ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS お正月が済んで・・・また働くあなたへ〜!

<<   作成日時 : 2016/01/04 09:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

年末年始、アッと言う間に過ぎましたね。

実家や旅行先でごちそうを食べたり・・・、

久しぶりに会う家族や友人とお酒を飲んだり・・・、

家でゴロゴロして過ごしたりで〜〜、

「 正月太り 」 になってしまう人は数多く居られるのでしょう。

今年の目標は 「 健康第一 逞しい人生 」 で、まいりましょう〜!



食べ過ぎた分のエネルギーは、食べた直後に

すぐ脂肪に変わるわけではありません。

1日ごとに・・・

こんなに食べちゃダメだあぁ、

食べ過ぎちゃったあぁ〜

どうしよう……

と、細かく気を配っていては、ストレスも溜まってしまいます。

お付き合いで 美食をされる時もありましょう。

食事量は 「 1週間トータル 」 で、ある程度バランスが取れていればそれで良いのです。

ご馳走をいただいた後は 粗食でお願いします。

 


とにかく 食べ過ぎはいけないのだから・・・

その代わり、休み明けの2〜3日は、「 リセット期間 」 を設けましょう。

思いっきり食べて・・・

思いっきり飲んだ体は・・・

そのまま放っておいたら〜〜、

当然、食べ過ぎた分は脂肪になって体に蓄積されてしまうからです。

脂肪になるだけなら 良いのですが・・・

恐ろしい病気の原因になったら 嫌ですね。



この期間を良いチャンスに、

いつもよりもう少し、食事の量や内容に気を遣ってみましょう。



何はともあれ体重計に乗り、続いて鏡で全身をチェック。

実際にどのくらい体重が増えているのか、体がどんなふうに変化しているかという

「 現実 」 を自分の目で確認するのです。




では、具体的なポイントを3つほど挙げてご説明します。

 
@ 夕食のみ「通常の半分」に減らす


お休みの前後で溜まった仕事を効率よく片づけていくためには、

朝から頭をフル稼働させなければいけません。

朝食・昼食の減らし過ぎは、仕事効率にダイレクトに悪影響を与えてしまうので避けるべきです。

 

この観点でいえば、ある程度、摂取カロリーを抑えても構わないのが夕食。

リセット期間は、夕食は通常の半分ぐらいのカロリーに抑えます。



「 全体的に減らす 」

「 おかずだけにして、ごはんは食べない 」

など、自分に合った減らし方でOKです。

我が家は 夕食はあまりコッテリしたものは 食べません。

コッテリは 昼ごはん時に楽しみます。



ただ、糖質の摂り過ぎは脂肪になってしまいますから、

炭水化物の量はいずれにせよ控えめにしましょう。

デザートは別腹?と、言って 甘いケーキを頂くのは辛抱しましょうね。


A 「満腹感」と「痩せ栄養素」を備えたごはんを食べる

 
いつもより食べる量を減らすことで、口寂しさを感じることもあります。

その点、野菜やきのこ、海藻、こんにゃくなどは、

低カロリーな上、適度な噛みごたえがあって満腹感も得られますので、

食事量やカロリーを抑えるためにも、積極的に食べたいところです。

 

加えて、これらの食材は「食物繊維」が豊富。

食物繊維は糖質の消化・吸収をゆるやかにするほか、

脂肪の吸収を抑え、腸の中をきれいにして調子を整える働きもあるなど、

リセット食にはうってつけです。

 

また、野菜に加えて肉・魚・大豆製品などのおかずもリセット食には重要です。

これらの食品に多く含まれるビタミンB群は、「三大栄養素」と呼ばれる

炭水化物・たんぱく質・脂質を分解して

エネルギーにする「代謝」のプロセスに必要であるため、リセット食には欠かせません。

こうした働きから、ビタミンB群は「痩せ栄養素」といえるでしょう。

 

「痩せ栄養素」が足りない場合は、効率的にエネルギーがつくられず、

使われなかった炭水化物・たんぱく質・脂質は体内に蓄積され、

肥満の原因になってしまいます。



つまり、太りやすくなったり、エネルギー不足で頭がぼーっとしたりしてしまうのです。

これは仕事にとっては明らかにマイナス。

食事量は減らしても、「痩せ栄養素」が不足しないように、意識して大豆製品や脂身の少ない肉・魚などを食べるようにします。

 
B 夜はすぐに寝る

出来ないよ〜 と、言われそうですが・・・

とにかく 無理しないで 出来るだけ早く休んでください。

あなたがたの体が 悲鳴を上げますよ!

疲れて居れば おのずと眠れてしまいます。

 

起きていると、やはり何か食べたくなってしまうもの。

それを我慢しているとストレスも溜まってしまいます。

飲み疲れ、食べ疲れの体をしっかり休める意味でも、

晩ごはんを食べたら、早めに寝るようにします。

年寄りのようだ? と・・・

馬鹿にしないで〜

あなたも もう充分にオジサンでしょう?

 

なお、「 夕食を食べてすぐ寝ると太る 」 と、

心配される方もいるかもしれませんが、

前述のように夕食を半分に減らし、

胃に負担のない程度の分量にしておけば、すぐに寝ても問題ありません。

( 我が家は このパターンです。 )

 


さて〜朝起きて・・・また 出勤です。

朝ごはんには〜ブランフレークや玄米フレークは、

「 食物繊維 」 が豊富なのでリセット食にはぴったり。

ヨーグルトを合わせることで不足しがちなカルシウムも補えます。

また手軽に食べられるバナナには、

痩せ栄養素である 「 ビタミンB6 」 や、

利尿作用でむくみを解消してくれる 「 カリウム  」が含まれます。

飲み物には、大豆が原料の豆乳を使った温かいソイラテがおすすめ。

 

これらのほかにも、納豆巻きや具だくさんの野菜スープなどもいいでしょう。



昼は1人前しっかりと食べて構いませんが、

野菜を多めにして脂質は控えめにします。

むしろ 頑張って よく噛んで 食べて欲しいですね。

如何に仕事が忙しくても・・・

食事だけは 時間を取ってね。

例えば〜〜豚汁はビタミンB1が豊富な豚肉と野菜がたっぷり入っている上、

スープで体が温まるので代謝もアップします。

豚汁のほかにも、具だくさんの 「食べるスープ」 のようなものを選んでみるとよいでしょう。


大皿のサラダやけんちんそばなどもおすすめです。



おでん(厚揚げ・つみれ・大根2個・卵・こんにゃく) 

キャベツの千切りは如何ですか?

キャベツの千切りを先に食べると、満腹感が得られます。

 

夕食には、野菜鍋や湯豆腐などを食べるのもいいと思います。

あまり コッテリしたお肉類は 禁物ですよ!

 

年のはじめに、ぜひこの 「 リセット術 」 を覚えていただき、

みなさんのこの一年のお仕事が、

健康で充実したものになるようお祈りします。



健康第一!

体が一番!

夫婦仲良く!

お互いが お互いの健康を気遣いつつ・・・

楽しい一年でありますように・・・。

老婆心ながら お祈り申し上げます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お正月が済んで・・・また働くあなたへ〜! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる