ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 自信を無くしている君へ 精神的に明るく 規則正しい生活を・・・。

<<   作成日時 : 2016/02/12 16:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 6


いくら長生きをしても寝たきりのままでは幸せな老後とは言えない。

平均寿命が80歳の今、定年後の20年間を寝たきりの生活ではなく、

人生を楽しむ時間にあてるためにも・・・、

「 健康のまま寿命を全うできるか 」 が問題になってくる。

いわば 「 健康寿命 」 だ。

まずは 定年まで 仕事を全うすることだが・・・




最近の私の大ショックは・・・

同級生が 定年後 これから〜楽しむ残りの人生!と、思って居た矢先。

亡くなってしまった!!ことです。

( しばらく〜〜頭から離れませんでした。

  気分も落ち込みました。

  幼稚園 小学校 中学校・・・

  すごく仲も良くて 家もお隣同士であったからです。

  雑誌もお互い交換して読み合いました。 )


誰もがご存知の某食品会社の取締役までやった人が〜・・・

( 健康志向の会社です!・・・関係ないかな? )

健康管理は 出来なかったのか?

不思議・・・でなりません。

非常に残念でなりません。

惜しい方が亡くなりました。

合掌〜 




しかしながら、まず・・・そんな人ばかりでは無いので・・・

気を取り直して〜

残りの人生を楽しく 自分らしく生きるには どうすれば良いのか?

考えてみたい!と、思います。


 


実際に、厚労省が発表した100歳以上の高齢者調査を見ても、

ゴルフをやったり歌を歌ったりするなど趣味を楽しんでいたり〜〜、

自分で身の回りのことをすべて行っていたりと、

元気に過ごしている人が多いことがわかる。

このような人たちの暮らしを見ると、

健康のまま寿命を全うすることは不可能ではないことがわかってくる。
 



とはいえ、「 そういう人は遺伝的に長生きなのでは? 」 と思う人も少なくないだろう。

癌にかかる人は日本人の2人に1人、今後ますますその数は増えてくると言われる中、

健康で長生きするのはとても難しいことのように思える。



しかし、「 昔は長生きする人は遺伝が関係している 」 と、言われていましたが、

あまり関係ないことが最近の研究でわかってきました。

実は 私も 【 遺伝の為に 損をして居る〜 】

と、思いこんで居ました。



しかしながら 調べてみると・・・

そうでもない!!ことが 分かったのです。


本人の努力で いくらでも 体は作り替えられる!!

もしも、悪い箇所が在っても・・・

イライラせず・・・

上手く付き合うことが 肝心!!

焦らず 時間をかけて 治していきましょう。

決して無理をせず、この機会に自分の生活を見つめ直すことです。




厚労省の統計でわかった長寿の方の共通点は、

精神的に明るく、

そして規則正しい生活をしていることだったのです。

いつも、ニコニコ〜〜

心安らかに〜〜

暮らすことが一番ですね。

プリプリ〜怒ってばかりいては 寿命を縮めます。

穏やかに〜暮らしてくださいね。
 



一般的に 「 健康に気をつける」 というと、お酒やたばこを控えるのはもちろんのこと、

ファストフードや 脂っこい西洋的な食事も控えること、

定期的な運動をすること、

ストレスを極力減らすこと、

といったことを想像するでしょう。






長寿でも〜お酒やたばこが大好きな人もいますし、

お肉が好きで毎日のように食べている人もいます。

実際、現代の生活の中で 『 健康リスク 』 と言われていることを

一切除外するのは難しいでしょう。

しかしながら〜

出来ることなら 危険な生活習慣は 避けたいものです。




特に働き盛りの40代くらいであれば、ストレスはないほうがおかしいくらいです。

誰もが そういう社会の中で それぞれ頑張って居ると、思います。

自分自身の普段の生活の中で【 無理のない方法 】 を取り入れていくことが、

長生きのためには大切なのです。



遺伝と長生きは関係なし?

健康寿命を延ばす3つのポイント

 


具体的にどのような方法が、

心身ともに健康に動ける寿命である 「健康寿命」 を延ばすことができるのか、

「上体温」

「食事」

「睡眠」

の3つがカギになる。
 



順番に、まず「上体温」から説明していこう。

「上体温」とは、端的に言って体温を上げること。

やはり 温かい湯に しっかり入ることだね!

温泉か〜! 

毎日の入浴も シャワーだけでは済まさないで・・・。



  私が小さい頃、

  おばあちゃんから

  『 身体を冷やしちゃダメだよ、

    風邪をひくし、病気になるよ 』

  と、よく注意されました。

  


シンプルな意見と、笑われそうですが・・・、

  身体が冷えると実際に病気になりやすいことがわかっています。

  逆に、体温を上げることで、多くの病気は防ぐことが出来るかも知れません。

  私は そう〜信じて居ます。



体温を上げることで防げる病気というのは、

  糖尿病や高脂血症、高血圧症、痛風、心臓病、肥満、認知症、脳血管疾患・・・、

  うつ病、がんなどの生活習慣病・・・。

  すべての内臓が 体を温めれば快適に働くのはないでしょうか?

  つまり冷えは万病のもと。

  身体を常に温める生活習慣を送ることで多くの病気が防げます。 

  オカシイと言われそうですが・・・

  お腹を温めることが 大切かと思います。

  恥ずかしいかも知れませんが・・・

  【 腹巻 】 は いかがでしょうか?





  身体が冷えるにつれ、脳神経の活動が休息状態になることがわかっています。

  つまり、これは身体が冷えると脳自体が働くなって、命の危険に晒されるということ。

  また、身体を冷やすことで、身体の細胞の働きも低下し、免疫力も低下します。



  冬に風邪を引きやすくなるのもそのためです。

  普段から身体を温めるような食材を積極的に摂るなど、

  自分に合った体温を上げる方法を身につけてみましょう 


朝イチの飲み物と普段の食事で

まずは「体温」を上げるべし

 


具体的にどのくらい体温を上げるか、

それは平熱が35度の人は35.1度、36度なら36.1度というように、

平熱を基準に体温を上げればよいそうだ。
 

そのために行うことは2つある。


(1)朝起きて飲むものに気をつけること


 人間の身体の60〜70%は水分でできているため、

  寝ている間に失われた水分を補給するのは大事だが、

  それを冷たいものでなく温かいものにするのがいいという。

  朝起きたてで冷たいものを飲むと、胃腸を冷やし、消化能力を下げてしまいます。

  冷たい水を飲むのを健康法にしている人は、

  その前に運動して身体を温めるなど、必ず何か他の習慣がセットになっているはずです。
 


人間の体温は起床時が最も低く、だいたい深部体温は37度ほど。

常温の水であっても冬ならそれ以下になっているので、少し温めてから飲むのがよいだろう。

朝 一杯の温かいお湯かお茶 ぜひ 飲んでください。



ちなみに 私は・・・

ヒトより体温が高い方です。

高いから?? 見た目 元気で?

今まで 生きてきたのかな?

私が 冷え性だったら・・・

とうに死んでいたかも?



私と 握手すると・・・

皆さん 私の体温の高さに驚かれます!

何て!温かい手なのでしょう〜と。 

その代わり いつも下半身は タイツやレッグウオーマーなどで 温めて居ます。

首も冷やしません。

頭も毛糸の帽子です。






(2)身体を温める食材を摂る

 



身体を温める食材というと、唐辛子などの辛いものを思い浮かべるかもしれないが、

唐辛子には発汗作用があるため、結局身体を冷やしてしまうことになる。

激辛料理が南国で発達してきたのもそのためだ。

身体を温める食品はネギ、ショウガ、にんにくの3つ。



アメリカ国立がん研究所が、長年の疫学的研究データに基づいたがん予防に効果のある食品を

『 デザイナーズフードピラミッド 』として1990年に発表したものにも、

がん予防に最も効果のある食材の中にショウガとにんにくが入っています。

また、寒い季節や寒い地方で採れる食品、

特に根菜などは身体を温める作用があります。


よい食べ物も睡眠もとり過ぎてはダメな理由
 

次に「食事」についてはどうだろう。
 

身体を温める食材を摂る以外では、何が重要か。

それは 「 過ぎたるは及ばざるがごとし 」。

どんなものでも摂りすぎに注意する必要があるという。



身体にいい食品に関して一番有名な研究で、

カボチャやにんじんに含まれる『β-カロテン』というビタミンの実験があります。

試験管やネズミの研究では、β-カロテンを摂ると、がんが発生しなくなるというデータが出たのですが、

これを受けてβ-カロテンを3倍量飲ませた治験を行うと、肺がんの発生率が3倍に増えたというのです。

よかれと思って摂取しているものも、このように摂りすぎるとかえって病気を引き起こしてしまうこともあるのです



 

健康にいいと言われているサプリメントやトクホなども同様。

これらはあくまでも 「食品」。

どんなに摂っても病気を治すことはできないし、

同じものを食べ過ぎれば病気になる確率も高くなってしまう。

だからこそ、どれか1つのものを摂るよりも、

バランス良く、自分に合った食生活を心がけることが重要なのです。
 



そして、健康でいるために最も重要なのが 「 睡眠 」 だ。

日本人の平均睡眠時間は7〜8時間だが、

長く寝れば寝るほどいいかと言えば、そうでもないのだという。




睡眠には 「レム睡眠」と 「ノンレム睡眠」 「中途覚醒」の3種類がある。

レム睡眠は、身体は眠っているのに脳は起きている状態、

つまり夢を見たり寝返りを打ったりしている状態を言い、

ノンレム睡眠は深い睡眠で脳も休息している状態、

中途覚醒は途中で眼が覚めてしまうことだ。

この3つを組み合わせて、私たちは睡眠を取っている。



健康寿命を延ばすには、ノンレム睡眠を増やす必要があります。

ノンレム睡眠には、心と体を休めること、記憶することと忘れること、

成長ホルモンを分泌する、免疫力を上げるという4つの役割があります。



とはいえ、睡眠時間が長すぎるのもNG。平均的な睡眠時間7〜8時間の人に比べると、

5時間未満の人は糖尿病になる確率が2倍以上になり、

9時間以上だと1.8倍になるというデータもあるのです」
 


休みの日は、疲れを取ろうとつい 「 寝だめ 」 をしてしまいたくなるが、

睡眠時間を長く取っても、健康寿命を延ばすノンレム睡眠の時間が増えるのではなく、

ノンレム睡眠と中途覚醒が増えているだけだ。

つまり 「 長い睡眠=よい睡眠 」 ではないため、

長時間の睡眠でも糖尿病になる確率が上がってしまうのだという。




つまり、睡眠は長さではなく質。

たとえ1時間しか寝られない日があってもいいのです。

勉強したことを暗記するためなのか、それとも嫌なことを忘れるのか、

身体を休息させるのか、その時々で寝る目的が果たせれば、

質のよい睡眠がとれたと言っていいでしょう。
 



そのために大切なのが、起きる時間を決めること。

人間の身体は太陽の光を浴びると覚醒のスイッチが入る。

さらに朝食を取ることで、身体中の睡眠スイッチがオフになり、

身体のリズムも整ってくるという。




健康にとっては食事も大切ですが、睡眠はもっと大切です。

運動ができない環境や、お酒を断ることができない環境にあるなら、

睡眠に投資することを考えたほうがいいです。

寝具を整えるだけで、睡眠の質はかなり変わってくると思います。



 
と、ここまで〜あたりまえのことながら・・・

なかなか 理想とおりには行かない〜もの!

「上体温」 「食事」 「睡眠」

と、健康に欠かせない三要素についてお話してきましたが

最後に大事なのは三日坊主にならない習慣を身につけること。

運動しよう〜と、意気込んで スポーツウエアーを買い込んだものの?

しまい込んであるのは 何処の誰でしょう?

自転車で サイクリングをと、計画したものの?

自転車がホコリを被っているのも 何処の誰でしょうか?



「面倒なこと」はやらない100歳まで生きるためのヒント



嫌いなものを食べたり、ライフスタイルに合わないことを実践したりして

三日坊主になるよりも、自分に合ったものを取り入れて習慣にできる方法を

少しずつ増やすほうが、長生きできます。




長寿の方たちが特別なことをしていないというのは、

普段の生活の中に健康になる要素がたくさん含まれているからだと思います。

元気に長生きするためには、自分にとって面倒だと思うことではなく、

無理なく取り入れられる方法を見つけることだと思います。

無理のない範囲の健康法を身につけ人生をエンジョイすれば、

元気に生きることも不可能ではありませんよ。




自分に合った健康法を無理なく楽しく続けること。

どうやらこのあたりにヒントがありそうだ。

もちろん、ここで紹介した長寿法を実践すれば必ず100歳まで生きられとは言い切れないが

健康が気になる向きは参考にしてみてもいい。




せっかく親から貰った命だもの!

様々な楽しい人生のイベントを経験して 楽しく生きなくちゃ〜つまらない!

人さまより 短い人生で良いのですか?

悔しいじゃありませんか!

私は そう〜思います。

また、身近に長寿な人がいたら、そのライフスタイルを聞いてみるのも

為になり〜〜参考になるかもしれないですね。

素直に〜〜良いことは 真似ることです。



どうか お元気で お暮しください!!

愛する家族 ( 妻 ) の為にも〜

自分を大切にすることが 家族を大切にすることになるんじゃないかな?

と、思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどと思う思う事ばかりですねぇ。
遺伝とは体質的なものと思い込みがちですが、その実は生活習慣が似てくる故のものが多いと聞いた事が有ります。
高血圧も、結局は似たようなものを好んで食べているからだと。
朝起きて最初にすることは、口を漱いでうがい、その後の水一杯ですが、暖かいものに変えた方が良いのですねぇ。
100歳まで健康・・・、誰しも願うところですが、安倍政権になって年金資金を大幅に株式に投入してますが、このところの株安で相当な損失を出したと思います。
そもそも日本一国で株価を上げることなど不可能な時代に、アベノミクスを正当化するためだけの愚行に走ってます。
おっと、かこのまま株式資金が減れば、年金支給額のみならず支給開始年齢が73歳とかになるのではないかと感じます。
生き延びる術のもう一つ、民間人は金を持っておけかも分かりません。
年金はあてにするなってことで!
公務員ならばこの3つで十分だと思いますねぇ。
MONTA
2016/02/12 18:15
MONTAさん
さっそくコメントありがとうございます。
とにかくお食事はあまり油の多い物は 胃や腸に負担になるから、夜には食べません。
我が家は 出来るだけ早い夕食を心がけて居ます。よく老健のようだね!と、冗談です。
そのお陰で、ミニ断食の時間が 丸まる 12時間は取れます。その間に胃も腸もお休み出来るわけです。そんな早い夕食が取れないのが普通でしょう。
そういう場合は やはり朝・昼の食事をしっかり食べて やはり 遅い時間の夕食は胃や腸に負担にならないものにしたいです。
それに、朝は歯磨きした後に〜温かいお湯、心がけます。

国・政府が当てにできない我々は 自分の身は自分で守らねばならないのかも?
きっと年金は減るでしょうね。

知り合いの賢いお方の話ですが 今のレベルを半分にしないと 日本の国はやっていけないレベルまで下がるそうですよ! お〜〜怖い怖い!しかしながら どうもそれが現実のようです。
ハイジママ
2016/02/12 20:28
こんばんは。
体温が高い人が健康だということは本当のように思います。
母は平均体温が明治生まれなので36.5度〜35.6度でした。
そのせいかもしれないですが入退院を繰り返した亡くなった年を除けば病院のお世話になりませんでした。車や自転車にも乗れなくて移動は自分の足だけですから歩くことはとても得意でした。ボケることもなく天寿を全うしたと言いたいのですが老
娘とすればまだまだ元気でいて欲しかったです。満104歳でした。

食生活は新鮮なお魚が口に入る瀬戸内育ちなのでお肉は若い時に一度食中毒を起こしたとかで口にしませんでした。89歳で住み慣れた岡山から大阪の私達と住むようになりましたが社交的なせいか毎日散歩に行く公園で友達も出来て老人会にも入って一泊旅行にも度々出かけていました。
最近我が親ながらあっぱれだったと思います^^。
のろばあさん
2016/02/12 21:06
のろばあさん
こんばんは!
素晴らしいお母さまでしたのね!
私の母は 社交的でしたが やはり体は弱かったです。
長生き出来ず残念でした。
私・・・やっと母の齢を超しましたが・・・さぁ〜どこまで生きられるか?
自信はありません。
見た目は元気です。
体は温かいので これは 保持したいです。
冷え込んだら 終わりです。
ハイジママ
2016/02/12 21:39
53才から54才にかけて大腸がんと肝臓がんの手術を受け、私の腹部はタテ、ヨコ、ナナメに手術による大きな傷が走っています。その私が、この九月で80才を迎えます。
以上のことを前提に私の思うことを書いてみましょう。
私は、人それぞれが「寿命」という時限装置を持って生まれてくるのだろうと思っています。極端に短い人もいれば、私のように「大病を患っても寿命があるから生き続ける」人もいるのだろうと。
寿命というのは生まれたときに個々人に備わったものである(多少遺伝とも関係があるかもしれないが、そうとも言い切れない)。
そして、人は自分に備わった寿命を少しでも伸ばすために、健康維持に努めるのです。
だから、ママさんがいつも書かれている健康維持法や、心も持ち方、正しい食事のとり方などは、無駄ではないと思いますよ。
詳しい理由を述べると到底コメントのスペースに収まりきれないので、今回は結論のみ、書かせていただきました。
以上はあくまでも私個人の考えであり、ほかの人にも適用できる普遍的な理論ではないかもしれませんね。
あきさん
2016/02/13 09:49
あきさん
勇気が出る?コメント ありがとうございます。
大病をなされたあきさんが もう80歳とは・・・やはり「生かされた」の感!
世の中に必要なお方だったからですね。
ブログでもあきさんを慕う方が多かったわけですね。
まだまだ寿命は続きます。備わった寿命をお互いに大切にしながら生きましょうね。

コメント スペースなど気にせず どんどん書き込んで教えてください。

三分割 四分割しても良いのですから。聞きたいな! あきさん理論!!
ハイジママ
2016/02/13 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
自信を無くしている君へ 精神的に明るく 規則正しい生活を・・・。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる