ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS もしも我が家が熊本に在ったなら・・・。( 私の身に起こったこととして 捉えてみる〜 )

<<   作成日時 : 2016/04/28 13:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

もしも?

我が家が 熊本の断層上に在ったなら・・・

確実に 家はつぶれて居たでしょう。

( 重い三州瓦を屋根にのせて居るからです。 )

そうだったら・・・

先ずは 命が有っただけでも まず 《 感謝 》 ですね。

( 地震が何より 恐怖な私は その前に 心臓が止まって居るかも知れません! )



もし、無事に生きて居たら・・・

それから どうするか?

しばらくは 放心状態・・・!!

災害が起こる日本。

日本の宿命!!



その都度 その立場に自分ちが置かれたら どうするか?

その地の方に寄り添い その地の方の立場で考えます。




自分ちの真下に 恐ろしい断層! が 走って居たと、思うだけでも・・・

私は 《 恐怖 》 に 慄きます。

もう、その地には 住みたくありません。

だから・・・我が家なら〜 《 移住 》 を考えます。

もう〜 何処に住んでも・・・セカンドライフ!ですし・・・

先は短いから?





しかしながら・・・

人生の終盤に近い その齢を考えると〜

簡単な話ではありません。

職業 ( 生計を立てる仕事 ) が 農業であったら・・・

簡単に 住む場所を変えることも 困難な話。

何か 手に技術があり〜他の土地に行っても 

働けるなら考えられないことも無いが・・・

その土地に依存して、作物を作ることで生きてきた方にとっては 

移住ということは 土地の確保から無理な話。

先立つものも やはり必要!




新しい家を建てると言っても・・・

息子が居て その家に又住む予定なら〜

何とか 二世代で頑張ろうと思うかも知れないが・・・

息子は 都会に出て異業種で働いて居る ( サラリーマン )ならば・・・

田舎の老いた両親には 過酷な話。

事実 ニュースで見る限り 熊本の被災地でも

お年寄りが多い!!

自分たちの人生で築いて来た物が 一瞬にして奪われたわけだから・・・。

これ以上の  「 無常観 」  は 無いだろう。





家を建てるには 何千万円と言うお金が必要になる。

老後の資金を確保しなければならないのに・・・

とても 《 建築費用 》 として 何千万円なんて言う金額は

サラリと用意出来る金額じゃ無い。





と、なると・・・

住処を変えたとしても 家を新たに建てるなどとは・・・

容易な話じゃない。

借家? あるいは 賃貸マンション?

そういう形になるんじゃないかな?

おそらく 国によって 【 仮設住宅 】 が 建てられるのだろう。




しかし、考えてみれば・・・

災害の度に 仮設住宅を建てるというのも・・・

随分 無駄なもの??かも知れないね。

こんなことを書くと 叱られるかも知れないけれど・・・


熊本県内だけでも 空き家とか 新築で借主を待って居る 【 不動産 】 は・・・

被災したお方を収容するだけの数が有ると言うではないか?

それに 熊本は・・・もう怖いから・・・という方には 他の県も協力的だ。

空きの公営住宅は 多い!

一年間は どうかご自由に お使いください! と、好意的だ!

国民みんなで 被災者を助けなくちゃ〜ね!

何百という単位で 各県が用意出来るそうだ!

そういう物件を 利用しない手は無い!



この際 他県に移り住んでも 何とか 「 生計の道 」 が立つ方は・・・

【 移住 】 を考えられたら どうだろう?




ごめんなさい!

もしも 自分だったら そう〜決断するなぁ〜と、思った次第!

誰もが 苦渋の決断だと思われます。

そう、そう〜〜簡単な話では無い事は 

充分に〜〜承知しております。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



熊本地震
.
水枯れ 「 もう住めぬ 」 

断層の真上・西原村



毎日新聞2016年4月27日 の記事から 


美しい田園風景が広がる熊本県西原村の布田(ふた)地区は、

熊本地震の震源となった 「布田川断層」 の真上にある。

激しい揺れで住民3人が死亡し、96戸のほとんどが立ち入り危険と判定された。

田畑の水源も崖崩れで失った。

村は土石流などの2次災害を警戒し、雨が降るたび地区に入らないよう呼びかける。

「 この集落は人が住めなくなるのか。 」

先の見えない恐怖を抱える住民の中には、移住を考え始めた人もいる。




「 地区の生命線はコメとかんしょ(サツマイモ)。

  水がないけん、今年は田植えができん。

  どげんもこげんもならん。 」




布田川断層の北側に広がる布田地区。

16日のマグニチュード(M)7.3の地震で傾いた自宅の前で、

コメ農家の山本秀輝さん(70)が嘆いた。

江戸時代から農業用水にしてきた滝つぼが崖崩れで埋まって水源が断たれ、

5月の田植え用にためていた貯水池も漏水している。

 


さらに、活断層が走る小高い森の斜面にいくつもの亀裂が入り、

ところどころで起きた地滑りで樹木が倒れかけている。

「 地震前は稜線(りょうせん)近くの樹林帯から

  向こうの空は見えんかった。

  でも木々が倒れちょるから、今は隙間(すきま)だらけばい。 」


山本さんが指さし、雨がぱらつき始めた空を見上げ

「 土石流にならんといいが 」

と、身震いした。



 
崖崩れで埋まった滝つぼから下流へ約500メートル付近に住んでいた建設業、

岡村准之助さん(66)は16日未明、寝ていた1階が2階に押しつぶされ、

30センチの隙間で生きのびた。

「 ドンとものすごい音がしたと思ったら、目の前に天井があった。

  あと少しずれて寝ていたら、頭がつぶされていた。 」



1階の別の場所にいた妻や2階で寝ていた長男も無事だったが、

生きた心地は今でもしない。

 

「 若いころから、布田は断層があるから

  『 (地震が)来たら太か(大きい)ぞ 』と言われていた。

  ばってん、こげんすごか地震が来るとは思わなかった。 」




布田川が横を流れる自宅の周囲には複数の亀裂が走り、

地盤が緩んでところどころで川へ土砂が崩落している。




「 この場所は危なくて、家ば再建できん。

  自然や田園が美しくて大好きな場所だが、

  安全などこかに引っ越すしかない。 」


と、肩を落とされた。 

【 栗田慎一さんの記事から 】


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人生には 過酷な運命が待って居る場合が在ります。

何も無く〜〜

何十年かの人生 無事平穏に暮らせる方がまれかも知れない。



いつ、だれの身に 大きな災害 大きな不幸が降って来るかも知れない現実。



これは 日本人の人生観 価値観にも 影響を及ぼして居ると、思われます。

しかしながら その度に 日本人は歯を食いしばり 頑張って来たのだと思います。

神戸で・・・

東北で・・・

福島で・・・

そして 今度の 熊本で・・・

人々の底力が 試されて居ます。

負けないで〜!!

日本人なら 必ず 立ち直ります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
情けは人のためならずです。
多くの人は、まさか自分にかぎってとおもでしょう。わたしも、まさか自分の妻が、病に倒れるなんて思っていませんでした。
まさかなんて、無いんですよね。基本可能性はゼロじゃないというCMにあった言葉が、どちらにも振れることなのでしょうね。
明日はわが身ですから、少しだけでも、現状から失うものを想定する日を作って欲しいと思います。あなたにも、私にも起こりえる事は、良いことだけと言う夢の話だけではありません。宝くじに、当選した日に心筋梗塞で・・・ポックリと!
人は悲観しないというパワーもあります。
可能な限り、優しい人になっていけたらと思います。意味不明ですみません。
ベランダ農夫
2016/04/28 15:18
ベランダ農夫さん
あなたが言いたいこと、解ります。
悲観しないというパワー 大事かも知れないです。
世の中は無常があたりまえ!
諸行無常とは 昔からの日本人の考え方かも?
明日は すべての事が 我が身かも?
ハイジママ
2016/04/28 16:23
うちも 間違いなく「ペチャンコ」ですね! これから 今回の地震を参考に「耐震基準」が また変わる?
まだこもよ
2016/04/28 18:26
まだこもよさん
日本人は 過去から何度 こういう目に遭って居るのか!
それでも 何度も何度も 立ち直って居ます。
負けるものか!の精神ですよね。
とにかく 先ずは命が大事!
屋根につぶされないようにしなくてはなりません。
ハイジママ
2016/04/28 19:48
人生は本当に何が起こるかわかりません。明日何かが起こるかもしれないし、自分の身に起こらなくても隣の人の身に起こるかもしれない。家族に起こるかもしれない。それでも何が起ころうとも、一時的虚無に落ちたとしても、必ず立ち上がってやり直す精神は誰にでも備わっているのではないでしょうか?せめていつ何が起こっても後悔をしないような日々を過ごしたいものですが・・・・
arara
2016/04/29 01:25
araraさん
おはようございます。
そう・・・そのとおりです。何が起こるか?分からないのが人生!
良い事ばかりでは無いです。自然災害は何ともなりません。出来れば そのダメージを最小にしなければならない!とは思いますが・・・、努力で何ともならないことも有りなのです。
後悔しない人生・・・それは なかなか難しいです。
あ〜すれば良かった〜と、思うことは多々あります。
私の人生 その繰り返しばかりかも??
ハイジママ
2016/04/29 08:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
もしも我が家が熊本に在ったなら・・・。( 私の身に起こったこととして 捉えてみる〜 ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる