ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄かったね! 羽生くん!!

<<   作成日時 : 2015/11/29 10:38   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

まさに あの演技は・・・

神がかり的な迫力でしたね。 

美しく・・・

神秘的で・・・

迫力もあり〜

気迫に満ちた演技!!

まるっきり あの 『 陰陽師 』 そのものが・・・

乗り移ったかのようでした。

陰陽師 って! 何?



そこで 少し調べてみました〜!



安倍晴明とは?

陰陽師。

それはこの国の「守り人」



一千年の時を超えて、今もなお多くの人の心をとらえ続ける大陰陽師 「安倍晴明」。

陰と陽、そして木・火・土・金・水の五行から、この世界の森羅万象を読み解く陰陽五行思想。

古代、大陸から渡来したこの理論体系が、この日本で独自の進化・発展を遂げたものが陰陽道です。

目に見えるもの、耳に聞こえるもの、五感で感じるものの全ては、

陰陽五行の理論体系で読み解くことができます。

また、五感を超える超自然的な事象についても、

陰陽道の理の範疇で理解し、それを操作することも可能です。


 
陰陽師はこうした独自の理論体系に基づいて、

古代から長年にわたり、わが国の様々な祭祀を執り行ってきたほか、

占術や呪術を駆使することで、日本の歴史に影響を与え続けてきました。



古代日本における陰陽師は、当事の先端技術に長じた科学者であり、

帝や貴族たちの霊的なSP(Security Police)であり、カウンセラーでもあったのです。


私たち正統なる陰陽師の最大の役割は、

日本にとって大切な人物を守護し、日本という国を護ること。



一言でいうと、陰陽師は日本の“守り人”であるといえるでしょう。

そしてその役割は、古代から現在にいたるまで、基本的にまったく変わりません。



そうした陰陽師の務めに加えて、市井の人を守るという役割を、安倍成道は自ら担っています。

それこそが、この国に活力を与え、ひいては護国にもつながるものと考えているのです。



フ〜〜ン?

なんだか 解らない世界だけれど・・・

そういう 『 世界 』 が 在るのですね!

その 『 世界 』 について・・・

狂言師 野村萬斎さんと 羽生さんが 対談している場面を TVで見ましたよ!

野村氏の解釈を 羽生さんが 学んだのでしょうね。

まぁ〜〜 『 幽玄の世界 』 ?? と、言うことでしょうか?



【11月29日 AFP】

15-16フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第6戦、

NHK杯(NHK Trophy 2015)は28日、長野県長野市で

男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、

羽生結弦(Yuzuru Hanyu)が合計322.40点で優勝し、

史上初めて300点の大台を突破した。

 

圧巻の演技を披露し、女性ファンの悲鳴のような歓声を浴びた20歳の羽生は、

300点の壁を軽々とクリアし、パトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)が持っていた

これまでの記録を更新した。

 

羽生はFSで216.07点を記録。

フリーで200点以上の得点が出たのは初めてで、

計322.40点はチャンが2年前に記録した295.27点とも

まったくレベルの違う、異次元の数字となった。

 

4つの4回転ジャンプと7つの3回転ジャンプをすべて成功させた羽生は、

演技を終えるとリンク上で何度も拳を振った。

そして会場が歓喜に沸くなか、カメラの前で人差し指を天に向け、

自らがフィギュア界のプリンスなのだと改めて示した。

 

非常にリスクの高い攻めのプログラムを滑りきったことで、

ライバルたちをはるか彼方に置き去りにした羽生は、

得点が発表されると、信じられないというように両手で顔を覆った。

 

羽生は、「 今はまだ興奮していて、なんと言っていいかわからない 」

と、語った。

 

ブライアン・オーサー(Brian Orser)コーチと抱擁を交わした羽生は、

「 ビックリしました 」 と、報道陣に話しつつ、

熱烈なファンに向けて「 ありがとうございます 」 と、感謝を口にした。



フアンこそ 素晴らしい演技をありがとう!と、お礼を言いたいですね。



「 本当に信じられないです。

  滑る前はすごく緊張していましたけれど、やってやると思っていました。

  五輪が行われたこのリンクで、自分が王者なんだというところを見せたかった。

  これからは、この得点を超えるために努力していきたいです。 」

 

フィギュアスケートの概念を変えるような極上の演技を見せた羽生が、

どうやってそれを成し遂げるかは、まだ想像がつかない。

 

羽生と大差の2位には、中国の金博洋(Jin Boyang、ボーヤン・ジン)が入った。

フリーで170.79点を記録した金は、合計で266.43点を記録し、

羽生とともに12月に行われるGPファイナル進出を決めた。

 

無良崇人(Takahito Mura)は合計242.21点で3位に入った。

マキシム・コフトゥン(Maxim Kovtun、ロシア)は、

いくつか大きなミスが出るなど忘れてしまいたいフリーとなり、

ショートプログラム(SP)の4位から10位に順位を落とした。(c)AFP








尚 宮原さんも 自信をもっての演技!

素晴らしい演技でしたね。

真央さんと言う 存在が有るからこそ・・・

後から続く 後輩たちが 頑張るんだと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
羽生結弦は、まだまだ特典が伸びると思います。
しかし、中国の若手の金選手も2〜3年後には、すごい選手になっていると思われるので、油断は禁物でしょう。
オリンピックでの連覇をやってもらいたいと思います。
ぼてくん
2015/11/29 17:27
ぼてくん
こんばんは!
金選手もそんなに凄いのですか?
油断大敵ですね。
羽生君!まだまだ上を見て頑張るのだそうです。
無理しないで〜〜と、心配にもなります。
ハイジママ
2015/11/29 18:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄かったね! 羽生くん!! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる