ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 長生きさんたち ( 自立しての長寿ならば・・・ )

<<   作成日時 : 2016/05/15 14:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0


全員合わせて577歳 

5人のおばあちゃんから

長寿の秘訣を聞いちゃった!!



     2015年02月13日のNET記事から

( 今年は 2016年だから 此処に記載されているお婆ちゃんたちも 亡くなって居るかも?

  昨日は 誰かアメリカの最高寿命のお婆ちゃんが亡くなったニュースを おぼろげに聞いて居たから

  この中の誰かさんかも知れませんね。 )






私たちは皆、100歳まで生きることは素晴らしい偉業だと知っている。



しかし、健康で100歳以上生きることはそれ以上に素晴らしい偉業だ。

信じられないかもしれないが、世界で最も長生きしている5人は、

全員1800年代生まれだ。

この110歳以上の人々は、

2つの世界大戦、タイタニック沈没、

宇宙開発競争などの時代を生き抜いてきた人ばかり。

しかしさらに驚くべきことは、彼らが生まれた時点で、

アメリカ合衆国の平均寿命は60歳前後だったことである。



彼らの中でも最高齢の日本人大川ミサヲさんは、3月で117歳になるから、

ほぼ2倍生きていることになる。

世界で最も長生きな5人の、長生きの秘訣を見ていこう。


1. 大川ミサヲ、116歳、日本



大川さんは1898年に大阪に生まれた。

彼女は2013年に、100歳以上生きていた日本人、

木村次郎右衛門が亡くなった時に世界最高齢者となった。

大川さんは特別養護老人ホームに住み、毎日十分な食事を3度食べる。

彼女は特に寿司を好み、月に一度は食べることにしている。

しかし食生活よりも大切なことは、3つの信条である。

「食べて寝れば、長生きできます」

と彼女は116歳の誕生日にイギリスの新聞「テレグラフ」に語った。

「リラックスすることを覚えないといけません」。

彼女はまた毎晩8時間眠ると言われている。正しいグッドアドバイスだ。


( 調べてみたら 117歳の誕生日を迎えた 2015年四月 亡くなって居ました。

  NETで評判なのは 若いころ とても美人であったとか!

  でも、さすがに 100歳を超えると〜昔の可愛かった面影は?? ゼロでした〜 

  トホホ・・・ だから と言っては失礼ですが・・・

  私 昔の面影まで 想像出来ない程の高年齢まで生きたくは有りませんわ〜 

  何とか 少しは・・・面影が残り〜あまりにシワシワにならないうちに 亡くなりたいかも・・・?? )



2. ガートルード・ウィーバー、116歳、アーカンソー




ウィーバーさんはアメリカの最高齢者で、7月4日に誕生日を迎える。

彼女は介護施設で暮らしており、比較的に活動的だと言われている。

彼女は、自身の信仰が元気の源だと語る。

「神様に従わないといけません。他の人ではなくてね」

と彼女は116歳の誕生日に「カムデンニュース」に語った。

「 従順であること、律法に従うこと、何事も心配しないこと。

  私は神様に何年も何年も従ってきたけど、くたびれていません。 」


3. ジェラレアン・タリー、115歳、ミシガン


タリーさんは南部地方で育ち、

夫が亡くなるまで52年間夫婦として連れ添った。

彼女は現在娘と暮らしており、玄孫たちと遊ぶのを楽しんでいる。

年に一度は釣りの旅にも出かける。

タリーの長生きへのアドバイスは至ってシンプルだ。

「 自分にしてもらいたいように他人にする、これが私の生き方です 」

と彼女は2013年、「 ミシガンニュース 」に語った。



4. スザンナ・マシャット・ジョーンズ、115歳、ニューヨーク


115歳にして、マシャット・ジョーンズさんはかつてないほど気力に溢れている。

彼女はベーコン、スクランブルエッグ、

ひきわりトウモロコシの朝食を毎日楽しんでいる。

長寿の食事としては意外なものかもしれない。

緑内障による視力喪失を除けば、

彼女が薬を必要とするほどの健康問題は血圧だけだ。

彼女はさらにレースのネグリジェを好むことでも知られている。

「 素敵な物を着るのに、年を取りすぎているということはないのよ 」

と彼女は 「 タイム 」 誌に語った。

さすがだ。



5. エマ・モラノ=マーティヌッジィ、115歳、イタリア



モラノ=マーティヌッジィさんは、世紀が変わる数日前、

1899年11月に生まれた。

彼女の少し変わった食生活こそが、長生きの秘訣だと言う。

彼女が20歳の頃、ある医者が彼女に生卵1つと

調理された卵1つを毎日食べるように言った。

彼女はそれを今も守っている。

彼女はまた、夕食を軽くすませ、


牛乳をグラス1杯飲むだけであると、

イタリアの新聞 「 ラ・スタンパ 」 に語った。



あるいは、睡眠を十分にとることが彼女の秘訣かもしれない。

古い格言に従い、彼女は早寝早起きを実践している。

夜は7時頃に眠り、朝は6時前に起きる。

驚くべきことだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本の長寿の実態は いかに??



日本の100歳以上人口が6万人超え ( 2016年 年度当初 調査 )


彼らの 「長寿法」 はいったい何?


全国の100歳以上の高齢者の人数が6万人を超え、

日本の長寿人口は驚くほど増えている。

100歳まで生きられる長寿法はあるのか


6万1568人――。



この人数が何を示すか、おわかりになるだろうか。

厚労省の昨年の調査で、全国の100歳以上の高齢者が6万1568人となり、

過去最多となったのだ。



100歳以上の人口は1971年(339人)から45年連続で過去最多を更新しているが、

6万人を超えたのは今回が初。

老人福祉法が制定された1963年(昭和38年)には、

その数は全国で153人だったが、1981年(昭和56年)に1000人を超え、

1998年(平成10年)には1万人を超えた。

白寿を超えることは、昔よりも珍しいことではなくなってきている。



そこで気になるのが、100歳を超えるまで元気な人たちは、

いったいどんな健康法を行なっているのか、ということだ。

必ずしも全ての人が 「 100歳まで生きたい 」 と思っているわけではないだろうが、

( 私は そこまで生きることを 望まないし〜 それ以前に へたばるであろう〜 )

前述のような報道を見て、

「 自分も100歳まで生きることができるのだろうか 」

と考えた人は少なくないだろう。



100歳まで生きられる長寿法はあるのか、

あるとしたらそれはいったいどんなものなのか、

調査・考察してみよう。



「 過去のデータで、確実な記録がある史上最高齢は、

  フランス人女性(故人)の122歳164日です。

  日本人では現在、今年116歳になる女性が最高齢です。

  こうしたことから考えると、現時点での寿命の限界は110〜115歳くらいでしょう。 」



こう話すのは『115歳が見えてくる“ちょい足し”健康法』(ワニブックス)

などの著書がある、芝大門いまづクリニックの院長・今津嘉宏医師だ。



しかし、100歳が珍しくなくなったとはいえ、

いくら長生きをしても寝たきりのままでは幸せな老後とは言えない。

平均寿命が80歳の今、その後の30年間を寝たきりの生活ではなく、

人生を楽しむ時間にあてるためにも、

「 健康のまま寿命を全うできるか 」 が問題になってくる。

いわば 「健康寿命」 だ。



実際に、厚労省が発表した100歳以上の高齢者調査を見ても、

ゴルフをやったり歌を歌ったりするなど趣味を楽しんでいたり、

自分で身の回りのことをすべて行っていたりと、

元気に過ごしている人が多いことがわかる。

中には、100歳超で100メートル走の世界記録を持つ人さえいる。

このような人たちの暮らしを見ると、

健康のまま寿命を全うすることは不可能ではないことがわかってくる。



誰かに 心配を掛けるような 『 高齢者 』 では 申し訳ない!

あくまでも 『 自立 』 出来ることが大事!

しかしながら 生きるには 毎日の生活 

つまり 生きる為の 「 お金 」 も要るでしょう!

その為のお金も 大切なんだよね。

出来れば 自分のお金!

貯めて置いて 欲しいものだ!

国家に おんぶに抱っこの状態で 生きるなんて ごめんだ!




五月・・・県から 「 介護保険料の修正 」 という書類が来て・・・

所得が増えているから より多額の負担を〜と 連絡あり〜

なんだか 矛盾を感じながら 納めないわけにもいかない!

息子たちも 四十歳を超えれば〜介護保険を納めます。

親は 一生懸命 介護保険のお世話にならないように 

日常 頑張って居るのに・・・ 

なんだか 他所の親さんたちの為に 多額の介護保険料を納めます。

我が家の場合 長男夫婦は既に納めている。

次男夫婦も納めることになる。

主人も、私も けっこう多額を納めている。

そして 誰も 介護保険は使って居ない!

( 使わないことは けっこうな事なのだが・・・ )

介護保険?

保険と言いながら・・・

これって まるで 『 税金 』 扱いですよね。

若い勤め人は 給与から引かれます。

我々 高齢者は 年金から引かれます。




おんぶに抱っこをしてまで 『 長寿がおめでたい!!』 とは 言い難いのだ!!

なんだか 負担ばかりが 増える重税感?

優しい国? 日本?

でも・・・この国〜 政治家は 贅沢三昧してるんだよね。

真面目な庶民は〜日本の国に住んでいる以上 

この 『 重税感 』 から 逃れることは出来ないんです。

四月・五月は〜〜税金の嵐ですよ!!




真に めでたい長寿で 居たいものですね。

福祉〜福祉〜も、結構ですが・・・

矛盾を感じる現実です。

田舎の町・・・

福祉車両ばかりが 走って居ます。

なんだかねぇ〜〜

雇用は 福祉関係ばかりが 増えているようですね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長生きさんたち ( 自立しての長寿ならば・・・ ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる