出来る筈もない!

世界に出ていくことは 必要なんだけれど・・・

うまく行くケースばかりじゃない!

為替の変動!

これも大きい!

世界の中で 嫌われている国らの妨害・・・

これも 困ったものです。




EU離脱、日本企業にも衝撃 

計1380社が英国に拠点を置くのだから・・。




英国にある日立製作所の鉄道車両工場。

昨年9月の開所式には英運輸相らもお祝いに!



雇用だって 何十万人と 生み出している日本企業!

それらには イギリスだって 恩恵を受けて居るはずなのに・・・。


 

英国の欧州連合(EU)離脱で、英国に進出する日本企業にも衝撃が広がった。

離脱で英国とEUの関税などの仕組みが変われば、

英国での事業展開を見直さざるをえなくなる可能性がある。

欧州全体の事業への影響や、急速な円高による輸出採算の悪化を懸念する声も出ている。




「 予想外だ。

  イギリス人の気持ちがここまで変化してきているのかと驚いた。

  冷静にみれば、歴史の転換点が近づいているのかもしれない。 」

経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)

は24日午後、都内で記者団に語った。

 


帝国データバンクによると、英国に進出している日本企業は1380社。

英国で製品をつくり、EU域内に輸出するメーカーは、

EU域内の貿易でかからない関税が、離脱後の英国とEU間で

かかりかねないことを心配する。

 


トヨタ自動車は英国工場で年19万台を生産し、4分の3をEU各国へ輸出する。

関税がかかれば輸出コストが上がり、輸入する部品の調達コストもかさむ。

以前からの

「 英国工場は欧州一体が前提で、影響は重大。

  現地の雇用にも影響が出かねない。 」(幹部)との懸念が膨らむ。



三菱レイヨンは、アクリル樹脂の原料をつくる工場から

製品の6〜7割を英国外のEU域内に供給する。

親会社・三菱ケミカルホールディングスの越智仁社長は24日、

「 為替の急激な変動などリスクを最小限にとどめるよう

  政策当局の協調した対応をお願いしたい。 」

との談話を出した。

 

また、北海の油田などに出資する三井物産の安永竜夫社長は

「 現時点で見直し対象の特定は難しいが、

  英国事業の戦略見直しを検討する必要が出てくる。 」

とコメント。

今後の事業計画の変更を示唆した。

 

すでに影響が出ているとの声もある。

ダイキン工業の宮住光太執行役員は

「 ロンドンではマンションなどの建設ブームが起きていたが、

  富裕層が離脱によるポンド安を警戒し、着工前に建設が凍結されている物件もある。 」

と、指摘。

空調の販売で 「 影響が出る可能性がある 」 と、話した。

 


ただ、辞任を表明したキャメロン英首相の後継の政治体制も定まらず、

今後の経済政策は不透明だ。

当面は推移を見守らざるを得ない面もある。



つくづく・・・

海外への企業展開は 難しいものだと〜思う。

多くの 「 企業戦士 」 たちが 日夜努力して

積み重ねたものが いとも簡単に崩れるのだから・・・

たまったものじゃない!

悲しい!

むなしい!









週刊ニューズウィーク日本版 「特集:英国はどこへ行く?」〈2016年6/28号〉 [雑誌]
CCCメディアハウス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ニューズウィーク日本版 「特集:英国はどこへ行く?」〈2016年6/28号〉 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
戻ってきました。これからぼちぼち過去ブログを読ませていただきます。
EU離脱の問題は「まさか!」でした。でも国民が自ら選んだ選択です。ここからイギリスはどちらの方向へ向かうのか?戸口を閉める方向なのか? 別の戸口を作るのか?世界経済が全く不透明になってきました。
arara
2016/06/25 15:54
イギリスでは 若者たちが 「 NETも使えない年寄りの投票で イギリスの未来が決まるなんておかしい! 」 と 声をあげていますね。
私もそう〜思います。
今回のイギリスの選択が 本当にイギリスの未来のとって 良い選択だったのか?
難しいのですが・・・私は 誤った選択だと思っています。
ハイジママ
2016/06/25 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
企業にとって 海外戦略の難しさ リスクが大きいですね。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる