ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性セブン2016年6月23日号記事から ( 美容院 にて )

<<   作成日時 : 2016/06/11 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

髪の毛を 夏らしくカットしました!

( 似合う? 似合わない?は 二の次で・・・

 とにかく、私は 短時間で サササッツと 切って貰うのが 性に合う? 

 昔から ボーイッシュな 短髪女なのですよ!!

 フフフ・・・それが 案外〜〜似合うのですよ! 

美容院の楽しみは〜

最新の週刊誌 それも 「 女性週刊誌 」 が 読めることです。

短い時間 ( 私の頭は 中身を含めて〜 きわめてシンプル〜 

         切るのに さほど時間が掛かりません〜 )
 なので・・・

大した記事は 読めませんが・・・

近頃 結構 女性週刊誌の内容が 面白いのですよ!

何と 「 政治問題 」 が 意外と多いのですよ!

それに 「 健康記事 」 も 多いです。

もちろん 誰それが不倫したとか ?

あまり 興味の無い記事も 相変わらず多いです。 

ベッキーさんが どうのこうの?なんて・・・

まるで 興味無し!


ちょうど 記事のバランス( 構成 ) が・・・

私のブログ ( ハイジの窓 )〜?

健康記事は 多くて ちょっぴり 政治記事?

似て居るような気がします。

ちょうど、私の頭の中・・・

女性週刊誌並み? ( ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ )



その中で・・・・

エッ!

セブン? 小学館でしょう?

それに こんな記事が?

あそこは 右じゃないの?

その週刊誌に こんな記事が在りました!

これも 不思議・・・。 

まぁ〜週刊誌は 売れれば OKなのですね。

週刊文春も 近頃 頑張って居ますしね。

ドンドン 政界のドロドロをあぶりだしてほしいものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



元NEWS23岸井成格氏

「 政権からの巧妙な圧力あった 」


NEWSポストセブン6月10日(金) 記事 引用です。




各局がしのぎを削るニュース番組の現場。

そこへ、政権側からの注文が目立つようになっている。

特に今年2月、放送行政を司る総務省のトップ、高市早苗総務相の発言は、

圧力として受け止められ、広く報じられた。


 
高市大臣は、放送局が政治的に公平性を欠く放送を繰り返す場合は

放送法第4条に違反するとし

「 行政指導しても全く改善されず、

  公共の電波を使って繰り返される場合、

  それに対して何の反応もしないと約束するわけにいかない!」

と発言し、“電波停止”をにおわせたのだ。


 

放送は、新聞や雑誌と異なり、国の認可事業だ。

総務省が発行する免許を5年ごとに更新できないと放送を続けられなくなる。

電波停止とはその免許を剥奪することを意味するもので、

“反政権の姿勢”を貫く番組があると、その放送局は政府によって放送をできなくする

──そう圧力をかけたと指摘されたわけだ。


 

元民放連職員で、立教大学社会学部メディア社会学教授の砂川浩慶さんは

「 高市大臣は法律の内容を理解していない!」

と言う。


 

この議論の中心にある放送法は、

戦前の政府が言論弾圧していた過去を踏まえて制定されており、

第1条ではその目的を

《 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、

  放送による表現の自由を確保すること 》

としている。




「 いったい誰が、《放送の不偏不党、真実及び自律を保障》するのか。

  それは、放送局ではなく、政府です。

  政府が自律を保障しなくてはならないのです。

  また、第4条の“政治的に公平であること”という項が注目されますが、

  “意見が対立している問題については、

  できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること”という項もあります。

  つまりニュース番組には、視聴者に対して、

  考えるための材料を提供することが求められているのです。

  この観点で見ると、NHKは政府の考えを肯定するような報道が目立ちます。

  政治的公平という点でいえば、NHKは偏ったニュースを放送しています。 」(砂川さん)


 
つまり反権力の報道ではなく、親権力の報道こそ、政治的に公平ではないというわけだ。

時間をかけた独自の取材で定評のある『報道特集』(TBS系)で

キャスターを務める金平茂紀さんも次のように指摘する。


「 政治が世論と違う方向に突き進んでいくときに政府に物申したからといって、

  それが公平性を欠くとはいえないでしょう。」


 
ところが、反権力の姿勢だったと自認する

『報道ステーション』(テレビ朝日系)の古舘伊知郎さんや、

『NEWS23』(TBS系)のアンカーだった

毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんなど、

番組内で政権に批判的な発言をしたキャスターが今春、次々と番組を降りた。

そこには放送法でしばられたテレビ局への政権からの圧力があったからだ

という説が今も根強い。


「 直接的なものはなかったけれど、

  あったか、なかったかでいえば、圧力はあったと思います。

  ただ、やり方が非常に巧妙で、『テレビ局の都合で決めました』となる!」


そう話すのは、岸井さんだ。




「 総理官邸や自民党幹部が

  『岸井のあの発言はまずいんじゃない?』と言っていた

  などという情報は、しょっちゅう、私の耳にまで届いていました。

  そういったことはテレビ各局の上層部にも伝わり、

  そこから現場へも伝われば、現場は自粛したり、萎縮する傾向はあります。

  政権側としては、味をしめるでしょう。

  最近のNHKが心配です!」


 
降板したもう1人の古舘さんは朝日新聞(5月31日付朝刊)のインタビューで

直接の圧力については否定した上で、こう語っていた。


( 昨日 TBSの安住さんの 『ぴったんこカン・カンスペシャル』 という番組を観た〜!

  古館さんが やっていた過去の番組の共演者たち・・・

  芳村真理さん とか・・・加賀まりこさんとか・・・

( 素晴らしいお姉さまたち〜と、熱い抱擁・・・ )

  皆さん 彼( 古館さん ) をねぎらい〜 彼が 辞めたことを残念がって居られた〜。

  一見! その種のニュース番組には 関心が無さそうに見える女性たちも・・・

  そうそう〜 まったく 体制側かな?と、思って居た あの 日テレ・・・「 徳光さん 」 までが・・・

  コテコテの巨人フアンで・・・完全 右寄り? と、思われて居た〜方!

  古館さんを 応援していたことを・・・暗に言われていた時は 驚いた!

  あえて ハッキリは口には出さないが・・・

  ( 手紙の中で 感じられた・・・ )

  今の報道の在り方の 疑問点を 感じておられると、

  思わせる雰囲気が伝わって来ました〜 !

  やはり 昔より 締め付けが有ると思われます。  )

  


《 画面上、圧力があったかのようなニュアンスを醸し出す間合いを・・・、

  僕がつくった感はある。

  実力が足りなかった。

  原発事故後の福島の甲状腺がんの特集も・・・、

  ドイツのワイマール憲法の特集も、考え方が違う人は 『偏っている』 と言う。

  その気配を察して・・・、

  僕を先頭に番組をつくる側が自主規制をしたきらいがないか。

  だれかから文句を言われる前に、よく言えば自制 ? 、

  悪く言えば勝手に斟酌(しんしゃく)したところがあったと思う 》


 

萎縮・自主規制・斟酌…

それこそが、今のニュースの制作現場に蔓延している雰囲気だ。

民放のニュース番組ディレクターは首をすくめてこう語った。


「 原発や安保など、賛否が二分されるテーマほど扱いにくくなっています。

  企画を出すときも番組を作るときも両方の意見を均等に入れるように上から指示されたり、

  “慎重に”と釘を刺される。

  でも、それじゃあ尺も足りないし、

  やる意味があるのかということすら思えてきます。 」


 
気がつけば、放送されるのは当たり障りのないどうでもいいニュースばかり、

という笑えない状況も必ずしも絵空事ではないかもしれない。


※女性セブン2016年6月23日号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今の NHKが まさに その状態ですね。

番宣でも・・・

まるで 週刊誌の吊るしのような画面が出ます。

司会者もお笑いが多い?

内容も・・・

無難なものばかり?

あの 名物番組 ( 国谷さんのクローズUP現代 ) が 無くなって?

( 十時には 女性アナウンサーにより 続けられているらしいが?

  まったく 魅力ゼロ〜〜  )


私は あれ以来・・・NHKに興味を失った!

まるで 【 大本営発表 】??

会長さんのせいですか?

ガッカリして居ます。

こんな現実ならば・・・

NHKは 国営放送ですから〜?

イヤ 政権与党の宣伝放送局ですから〜? と・・・

開き直って〜 そういう発表ばかりで 良いと、思います。

どうせ 国の予算はタップリ頂いて居るのですから・・・

( 受信料は わざわざ取る必要は無い!

   要らない! もう、国から出て居るから・・・

   我々国民は 既に 税金としてNHKに払うお金を 負担して居る状態! なのです。 )


その関係で?? 政府に不都合なニュースは 流せませんから、

その点 よろしく〜〜とね!

国民も その点を心得て・・・観る?べし。

そう思えば その偏りも 腹に立たない??

全て 割り引いて 観るべし。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
以前から、女性向け週刊誌にも政治問題が多く掲載されるようになったと聞いています。
ただ、今の舛添さんの問題は、政治問題と言うより、芸能人のスキャンダルと同レベルの扱いのような気がしますが。
ぼてくん
2016/06/12 17:52
ぼてくん
そう・・・レベルは 少々低くても もう少し女性たちが行動してくれれば 日本は変わるかも?
無責任 無関心が一番ダメ!
舛添さんの問題は やはり彼の人格形成の段階から 分かって居たように思います。
ハイジママ
2016/06/13 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性セブン2016年6月23日号記事から ( 美容院 にて ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる