ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が 鶏むね肉を食べるわけ

<<   作成日時 : 2016/04/20 09:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6

今日のスーパーのチラシ商品は・・・

何と 鶏むね肉が 100g 48円 ( 税込み 51円 ) です。

安いと思います。

( ハイジママんちは こんな安いお肉を食べて居るんだ〜!!

  貧乏なの? ハイ! 節約家庭です。 )



こんな時 出来るだけ買いに行きますね! 

あまり買い過ぎてもいけませんが・・・

我が家には 犬も猫も 居るので

時々は 与えます。

だから うちのワンちゃんは 筋肉リキリキの健康優良児です。

勿体ないですか?

いいえ、犬と言えども 家族ですから・・・

健康で長生きするように〜出来るだけ考えて 食事させるようにしています。

もちろん、同じお肉を 人間様もありがたく頂いて居ます。

( 高齢と言えども 筋肉は大事だからです。 )

人間が そんなお安いお肉?なの・・・

いいえ! いいえ!

安いとか そんなことなど関係有りません。

ただ、産地とか 新鮮さとか・・・

そういう事は気を付けます。

高価なビーフステーキよりも 健康的だと思うからです。

たまには ビーフも良いけれど・・・。




鶏肉のむね肉には〜〜

何と 何と〜〜 「 イミダペプチド 」 なる 「 健康成分 」 が 含まれて居るからです。

鳥たちが あんなに 力強く飛べるを研究した結果!

解ったことです。




年齢に応じて、「 イミダペプチド 」を積極的に補充していくことは必要と言えます。



研究によってわかったことは、疲労回復のために一日に摂るべき

「 イミダペプチド 」 成分の目安の量は200mgであるということ。

このイミダペプチド、身近な食材で摂取しようとするとこんな食材があります。



--------------------------------

鶏むね肉  1223mg

豚もも肉  833mg

カツオ   811mg

マグロ   767mg

牛もも肉  265mg

※100gあたりのイミダペプチド含有量


イミダペプチドは牛肉や豚肉からも摂取できるようですが、

牛肉や豚肉には成分の占める割合が少ないため、

かなりの量を食べねばならず、

疲労回復の前に脂質を取り過ぎて太ってしまうとのことで(汗)、

脂質の少ない「鶏の胸肉」がベストだといわれています。

鶏の胸肉なら、低カロリーで高タンパク質なので、

毎日食べても問題ないとのことです。

(※勿論、栄養が偏り過ぎないよう、他の食材とのバランスを考えて食事を摂って下さいね。)


--------------------------------

鶏むね肉はもも肉の約1.5倍も多く摂れ、

一番効率的に摂取できる事もわかっています。



ただ肉や魚に含まれる 「 イミダぺプチド 」 を摂取したとしても

全てが吸収されるわけではないため、

「 イミダペプチド 」 を200r取り入れるためには

鶏むね肉であれば100gの摂取が必要です。

なかなか毎日、胸肉100g摂り続けるのはちょっとしんどい‥・かも。

イエイエ、私は 胸肉を軽く〜〜100gは 食べます。

美味しく味付け ( ニンニク醤油 ) して、片栗粉をまぶし

油で揚げれば 美味しい唐揚げが簡単に出来上がります。

( 犬・猫さん達には ニンニクの味付けは NGです。 

  別に 湯通しするだけです。

  カリカリの上に 胸肉を刻んでのせるだけです。 )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
鶏の胸肉はイミダペプチドが含まれる健康食品なんですね。私は好きでよく料理に使います。体に良いもの食べていたんですね(笑)
100gくらい食べれますね。
eko
2016/04/20 18:16
ekoさん
今夜も胸肉食べました。
美味しかったですよ!
なんだか元気が出たみたい?
五切れ食べたよ!
ハイジママ
2016/04/20 20:33
こんばんは。
鶏肉は私は大好物でしたが主人が苦手なんです。仕方なく食卓に上ることは少ないです。息子たちは大好きなのでお弁当に入れたりしていましたが・・・近年は鶏のミンチのつくねなど作ってお鍋に入れたりすると食べてくれます。何故鶏肉が嫌いになったのか尋ねたところ実家で飼っていた鶏を人寄せの時さばくかかりだったそうでトラウマになっているようです。男なのに繊細なことですよ^^。
もう一つ海辺で育った私はお魚が大好きでしたが何故か母が鯖を嫌いで子供の私にも食べさせてくれなかったので今でもしめ鯖以外は食べられません。
主人は山奥で育ったのでお魚と言えば塩サバだったようで大好物なんですよ。
と言う訳で鶏肉と鯖は我が家では微妙な扱いです^^。
どちらも体にいい食材ですのにね
のろばあさん
2016/04/21 20:41
私は鳥の胸肉が好きです。妙な筋のようなものもなく、体積も大きいので加工しやすいです。
ただし、好き嫌いから、鳥の皮は苦手です。柔らかくするには、フォークでいくつかたたく感じで、穴をあけるように肉をたたきます。繊維の方向と直角に切ったり、少しの砂糖につけると、柔らかになります。基本、この胸肉で、サラダから焼き鳥など、あらゆる鳥料理に使うようにしています。鳥や哺乳類の骨が苦手なので、そういう肉は回避するようにしています。
健康的な部位というのはおぼろげながら、存じ上げていました。今後も、人の意見(安物)に左右されず、利用したいと思います。結婚するまでは、鶏肉全般が食べられませんでした。
ベランダ主夫
2016/04/21 22:40
のろばあさん
こんにちは!
まぁ〜夫婦の構成がうちと似て居ます。
主人は山の子 海抜600mの高原です。
だから〜〜海の美味しいお魚を知りません。干物くらいなもの。佃煮か昆布。昔はにしんだそうです。干からびたサンマが時々、サンマ飯を食べて 蕁麻疹が出てそれ以来青魚が大嫌いになったそうです。もちろん、サバもダメ。
私は・・・海でも無い山でも無い平野の中途半端な町の子。当然 山の美味しいものも海の美味しいものも、あまり身近で無く、当時のことですから 時代的に 今日もコロッケ 明日もコロッケの時代です。
自分の家庭を持ってから 栄養面に気をつけるようになりましたが 時 すでに遅しの感! やはり、小さい時からの食習慣 大切だと思います。
ハイジママ
2016/04/22 09:46
ベランダ農夫さん
こんにちは!
そう〜胸肉は大きいですね。細かく切ってタレに漬け込めば 良い味になりますね。
皮は人間は食べずに猫にやります。
それでも、あまり猫でも油染みた皮は苦手なようですよ。
健康に良い鶏肉 特に胸肉を食べて〜〜益々大きく羽ばたいてくださいね。
ハイジママ
2016/04/22 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
私が 鶏むね肉を食べるわけ ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる