ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS イザと言う時 ペットと共に避難するには?

<<   作成日時 : 2016/04/17 07:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2


東日本大震災から5年。

2016年4月14日、震度7の「熊本地震」が発生。

16日にも、熊本県熊本地方を震源とする強い地震があり、

最大震度6強を観測した。

此処、名古屋地方では 最近大きな地震は無い。

人々は言う。

「 このあたりは 地震が無いからありがたいわねぇ〜 」

そうかもしれないけれど・・・

その度に 私は言う。

「 しばらく無いだけで、所詮人間の一生なんて 僅か七十年か八十年・・・

  その期間に たまたま大きな地震に出遭うことが無かっただけで・・・

  無いと言うことは まだ これから 明日にでも起こるかも知れないんだよ! 」

とね!

まるで 天邪鬼のように聞こえるかも知れないが・・・

こと、地震に関しては 私は 【 天邪鬼 】 になる!





ペットを飼っている被災者は今、一緒に避難できているだろうか。

地震に驚いて逃げ出してしまった犬猫もいるかもしれない。

Twitter上には、ペットの情報を求める声が相次いでいる。

熊本市動物愛護センターには、迷子犬猫の問い合わせが殺到。

同センターは、ペットの首輪に名前と連絡先の明記を呼びかけている。



地震に備えて、

ペットを飼っている人たちが日頃から準備しておくことは何だろうか。

どんな準備をしておけば良いのだろうか。

以下に知っておくべきことをまとめた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



■地震が起きたら…ペットと同行避難が合理的



環境省によると、東日本大震災など大規模災害の経験から、

飼い主とペットが同行避難することは合理的だと考えられている。

ペットの同行避難は、動物愛護の観点だけでなく、

放浪動物による人への危害防止や生活環境の保全という視点においても

必要とみなしている。

環境省のガイドラインによれば、

飼い主責任による同行避難が前提であるが、

自治体などによる支援、救護体制を整備することも重要だとしている。

行政のみで対応が困難な場合は、地方獣医師会、動物愛護推進員、

ボランティア団体などとの連携も推奨している。


■同行避難するために、普段からできること



とはいえ、慣れない同行避難のために普段から備えておくべきことがある。

避難所で共同生活をする場合は、動物が苦手な人、

アレルギーを持っている人等への特別の配慮が求められると同時に、

ペットにとっても大きなストレスとなる。

また東日本大震災時には、フィラリアなど伝染病の予防接種を

していないペットが問題になった。

飼い主として、ペットの命にも責任を持とう。


【飼い主が行うべき対策例】


・ペットのしつけと健康管理(避難時に吠えないようにする、ケージに入れる訓練)

・ノミやダニの予防、伝染病の予防接種

・ペットが迷子にならないための対策(マイクロチップ等による所有者明示)

・ドッグフードやペット関連の衛生用品、避難用品、備蓄品の確保

・避難所や避難ルートの確認等の準備

・ペットとの同行避難

・避難所・仮設住宅におけるペットの飼育マナーの遵守と健康管理



我が家には 息子から 【 委託飼育 】 している犬が居る。

フレンチブルドッグのハナちゃんである。

イザという時は 彼女を一番に連れて避難しなければならない! と、考えて居ます。

彼女は 人懐こい子だが・・・

顔が顔だし〜パワーも有るので・・・

犬の嫌いな人には 迷惑を掛けるかも知れないですね。

そうなると・・・

大勢の人が居られる場所には 連れて行けないと思います。

車の中で〜〜隔離するのでしょうか?

色々犬や猫が居ると・・・

災害時 困りますね。

人間でさえ 食料や飲み水が不足するのですから・・・。

災害・・・起きないのが ベストですが〜

いつなんどき 起こるか知れないのが 【 災害 】 なのですから。



でも、どんな時でも

人間に頼らざるを得ない彼らを守ってあげたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
強い余震が続いていていつ終息に向かうのか心配ですね。
この度の地震の避難場所にもペット同伴で避難されている人が大勢いましたね。
躾が出来ていると迷惑を掛けないですが我が家の愛犬だった「小太郎」は人の大勢いる処で大人しくできるかしらと話したことです。
テレビで屋外で寝泊まりされている人も見かけました。ペットも飼い主も両方気が楽だからかしらなんて想像しています。
のろばあさん
2016/04/19 20:54
のろばあさん
少々 近い未来のことを 預言??したりする場合があるので??
滅多なことは言えませんが・・・。
このまま 九州地方が〜安定してくれますように 祈ります。
ペットの話でしたね。
我が家も すごい顔をした犬 体重14キロ近い・・・フレンチ・ブルドッグが居るので、多くの方が居られる場所は考えてしまいますね。
苦手な人も居られるから・・・。
人が大好き過ぎて・・・飛びついたり 顔の近くまで行って 顔を舐めたりするから 嫌われるでしょうね。もちろん、清潔に・・・予防注射も、フイラリア予防も、ダニ予防もしっかりして居ますが・・・それでも 動物嫌い! という方には・・・。
車の中で〜〜と、いう事になりますよね。そうなると エコノミ―クラス症候群が心配ね!
ハイジママ
2016/04/20 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
イザと言う時 ペットと共に避難するには? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる