ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 私・・・インフルエンザ 罹ったことがありません〜! 

<<   作成日時 : 2016/02/02 09:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

私は〜幸いなことに・・・・

インフルエンザに 罹ったことがありません!

???

鈍感なので・・・

罹ったかも知れませんが・・・気づいて居ないのかも?

要するに それほど〜私は 隔離されている? 日常?

オカシイなと、思ったら すぐ休む 休める?環境・・・

それだけ 無理をしていない・・・

馬鹿にされるほど? ストレスフリーな生活なのかも?

その代わり けっこう 【 健康オタク 】 

体に良い物を 食べるよう〜心掛け〜

免疫力は 高そうです。

何とか 生きてこられたのも 〜

弱い体を 何とか・・・ だましだまし使ってきた?

あまり 強固なDNAの持ち主とは 言えない私。




気候が 温かかったり〜急に寒くなったり・・・

不順だと、お疲れの方は インフルエンザに罹ります。

私も〜〜高齢になったので〜

最近では 流行前に 毎年・・・予防注射を受けて居ます。

その為 流行期でも 罹らずに居る・・・

ありがたい事です!




しかしながら〜〜

どんなに気をつけて居ても〜

電車の中 人混み 学校・・・

人から〜〜罹る機会は多いですね。

一番 お仕事をされて居る世代の方が 危ないようです。

それに 受験期の子供さん。

小さなお子さんが 罹り 苦しむのは かわいそうです。



知らないことは 調べて見なくちゃ〜!

そこで 便利なのが NET!

なんでも 知らないことは・・・グーグル先生に相談します。



今頃になって・・・

この記事は 少々 タイミングがずれて居る気もしますが・・。

とにかく 寒くて〜

気候が不順なので、要注意だと思われます。

もうすぐ春!

元気に春を迎える為にも もう少し 頑張りましょう!




庭の温州ミカンの木に 可愛いメジロたちが〜

ミカンを食べに やってきています。

チチチチ・・・

可愛らしい声を聴きながら〜

今 この記事をUPしています。






インフルエンザの予防接種から完治まで!

医師が教える対策法


2016年01月08日の記事から 引用です。



突然の高熱で気づくことが多いインフルエンザ。

いったん流行すると、学校や職場で集団感染してしまったり、

子供やお年寄りが死亡する例があったりと、油断すると怖い病気でもあります。



しかし

「症状が悪化するとどうなるの?」

「予防接種のワクチンを受けたのにインフルエンザにかかってしまったのはなぜ?」

「いつから流行するの?」

など、意外と知らないことも多いですよね。



そこでここでは、医師に教えていただいたインフルエンザの基礎知識や

予防方法、治療方法について、徹底的にご紹介します。



インフルエンザってどんな病気?



インフルエンザは、風邪ウイルスの1つである「インフルエンザウイルス」によって

引き起こされる病気です。A、B、C型の3つのタイプがあり、主にA、B型が流行します。

風邪疾患の中でも重症化することが多く、また感染力も強いため、

しっかりと予防することが必要です。


インフルエンザの具体的な症状


ウイルスの感染後、数日の潜伏期間があり、

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が突然現れます。



併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。



まれに、お子様では急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では

肺炎を伴うなど、重症になることがあります。




発熱・咳・くしゃみといった症状は、ウイルスを排出するために現れるものです。

そのため、こうした症状が出ている間は、

まだ体内にインフルエンザウイルスが残っているということになります。



インフルエンザの流行時期



日本では例年12月〜3月頃に流行します。

インフルエンザの感染経路

感染した人の咳やくしゃみといった飛沫感染、

ウイルスのついた手で目や口、鼻を触るといった接触感染によって、ウイルスに感染します。



日常生活でできるインフルエンザの予防方法



身体がつらいだけでなく、感染を防ぐために1週間ほど外出できないこともあるインフルエンザ。

なるべくウイルスに感染しないように気をつけたいですよね。

こちらでは、普段の生活習慣からインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

特にインフルエンザが流行する冬に心がけるとよいでしょう。



1:マスクをする


インフルエンザの主な感染経路は、

咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。

したがって、飛沫を浴びないようにすれば、インフルエンザに感染する機会は大きく減少します。

流行シーズンに入ったら、まずはしっかりとマスクをすることを心がけることが大切です。



2:外出後の手洗い・アルコール消毒



手洗いは、手指など体についたインフルエンザウイルスを除去するために有効な方法です。

インフルエンザに限らず、接触感染による感染症対策の基本は手洗いですので、

外出後の手洗いを習慣づけるといいでしょう。

アルコールによる手指の消毒も効果があります。



3:適度な湿度の保持



空気が乾燥すると、気道粘膜での防御機能が低下するため、

インフルエンザにかかりやすくなります。

特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50〜60%)を保つことも効果的です。



4:十分な休養とバランスのとれた栄養摂取


体の抵抗力を高めるために、十分な休養と

バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。



5:人混みや繁華街への外出を控える


インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

特に高齢の方や持病のある方、妊婦、疲労気味、睡眠不足の方は、要注意です。

やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、

飛沫などを防ぐことができる不織布製マスクを着用するといいでしょう。

人混みに入る時間は極力短くしましょう。



インフルエンザの予防接種を受けるときのポイント



普段から予防を心がけていても、完全にインフルエンザを防ぐのは難しいもの。

マスクや手洗いだけでは心配な人には、予防接種のワクチンをおすすめします。

しかし、予防接種って本当に効くの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、インフルエンザの予防接種を受けたからといって、

必ず感染しないというわけではありません。

インフルエンザにかかるときは、ウイルスが口や鼻から体の中に入ってきて、

細胞に侵入して増殖します。

( 歯磨きをしっかりすると 口の中の細菌が少なくなります。 )

この状態を 「感染」 といいますが、ワクチンにはこれを抑える働きはありません。

しかし、インフルエンザの予防接種を受けておいて損はありません。

ここでは予防接種の効果と、受けるにあたって知っておくべきポイントをご説明します。



予防接種の効果1:発病の可能性を低減させる




感染後に発熱やのどの痛みなどのインフルエンザの症状が起こることを「発症」といいます。

予防接種のワクチンは、「発病の可能性を減らす効果」を持っていて、阻止率は60%といわれています。

また3年連続でワクチンを受けた人のほうが効果が高いという報告もあり、

毎年予防接種を受ける方が発病リスクを減らすことができるといわれています。


13歳未満の場合は2回接種する必要があります。



予防接種の効果2:感染後の重症化防止


インフルエンザ発症後、多くの方は1週間ほどで回復しますが、

中には肺炎や脳症などの重い合併症が現れ、入院治療が必要になる場合や、

最悪の場合は死に至る場合もあります。

これをインフルエンザの「重症化」といいます。

特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。

予防接種の効果で重要なのは、この「感染の重症化を防ぐことができる」点にあります。

流行前に予防接種するのが正解!

季節性インフルエンザワクチンでは、ワクチンの予防効果が期待できるのは、

接種した2週間後〜5カ月程度までと考えられています。



インフルエンザは例年12月〜3月頃に流行しますので、

12月中旬までにワクチン接種を終えてください。



インフルエンザワクチンの副反応

インフルエンザで比較的多く見られる副反応には、以下のものがあります。


症状

発症率など

接種した場所の赤み、はれ、痛みなど 10〜20%・通常2〜3日でなくなる

発熱、頭痛、寒気、だるさなど 5〜10%・通常2〜3日でなくなる

副反応が出て気になるときは、接種した医師に相談するとよいでしょう。

また、大したことない症状でも、2〜3日経過したのによくならない場合は、

医師に相談してください。

また、まれに発疹、じんましん、赤み、掻痒感、呼吸困難など、

アナフィラキシー様症状のショック反応などが起こることがあります。

この場合はすぐに病院を受診しましょう。

アナフィラキシー様症状は、比較的すぐに起こることが多いため、

接種後30分間は接種した医療機関内で安静にしてください。

きちんとできてる?インフルエンザの正しい治療方法




インフルエンザにかかってしまった場合は、下記の2点に気をつけましょう。


1:早めに医療機関を受診する


インフルエンザかもと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザだと診断されたら、さらなる感染を防ぐために自宅で安静にして、休養をとります。

特に睡眠を十分にとることが大切です。



インフルエンザの際に処方される抗インフルエンザウイルス薬には以下のようなものがあり、

症状を半日〜1日ほど短くする効果が報告されています。

オセルタミビルリン酸塩(商品名:タミフル)
ザナミビル水和物(商品名:リレンザ)
アマンタジン塩酸塩(商品名:シンメトレル等)
ペラミビル水和物(商品名:ラピアクタ)
ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(商品名:イナビル)

これらの薬物のうちどれを処方するかは、

ウィルスの耐性具合や副作用の違いを考えて、医師が判断します。

また、抗インフルエンザウイルス薬だけでは、

発熱や頭痛・咳・くしゃみなどの症状を抑えることはできません。

身体のだるさや痛みは発熱によるものが大きいため

抗インフルエンザウイルス薬とあわせて解熱剤などを使うことで、

身体の痛みは多少改善されます。


2:水分を十分に補給する



お茶でもスープでも、飲みたいもので構いませんので、水分をしっかり摂りましょう。

ウイルスは湿気に弱いので、加湿器などで部屋の湿度を上げて、

体内にも水分を摂取することで、ウイルスを弱体化させることができます。


インフルエンザにかかってしまったときの注意点


1:マスクをする

咳やくしゃみ等の症状のあるときは、周りの方に移さないために、

不織布(ふしょくふ)製のマスクを着用しましょう。

飛沫感染対策ではマスクは重要ですが、

感染者がマスクをする方が、感染を抑える効果は高いといわれています。

また、以下のような「咳エチケット」を守ることも大切です。

咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと

手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときはすぐに手を洗うこと

2:インフルエンザ治療薬は48時間以内に服用する

抗インフルエンザウイルス薬は、発症から48時間以内に服用を開始することが大事です。

症状が出てから48時間以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できません。

効果的な使用のためには用法、用量、服用する日数を守ることが重要です。

3:インフルエンザにかかったら外出は禁止!

インフルエンザの場合、排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、

解熱後もウイルスを排出するといわれています。

排出期間の長さには個人差がありますが、

今までの統計から、1週間もしくは解熱してから2日経っていれば

ウイルスは排出されたものと考えられています。

ですので、

「発症から1週間もしくは解熱から2日」が経過するまでは、

基本的に外出してはいけません。

ただし、医師や学校医によって「感染のおそれがない」と認められたときは、

この限りではありません。

会社員の場合、インフルエンザなど感染症での欠勤に関して、

就業規則に記載されていることが多いです。

発症時・復職時に診断書は必要なのか、

休む場合の連絡方法をどうするかなどは、あらかじめ確認しておきましょう。

4:幼児のインフルエンザでは異常行動に注意!

小児・未成年者は、インフルエンザにかかると、

・急に走り出す

・部屋から飛び出そうとする

・ウロウロと歩き回るなどの異常行動を起こす恐れがあります。

自宅で療養を行う場合、少なくとも2日間、

小児・未成年者が1人にならないよう配慮しましょう。



流行前の予防が肝心!


インフルエンザは予防接種をすれば安心というわけではありませんが、

普段の生活の中で感染を避ける努力はできそうですね。

寒さが本格化する前に、インフルエンザを寄せ付けない知識を身につけてくださいね。



取材協力

本記事は、社内健康管理サービスおよび産業医の人材紹介を行う株式会社

iCARE・山田洋太先生にご協力いただきました。

(image by PresenPic 1 2 3)






インフルエンザを見抜く方法


■高熱が出る



・「熱が急にあがる」(33歳/その他/その他)

・「高熱が一気に出たらインフルエンザだと思います」(27歳/その他/その他)

・「高熱が出たら、要注意」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

いつもは出ないような高熱が出たら、インフルエンザの可能性は高いかもしれませんね。

一気に熱が上がった場合は、ますます怪しいかもしれません。

インフルエンザの型によって、それぞれ症状は異なります。


■関節が痛くなる



・「関節が痛くなるとインフルエンザ」

・「よくわからないけど、関節が痛いときはたいていインフルのようだ」

・「体の関節がものすごく痛くなる」

インフルエンザになると、関節が痛くなってくるともいいますが、

風邪を引いたときにも同じような症状があるため、

つい見逃してしまうこともあります。

念のため、病院でインフルエンザの検査をしてもらったほうが良いでしょう。


■だるくなる


・「尋常じゃなく全身がだるい」

・「体のだるさ。風邪はなんとなくからはじまるが、インフルはいきなりしんどくなる」

・「熱っぽくてだるくて何をするにもなかなかできないとき、大体インフルエンザになっている」

体が異常にだるくなってくると、インフルエンザの可能性が出てきます。

風邪のときとは違い、そのだるさが半端ないので、すぐに気付くかもしれませんね。


■寒気がする



・「悪寒の仕方が半端ない。熱の上がり方が激しい」

・「寒気がひどい」

・「服の肌触りに痛みを感じるくらいの寒気と強い関節の痛み」

風邪をひいたときにも悪寒は走るものですが、

インフルエンザのときは、肌に痛みを感じるほど、悪寒がするようです。

他にもいろいろな症状が出てくるので、すぐに病院に行ってみましょう。



インフルエンザは普通の風邪よりも、症状が激しくなることが多いため、

すぐに気付くことはできるかと思われます。

インフルエンザに感染したことがない方の場合、

ただの風邪だと思い込んでしまうこともあるので、病院で検査を受けるようにしましょう。



※『マイナビウーマン』にて2016年1月の記事より




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
インフルエンザが流行っていますね。特に受験生の方は要注意です。
私もかかったことがありません。娘がなった時も孫の看病を引き受けた時もうつりませんでした。予防接種をしていても毎年のようにかかる人も友人の中にいますが、どうしてか不思議です。体質、体力なのでしょうか。
外出先から帰ったら手洗い、うがいは大切だと思います。
eko
2016/02/02 21:09
ekoさん
おはようございます。
貴女様も インフルエンザ知らずでしたか?
貴女の場合は お丈夫だからでしょうね。
私は かごの鳥?だからです。
もちろん、手洗いは欠かしませんね。洗いすぎて 手はカサカサですわ!
ハイジママ
2016/02/03 07:08
こんにちは。
我が家では現在、小一の女の子とその母親がインフルエンザです。
ただ、私は記憶にある限り、インフルエンザに罹ったことがありません。
今日も小雪が降る中、テニスをしていました。
そんなアホな事をする輩には、インフルエンザと縁遠いのかもしれませんね。
ぼてくん
2016/02/07 17:26
今日は寒かったのに テニスでしたか〜!
すごいですね。お若いです!
インフルエンザに罹ったことが無いとは やはり かなり免疫力が高いと思われます。
小1の女の子と お母さん〜早く治りますように、お大事に・・・。
ハイジママ
2016/02/07 17:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
私・・・インフルエンザ 罹ったことがありません〜!  ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる