ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ビタミンCの6つの役割りと効果

<<   作成日時 : 2016/03/09 17:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

犬のハナちゃんを連れて・・・

息子夫婦のマンションに行きました。

忙しい息子夫婦は なかなかハナちゃんに会えません。

そこで・・・

こちらから 老夫婦が動けるうちは ハナちゃんを連れて

逢わせに行くのです。

( 田舎に来ると・・・かれらが疲れる? 

  車での移動は けっこう渋滞が多くて 時間が掛かる〜

  仕事の厳しい彼らには 無理はさせられない〜

  毎日が日曜日のジジババは 早く眠ればOKだから )


今日は あいにく 雨の一日でしたが・・・

雨の中 ハナちゃんは 息子夫婦に逢えた喜びからか?

いつもは 雨の日の散歩を嫌がるのに〜

体が濡れるのも厭わず・・・

ルンルンで お散歩をしてくれました。

( 3〜4キロは 歩いたでしょうね。

  腰が痛い私が 一番 疲れたかも知れませんね! )


途中 犬も入れるカフェがあったので・・・

其処で お茶をしました。

其処で フルーツをいっぱい食べました。

グルリと〜名古屋の街 ( 主に東区 ) を散歩したのち、

息子のマンションに入りました。

ハナちゃんは お風呂に入れてもらい 綺麗になりました!

其処で また・・・

美味しい果物 美味しいお寿司 

野菜サラダ 具だくさんの汁を頂きました。

野菜と、フルーツ いっぱいで すごくヘルシーでした。




お嫁さんKさんのこころ使いに感謝をした一日でした。

息子の健康を気遣う優しいお嫁さん。

感謝!

感謝の時間でした。

と、言うわけで 今日は いつもの倍くらいビタミンCを体に入れました。

体が 元気になったような気がします。



さて、今日のお勉強です! 


ビタミンCの役割りと効果とは、どんなものなのでしょうか?


老化を予防し病気から守る!


ビタミンCには、強い抗酸化作用 




たんぱく質や脂質、細胞などが、酸素によって酸化されるのを防ぐ作用)があり、

体内の活性酸素を抑えて細胞の老化を予防する効果がある、ということです。

そのため、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの心臓・血管系の病気の予防に

効果が期待されているということです。



またビタミンCには、

同じように強い抗酸化作用のある「ビタミンE」を再生する働きもあるということで、

一緒に摂取することで相乗効果が高まることを期待できるそうです。

ビタミンEを多く含む食品は、アンコウやアユ、イワシなどの魚類の他、

煎茶やアーモンド、唐辛子などがあります。


美白・美肌効果♪



ビタミンCによる美容効果が期待されていることは、広く知られていますよね。

ビタミンCには、皮膚が紫外線などによって刺激を受けて、

シミやそばかすを作る「メラニン」という黒い色素の元である、

「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用があるということです。

またビタミンCは、コラーゲンの生成に必要不可欠な栄養素でもあり、

肌のシワを防ぐ効果もあり、さらに傷や、やけどなどを治す働きもしているということです。



免疫力を強化!


風邪をひきやすい人は、血中のビタミンCの濃度が低いといわれています。

ビタミンCは、体内に侵入したウイルスを攻撃する白血球の働きを助け、

共同してウイルスと戦いながら、免疫力を高めていくということです。

そして、肝臓で酵素を活性化することによって、薬の解毒作用を高める働きもするそうです。

「風邪をひいたら、ビタミンC」という理由がわかりますね!



また、コラーゲンを生成することによって細胞をしっかりと固め、

ウイルスの侵入を防ぐ働きをするということです。

ビタミンCは、「インターフェロン」という抗ウィルス作用のある物質の生成を促します。

インターフェロンは抗生物質が効かないほどのウィルスを破壊する効力があるということで、

B型やC型のウイルス性肝炎の治療に期待されているそうです。

ビタミンCを多く含む、緑茶や抹茶を常飲することで、

風邪などのウイルスを予防する効果があるということです。



ストレスケアにもビタミンC



ストレスには、不安や緊張などの精神的なものだけでなく、

季節の変化による寒暖差や睡眠不足、喫煙なども、ストレスの要因になるということです。



ストレスを感じると、それに対抗するために副腎から、

「アドレナリン」という物質を分泌し、血圧や血糖を上昇させて防衛します。

ビタミンCは、アドレナリンを生成するために大量に必要な栄養素だということです。

ストレスを感じることが多いという人は、特にビタミンCの摂取を心がけましょうね。


瞳の健康に♪


眼科の病気のひとつに「白内障」があります。

白内障の原因は、活性酸素だといわれています。

ビタミンCの持つ強い抗酸化作用によって、瞳の水晶体が白く濁ってしまうのを予防し、

健康な透明の状態を保つ効果があるということです。

1日に260mgのビタミンCの摂取を続けることで、

白内障の予防に効果があるという研究結果が、報告されているそうです。


貧血予防にも効果が


ビタミンCには、体内での鉄分の吸収率を高める働きがあるということです。

鉄分は、体内において吸収されにくい性質がありますが、

それをビタミンCが吸収しやすい形に変化させる、という役割りをしているそうです。

貧血予防には、鉄分を含む食品と一緒にビタミンCも忘れずに!



ビタミンCの摂取量はどのくらい?



厚生労働省による、ビタミンCの推奨量は、

12歳以上から成人まで、1日あたり100mgとされています。

妊娠中の場合は、それよりも10mg多い110mg。

そして、授乳時期にはさらに45mg増やして、145mg。

喫煙者は35mg増の135mgが摂取基準だということです。

また、ビタミンCの摂取上限量は、1日あたり1000mgだそうです。




ビタミンCが欠乏すると?


例えば、ビタミンCを全く含まない食事を約60〜90日間続けた場合、

体内のビタミンCの蓄積総量が300mg以下となり、

出血性の病である「壊血病」を発症してしまうということです。

また同程度の欠乏状態になると、老化現象が進行してしまうそうです。

1日に2.5mg以下のビタミンCの摂取期間が3年間も続くと、

さらに老化が進行し、死亡する場合があると報告されているそうです。

1日に手のひら片手分(80gほど)の野菜や果物は、

最低でも摂取するようにしたいものだということです。


ビタミンCが過剰になると?


体内で吸収しきれなかったビタミンCは、

尿中に排泄されるので健康な場合においては、

(1〜2mg程度までなら)特に問題はないということです。



しかし、数gレベルを一度に大量に摂取し、

腸管での耐容量を超えてしまうとお腹が張ったり、下痢を起こす場合があるということです。

鉄分を蓄積してしまう病気のある人の場合は、

ビタミンCが鉄分の吸収率を上げてしまうため、気をつけなくてはいけないそうです。




シュウ酸塩の値の高い人の場合も、尿路結石の予防の面から

摂取量には気をつけなくてはならないようです。

また、人口透析を受けている場合、ビタミンCの摂取量は医師の指示が必要だということです。





ビタミンCを多く含む食品は?【野菜編】




1位・パプリカ(赤・黄)



ピーマンやパプリカには、全体的にビタミンCが多く含まれていますが、

特に赤いパプリカにはその含有量が多いということで、1/3個分で

1日の必要量を摂取できるほどです。

また、黄色いパプリカにもほぼ同程度のビタミンCが含まれています。


【100gあたりの赤パプリカの成分】

・エネルギー   30キロカロリー
・たんぱく質   1.0g
・炭水化物    7.2g
・脂質      0.2g
・食物繊維    1.6g
・ビタミンE   4.3mg
・ビタミンC   170mg (黄パプリカでは 150mg)
・その他

パプリカを100g食べれば、

それだけで1日分のビタミンC摂取量目安の100mgを大きく超えてしまうということですね♪

また、抗酸化作用の相乗効果の高い、ビタミンEも豊富に含まれているので、

サラダなどにして、積極的に取り入れたい野菜ですね。
  


2位・パセリ




パセリはお料理の飾りに使うものって、思っていませんでしたか?

実は、とっても栄養価の高い野菜だったのですね。

【100gあたりのパセリの成分】

・エネルギー    44キロカロリー
・たんぱく質    3.7g
・炭水化物     2.8g
・脂質       0.7g
・食物繊維     6.6g
・ビタミンC    120mg
・鉄        7.5mg
・カルシウム    290mg
・その他

なんとパセリ100gには、120mgものビタミンCが!

また、多く含まれている鉄分の吸収率も良くなるので、

貧血予防にも効果的ですね。

カルシウムの含有量も見逃せません。

簡単で美味しいパセリのレシピをご紹介します♪

【パセリ味噌】

・パセリ   30〜40g
・味噌    100g
・砂糖    大さじ3〜好みで
・味りん   大さじ1
・酒     大さじ1

《作り方》

1・パセリを軽く湯通しして(沸騰前のお湯に1分ほど漬ける)、フードプロセッサーで撹拌する。
2・鍋にその他の材料を入れて火にかけ、軽く煮つめる。
3・2が冷めたら、1に加えさらに撹拌して出来上がり。

お豆腐にのせて冷やっこにしたり、サラダのドレッシングとしても美味しいですよ♪


3位・芽キャベツ


芽キャベツは、キャベツの子供ではありません。

キャベツの仲間を品種改良したもので、

長い茎にびっしりと生えた直径2〜4cmほどのわき芽なのです。

見た目は、ミニチュアのキャベツのようで可愛らしく、

料理の付け合せやシチューなどに利用されることが多い野菜です。


【100g中の芽キャベツの成分】

・エネルギー   50キロカロリー
・たんぱく質   6g
・炭水化物    4.5g
・脂質      0.1g
・食物繊維    5.5g
・ビタミンC   160mg
・その他

芽キャベツを5〜6個食べるだけで、

1日分のビタミン所要量を摂取することができます。

また食物繊維も多く含みます。

付け合わせやシチューの具だけでなく、炒めたり、あえ物にしたり、

漬け物にしたりと幅広く活用したい野菜ですね。


4位・にがうり(ゴーヤ)&ピーマン



代表的なゴーヤ料理では、沖縄料理で有名な「ゴーヤチャンプルー」がありますね。

ゴーヤの独特な苦味は、「モモルデシン」という成分で、胃腸の粘膜を保護したり、

食欲を増進する効果があるそうです。

その上、ゴーヤに含まれる豊富なビタミンCは、

加熱に強い性質があるので、炒めても壊れにくいということです。

まさに、暑い沖縄にピッタリな野菜ですね♪

【100gあたりのゴーヤの成分】

・エネルギー    17キロカロリー
・たんぱく質    1.0g
・炭水化物     3.9g
・脂質       0.1g
・食物繊維     2.6g
・ビタミンC    76mg


ピーマン(緑)にも、同量のビタミンCが含まれています。

ゴーヤと一緒に炒めもの料理にするのも、

効果アップが期待できるかもしれませんね!


5位・レッドキャベツ


紫キャベツとも呼ばれている、レッドキャベツにはその色からも分かる通り、

ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれています。

アントシアニンには、強い抗酸化作用があります。

また、胃や十二指腸などに対する抗潰瘍作用のある「キャベジン」という物質も豊富だということです。

とんかつにキャベツの組み合わせにも、ちゃんとした意味があるのですね。

【100gあたりのレッドキャベツの成分】

・エネルギー   30キロカロリー
・たんぱく質   2.0g
・炭水化物    6.7g
・脂質      0.1g
・食物繊維    2.8g
・ビタミンC   68mg
・その他

レッドキャベツは、茹でたりするとアントシアニンが水に溶け出してしまうので、

生のままサラダなどで食べるのがおすすめです。


5位以下の野菜は?


その他、こんな野菜にもビタミンCが多く含まれています。

5位以下の野菜と100gあたりのビタミンC含有量です。

 6位・モロヘイヤ    66mg
 7位・しし唐辛子    57mg 
 8位・ブロッコリー   54mg
 9位・カリフラワー   53mg
10位・かいわれだいこん 47mg



ビタミンCを多く含む食品は?【果物編】



果物には、どのくらいのビタミンCが含まれているのでしょう。


1位・柚子(果皮)


柚子の果肉にも、ビタミンCが多いのですが、特に皮の部分が豊富に含まれています。

また、水溶性食物繊維であるペクチンが含まれているので、

マーマレードやピールにして皮の部分を有効活用しましょう。

ペクチンには、整腸作用や血液中のコレステロールを減らす効果があるということです。


【100gあたりの柚子果皮の成分】

・エネルギー   59キロカロリー
・たんぱく質   12g
・炭水化物    14.2g
・脂質      0.5g
・食物繊維    6.9g
・ビタミンC   150mg
・ビタミンE   3.4mg
・その他
 


2位・レモン



やはり、ビタミンCといえばレモンですね!

皮も果肉も、レモンはまるごと活用したい果物です。

しかし、輸入レモンには皮の部分に防カビ剤などの、

薬品がかけられていることがほとんどなので、なるべく国産レモンを購入したいものですね。

また、レモンには「クエン酸」も豊富に含まれており、疲労回復効果もあるということです。


【100gあたりのレモンの成分】

・エネルギー   54キロカロリー
・たんぱく質   0.9g
・炭水化物    8.1g
・脂質      0.7g
・食物繊維    4.9g
・ビタミンC   100mg
・カルシウム   67mg


3位・柿



柿は、昔から栄養価の高い果物とされています。

柿を1個食べれば、1日のビタミンCの必要量を摂取できるといいます。

その他柿には、カリウムやビタミンAなども豊富に含まれ、

疲労回復や老化防止、副腎機能低下の予防に効果的だということです。


【100gあたりの柿の成分】

・エネルギー   60キロカロリー
・たんぱく質   0.4g
・炭水化物    15.9g
・脂質      0.2g
・食物繊維    1.6g
・ビタミンC   70mg
・その他



4位・キウイフルーツ



食べやすさでも人気のキウイフルーツは、ビタミンCの他に食物繊維も豊富なので、

整腸効果も加わってさらに美容効果に期待できる果物ですね♪

また、カリウムの含有量も多く、高血圧や動脈硬化の予防にも効果があるそうです。


【100gあたりのキウイフルーツの成分】

・エネルギー   53キロカロリー
・たんぱく質   1g
・炭水化物    11.5g
・脂質      0.1g
・食物繊維    2.5g
・ビタミンC   69mg
・その他




5位・イチゴ


とちおとめ・あまおう・紅ほっぺ・など、さまざまな品種が作られているイチゴは、

近年では春だけでなく、一年を通してかなりの期間で楽しめる果物になりました。

イチゴには、ビタミンCの他、血を作るビタミンとも云われている「葉酸」も豊富にふくまれており、

貧血予防にも効果があるそうです。

また、水溶性食物繊維のペクチンの働きによって、

コレステロールの吸収を抑制する効果や、血糖値上昇抑制効果もあるということです。

そしてその赤い色には、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているそうです。


【100gあたりのイチゴの成分】

・エネルギー   33キロカロリー
・たんぱく質   0.9g
・炭水化物    7.6g
・脂質      0.1g
・食物繊維    1.4g
・ビタミンC   62mg


そのまま食べるのが一番ですが、ジャムにしたりお菓子の材料になったりと、

いろいろな場面に活用できるイチゴは、魅力的で理想的な果物ですよね♪



5位以下の果物は?


5位以下の果物と100gあたりのビタミンC含有量です。

6位 ・パパイヤ     50mg
7位 ・きんかん     49mg
8位 ・かぼす果汁    42mg
9位 ・オレンジ     40mg
    ・はっさく     40mg
10位 ・なつみかん   38mg






ビタミンCは タイミングが大事!




美容や健康のためにもビタミンCには、効率よく摂取するタイミングがあるのだそうです。



数回に分けて摂取しましょう



ビタミンCは、一度にたくさんの量を体内に留めておくことができないので、

せっかく摂取しても許容量を越えてしまえば、排泄されてしまいます。

そこでおすすめのタイミングは、食後だということです。

食事の後に摂取することで、食べたものと一緒にゆっくりと消化されていくことで、

ビタミンCも徐々に補給されていき、吸収率もアップするということです。

食後のデザートには、ビタミンCたっぷりのフルーツを♪


野菜は茹でない!


ビタミンCは熱に弱く、水に流れやすい性質があるので、

茹でてしまうとその含有量が少なくなってしまうのだそうです。

なので、野菜はなるべく茹でずに蒸して調理しましょう。

そうすることで、ブロッコリーなどはビタミンCの量が倍増するそうです。

また、シチューやスープなどの汁物の場合は、

流れ出た栄養分も一緒に摂取することができるので、安心なメニューですね♪


カットして放置?



植物は、自らビタミンCを作ることができるのだそうです。

野菜をカットして、そのまま25℃くらいの場所に2日ほど放置しておくと、

ビタミンCの含有量が増えるのだとか。

それは損傷した部分を守るために、ビタミンCを作り出して、

活性酸素を抑えているのだということです。





自然がいちばん!



ビタミンCを、サプリメントや野菜ジュースで摂取した場合、

野菜サラダを食べた場合と比べて、体外への排出速度が非常に速い、

ということが分かったのだということです。

確かに忙しい日々を送っていると、

手軽に栄養補給できるサプリメントやドリンクに頼ってしまいがちですよね。

しかし、そこには意外な落とし穴があったりするのかもしれませんね。

自然の中に存在する、自然なチカラをいただくことが私たち人間にとっても、

いちばん 【 自然なこと 】 なのではないでしょうか。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ママさん、こんばんは、、いつもポチッとありがとうございます。
ハナちゃん連れて名古屋まで行かれたんですね、、ご苦労様です、、。
ハナちゃんは、息子さん夫婦が本当のご主人様だってことは、分かっているのですね、、。
それじゃ、、ママさんのことは誰だと思っているのかな、、ご主人様のことは?、、そのあたりは犬ってどうなんでしょうね、、。
お嫁さんのオモテナシには、感動しました、、日ごろからママさんが大事にされているからなんでしょうね、、(笑顔
ビタミンC、、お勉強になりましたよ、、それでは、オヤスミなさい、、ZZZ。
OTSUKYON
2016/03/09 23:40
犬の花ちゃんは ちゃんと息子夫婦を 飼い主?だと思って居ると、思います。
もう〜私たちとは 違う態度ですから。顔をベロべり舐めまくります。
夫婦そろって 顔を舐めさせて居ます。かれらの癒しなのですね。
私たち老夫婦は なめさせません。
お風呂にも入れてもらって 大喜びです。
そう〜夫婦揃って忙しい身なので( 夫婦ともに仕事が大変 ) 少しでも老夫婦が 犬のお世話をしてやらねば〜と、思って居ます。
ハイジママ
2016/03/10 06:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビタミンCの6つの役割りと効果 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる