ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS お花見のマナーは?

<<   作成日時 : 2016/04/09 13:53   >>

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 8




先ほどの段ボールのテーブルらしきものを 準備したグループも映っていますね。

あれだけ、しっかり準備するなら 最後まで始末しましょう。




さて、

こんな話も・・・。


マナーなき「爆花見」に波紋

   …大阪城公園に中国人大挙 

     枝折り記念撮影、トイレ汚したまま


産経新聞 4月8日(金)14時47分配信 記事から
t



q 日本で桜の花見を楽しむ外国人観光客が増え、

中国人客らのマナー違反の振る舞いが波紋を広げることも多い。

記念撮影のために枝を折ったり、トイレを汚したり、

とまさに「爆買い」ならぬ「爆花見」といった様相を呈している。

言語や文化の違いを超え、誰もが楽しめる花見のあり方を探る必要がありそうだ。

 
◆花びらも落とす

 
関西随一の花見の名所として知られ、

今春も大型観光バスに乗った中国人客らが押し寄せた大阪市中央区の大阪城公園。

 

ボキッ。5日夕、園内の桜並木に鈍い音が響いた。

 

「イー、アール、サン(イチ、ニ、サン)」。

折ったばかりの桜の枝を手にした3人組の若い女性がポーズを決め、

同年代の男性が掛け声とともにカメラのシャッターを切る。

 

女性らは枝を髪飾りのようにさして満面の笑みを浮かべ、さらなる暴挙に出た。

記念の一枚に“演出”を加えようとしたのか、木を揺すると花びらがハラハラと舞った。

 
「枝や花を取ったらあかん。マナー悪すぎや」

 
一部始終を見ていた日本人の男性がたまりかねて声を掛けたが、

一行は振り返らずに立ち去り、中国人ツアーのバスに駆け込んだ。

 

◆「ひと目見たい」

 
中国語が飛び交う園内では、たこ焼きなどを頬張りながら

金属棒の先端にスマートフォンを取り付けた「自撮り棒」で

写真撮影する姿が各地でみられる。

 
なぜ、わざわざ日本で花見をするのだろうか。

 

中国黒竜江省からのツアーを案内した中国人ガイドの20代男性は

「 中国にも桜はあるが、日本のようにまとまって咲いている場所はない。

  日本の桜の美しさはテレビやインターネットでとても有名なので、

  ひと目見たい人が多い。 」と語る。

 

日本政府観光局によると、平成27年に日本を訪れた外国人客は過去最高の約1973万人。

最も多い中国人客は約499万人で、4月の花見シーズンは

前年同月比2倍超の約40万人だった。

27年、大阪を訪れた中国人客は過去最多の約272万人で、

大阪城公園は屈指の人気スポットだ。

 

ただ、桜の木を傷つけるなどのトラブルは後を絶たない。

爆買い需要を取り込もうと熱心に売り込む露店がある一方、

試食をせがまれるなどするため困惑している売店も少なくない。

 
◆中国大使館が注意


 
こうした現状に中国も神経をとがらせているのか、

中国大使館(東京)は3月下旬、訪日する中国人向けに

「花見に関する注意事項」を初めて発表した。

 

「桜の枝を折ったり、樹を揺らして花びらを落とそうとしない」

「ゴミは指定の場所に捨てるか、持ち帰ること」

「日本人のように楽しみたいなら、適切な場所にシートを敷き、大声で騒がないこと」…。

 

注意事項では日本の花見文化を紹介した上で細部にわたって注意を呼びかけるが、

マナー違反はあまりおさまっていないようだ。

大阪城公園でも中国人客らが増えたころから、特にトイレの汚さが深刻だという。

 

清掃を請け負う会社の男性従業員(65)は

「 海外旅行ではなく、国内旅行の感覚で来日しているとしか思えない。

  他人に迷惑をかけることを恥じらう文化はないのか。 」

と憤慨する。

 

日本人客と共存することはできないものなのか。

公園を訪れたガイドの女性(45)は

「 バスで花見のマナーについて注意しているが、守らない人がいるのは残念だ。

  日本人が楽しみにしている場所だということを忘れないようにしないと… 」

と話していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国のお方も 注意されたいし〜

日本のお方も より 良い見本になるように・・・

注意されたいですね。

少なくとも 私たちの地方では・・・

あまり 見かけないのですが・・・。

桜の下は きれいです。

今は ピンクの絨毯になっていますよ。

桜の季節は アッと言う間に過ぎようとしています。



今年も 春をありがとう〜!

でもね。

ツバメが来るのが 超遅い・・・。

いつもは 三月末には来てるのに・・・

今年は 四月の四日にチラリと見ただけ・・・

四月十日の今日・・・

近くで 二羽が チチチ・・・と、鳴いては居ましたが・・・

いまだ 我が家の巣には参りません。

数が めっぽう減っているような気がします。



花も・・・

桜が咲いて しばらくしてからの 「 桃の花 」 のはずが・・・

今年は 何もかもが一気です。

水芭蕉も 五月の連休が普通なのに・・・

奥飛騨でも・・・もう咲き始めたとか?

少し 天候がおかしいと、思うのは 私だけでしょうか?

何か 天変地異が起きなければ良いが・・・。 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お花見のマナーゴミはちゃんと捨てて欲しい!!せっかく綺麗に咲いた桜が、可愛そうです!!
ムーミン
2016/04/09 14:01
ムーミンさん
そのとおりですね。準備した幹事さん、最後までお願いします。
ハイジママ
2016/04/09 15:24
後片付けという責任を果せない(果たさない)方々に、花見をする資格は無いと思います。
この辺りにも、自分たちは勝組だから何をやっても許されるという意識が有ったとするならば、それは日本にとって大きな危機と言えるでしょう。
MONTA
2016/04/10 07:45
MONTAさん
おはようございます。そうですね。そのとおりです。
こういうこと、あまり田舎では無いように思います。
これは東京? 大きな会社? その場に参加する為に ノートか何か 記録簿を作り、チャンと会社名を書かせるようにしたら 会社の名誉のためにも しなくなるかも? もしも 観光客だとすれば 旅行会社? 責任を持ってもらいたいですね。
勝ち組という意識は無いと思いますよ。ただ、食べて酔って・・・善悪の意識がゼロになっているのかも? それにしても 恥ずかしい有様ですね。
ハイジママ
2016/04/10 08:52
こんにちは。
花見でも、バーベキューでも食べて騒ぐまでの準備は、誰でも行うのですが、後片付けのことまで、最初に考えている人たちが、どのくらいいるのでしょうか。
まして、旅の恥はかき捨てだけではなく、自国でもマナーなんてない国の人々がこの地球上にいるのですから。
ぼてくん
2016/04/10 17:34
ぼてくん、こんばんは!
あれだけの準備 あれだけのご馳走を準備する宴会ですから かなり大きな団体だと思われます。やはり、責任者 出てこい〜〜と、言いたいですね。
中国人の観光客か 日本の会社か、わかりませんが・・・どこにも 無責任な輩が居るものですね。
ハイジママ
2016/04/10 20:26
いや〜がっかりしました。毎年憧れている花見ですが・・、故郷は遠きになりて。。。
やっと外国に出られるようになった中国人のことを非難ばかりしている日本人自身が、自分の国で、この調子か。。
「一回目は日本の美しさに感動して、2度目に行って、日本のゴミが気になる、3度目の訪問はウ〜ン」」これが欧州人の本心です。「日本のゴミ」有名ですから、今更。。ではないけれど。ゴミ箱にいれていくとかなんとかホント、桜が可哀想ですね。
片付けることを知らないなら、教育しなくちゃいけませんね。TVでこの実態を報道して呼びかけるなど方法がありますから。かなり前にドイツでも大きな生木のクリスマスツリーを郊外の道路わきに捨てられるので、どのように処分するか、TV番組やラジオで呼びかけ、指導しましたね。
中国の若い女性の枝を折って・・誰かが書いているように、ずっと見ていないで、正面から顔を見て教えてあげるべきです。ユーモアがあればなお良し。おられる前になぜ折ってはいけないと。異文化の外国で親切に教えてもらいことは嬉しいことですから \(^o^)/
サワークラウト
2016/04/11 13:30
サワーさん
そのとおり!
どこの国にも 居ます。
ルールを守れない輩! 注意したら 怒る人も・・・。
ハイジママ
2016/04/11 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
お花見のマナーは? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる