ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 近いお買いものさえ タクシーで?

<<   作成日時 : 2015/08/09 09:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

これだけ暑いと・・・

外へは行きたくないですね。

しばらく外に居るだけで 汗がドクドクと流れ落ちます。

我が家はスーパーにも近いので 朝一番ならば 行けない距離では無い。

しかしながら・・・

行きたくない〜〜!

幸い 我が家は未だ車に乗っているので〜

( もう直ぐ 車にも乗れない時が近づいてきます〜 )

どうしても行かねばならない場所には・・・

今のところ〜〜車で出掛けます。



@ 先ず一番に〜 【 犬の散歩? 】


大切な預かり犬のハナちゃんの散歩・・・

涼しくなる?( 少しは〜 ) 夕方 六時過ぎに・・・

【 山の砂防公園 】 まで車で出掛けます。

( 此処は 木々が多く〜割合涼しいのです。  )

いくら暑い夏とは言え、走りたいだろう? 動きたいだろう?と、

オシッコもウンチも 身体から出して〜〜スッキリしたいことだろう?と、

犬の立場に立って 考えるからです。

( 以前の犬は 一日一回? 多くても 二回の散歩だったのに・・・ )



A どうしても 買い物・・・

生きていく為には 野菜や嗜好品〜

( 新鮮な野菜 牛乳やお菓子・・・犬の餌 猫の缶詰 )

買わねばなりません。

配達もして貰うけれど、この暑さの中、配達の方も大変!

( いつも お疲れ様〜 )




さて、個人的な考え方が 有るのでしょうが・・・

( 何故 そう言う生活をされるのか? 環境問題? 何か 社会問題?

   言うに言われぬ理由が有る?  )


長い一生・・・車無しの生活をされているお方が 何軒も有ります。

( 若い時代から 車を持たずの生活でした! )

彼らは 買い物動線も実に限られて居ます。

歩いて行ける範囲の決まったスーパーマーケットだけでのお買い物です。

もちろん 住む場所によって 仕方がないケースが多いです。

若い家族と同居の場合は・・・

若い家族が助けてくれるかも知れませんが〜

今の世は たいてい 核家族!

頼る事さえ出来ません。




今 若い方の買い物パターンは

田んぼの中に立つ 【 多目的なショッピングセンター・モール 】 のような大型商業施設に

家族で行き〜其処で全ての買い物を済ませる〜 というものです。

車を運転出来ない 【 年寄り世代 】 は・・・

もはや そういう生活とは 無縁です。





まったく同じお店で 毎日 同じように買い物するなんて

買うものも ワンパターンになり 大変ですよね。

買い物の楽しみも半減です。

しかしながら 買えるだけでも ありがたい?

心配なのは・・・

近くにお店も無い 【 買い物難民? 】

かって若い時代は・・・

山の住宅地も 子育てや環境的にも 理想郷で在ったかも?

年老いた今は・・・

日常必要なモノにさえ 不便をされて居る?

配達してもらう という方法も有るだろうが・・・

自分で商品を選べる自由は 限られてしまう。

NETを使える人も少ないだろう。

生協の配達という方法も有るが・・・

週に一回と、限られる。

やがて・・・

お弁当の配達が頼りになり〜

やがて・・・

施設に入ることになる?



時々 近くのスーパーで出会う Oさん

オシャレで〜独特の雰囲気の奥さま〜( 70代 )

彼女は 歩いて十分くらいの住宅地。

そんな近い場所なのだが・・・

行きは良い〜良い〜

帰りは 熱い〜



「 帰りは どうするの? 」 と、聞いたら・・・

「 帰りは タクシーよ! 七百円だから〜 」 

( 彼女はリッチ? 

   まぁ〜熱中症になるより マシだわね! )


「 フ〜〜ン 」



こんな話をしていた矢先

NETニュースで こんな記事が・・・

そうか〜 暑いと・・・

タクシー業界が 儲かるのか!

風が吹くと桶屋が儲かる? の 話?




猛暑でタクシーが止まらない? 

「 化粧くずれイヤ〜 」 「 歩きたくない〜 」 「 涼みたい〜 」・・・


J-CASTニュース8月8日(土)から


うだるような暑さが続いている東京都内で、

タクシーが思わぬ 「 特需 」 でホクホク顔らしい。

猛暑や突然の雷雨で、「 どうしても歩きたくない 」 と、いうビジネスパーソンらは少なくないようで、

ターミナル駅ではタクシー待ちの行列ができ、

また流しのタクシーをつかまえるのもむずかしくなっているようだ。



高気圧に覆われている日本列島は、2015年8月8日も全国的に気温が上昇したが、

東京都心では9日ぶりに気温35度以上の猛暑日を免れたようだ。

気象庁によると、前日には全国928の観測地点のうち、

猛暑日が199地点、30度以上の真夏日は690地点にのぼった。

東京都心も今年最高の37.7度を観測していた。




そんなジリジリするような連日の炎天下が、タクシーの客足にはプラスに働いた。

「 暑くて歩きたくない〜〜」

「 ちょっとでも涼みたい〜〜」

と、タクシーを利用する人が増えたからだ。

また、女性客の中には化粧くずれを気にしてタクシーに乗る人もいるという。


東京都心では、タクシーの空車を見つけるのに手間どることが増えている。


あるタクシー運転手によると、

「 都心を流していて1分間、空車になることがない。

  お客を降ろしたらすぐ次のお客が入る。 」

と、忙しそう。



オフィス街では、暑すぎて短距離でもタクシーに乗りたいという人が少なくない。

商談先の移動のために利用するようで、

「 先方に着いたときに、できるだけ汗でシャツが濡れていないようにしたい 」

と、いう気遣いから利用している。

最近はクールビズが浸透して、スーツの上着やジャケットを着ているサラリーマンは少ないが、

それでも「暑い」というわけだ。

( この時期 就活で走り回る学生さんも 大変ですよ〜〜 )



前出のタクシー運転手は、

「 毎日の売り上げが通常より5000円か1万円は多いですね。 」

と、話す。

東京都内ではタクシーの規制緩和で 「減車」 されており、

「 (実車が増えている背景には)それも影響しているのでは? 」

と、みている。




一般に猛暑で 「 伸びる 」、「 儲かる 」 商売いうと、

エアコンや扇風機が売れまくる家電量販店や、

清涼飲料やビールなどの飲料メーカーにコンビニエンスストアや

スーパー、アイスクリームやかき氷などを置く喫茶店、

ビアガーデン、さらにはプールなどのレジャー産業などが思い起こされる。




オフィス街では、ドトールコーヒーやスターバックスといったカフェチェーンにも、

サラリーマンの姿が多い。

猛暑のあまり、涼しさと水分を求め、避難してきているようだ。



第一生命経済研究所経済調査部の主席エコノミスト、永濱利廣氏は

8月3日付のマクロ経済分析レポート 「 Economic Trends 」 で、

仮に東京・大阪平均の2015年7〜9月期の日照時間が平年に比べて29%増となった1994年、

同21%増となった2010年並みになると仮定すれば、

「 15年7〜9月期の実質家計消費のそれぞれ0.6兆円増(0.9%増)、

  0.4兆円増(0.6%増)の拡大を通じて、実質GDPをそれぞれ0.4兆円(0.3%)、

  0.3兆円(0.2%)押し上げる。 」

と指摘する。

猛暑はまさに個人消費を刺激し、景気を底上げしているようだ。



猛暑で太陽光発電もフル稼働



一方、猛暑で太陽光発電も 「 フル稼働 」している。

朝日新聞(2015年8月8日付)は

「 太陽光発電の普及・節電定着... 猛暑でも電力にゆとり 」 の見出しで、

電力大手が猛暑の中でも、比較的余裕のある電力供給を続けていると報じた。

「 すべての原発は止まったままだが、

  太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不足の心配は遠のいている。 」

と、いう。


太陽光発電協会によると、国内の太陽光発電の導入量は、

東日本大震災前の2010年3月末に約280万ワットだったが、

15年3月末には2700万ワットと9.5倍に伸びた。

朝日新聞によると、出力が低下することを見込んでも

「 増加分だけで原発10基分 」 

に、あたるとしている。

 

また、前出の第一生命経済研究所の永濱利廣氏は、

「 飲料や家電向けを中心としたダンボールの販売量も増加が予想される 」

と、いう。

また、ドリンク剤やスキンケアの売り上げが好調な、化粧品や製薬関連でも

猛暑は追い風。

最近は30代〜40代のサラリーマンが汗の臭いを気にする傾向があり、

男性用の制汗剤市場が拡大している。



暑くて、そもそも外出しないという人も少なくない。

その恩恵を受けているのが、宅配ピザ。

また、DVDなどのレンタル店や日用品などを取り扱うネットスーパー、

通販サイトなどのネット宅配サービスも暑くなるほど伸びる。




とはいえ、永濱氏は

「 記録的な猛暑となった1994年、2010年とも

  7〜9月期は大幅なプラス成長を記録した後の10〜12月期に、

  個人消費主導で大幅なマイナス成長に転じているので注意する必要がある。 」

と、指摘。



たとえば、

「 今夏の日照時間が増加して来春の花粉飛散量が増えれば、

  花粉症患者を中心に外出がしにくくなるので、

  来春の個人消費を押し下げる可能性もある 」

という。


猛暑はいいことばかりではないようだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「暑い日には床屋は儲からない」?(暑くて…来てもらえません!)この暑い日には「訪問理容」の方が いいかも? ただ…そのお宅で「どこで 作業ができるか?」なんですよね! 昔の家のように「広い土間」があると…簡単なんですが…今は無いからね〜「リビングにブルーシートを広げて」で…やれるかな? 「近くのスーパーマーケットが閉店して困っている」なんて話もチラホラ聞きますね!「歩きでは行ける店がない」だと…仕方がないから「コンビニ」に行く?最近は「裏通り」みたいな所にコンビニができているのは…そんなお客さんを狙っている?「タクシー」…自分が運転するより「楽」だけど…自分の運転と「違いすぎる」と…怖いです!(特に「助手席」に乗ると…運転手によっては「恐怖」の連続だったりしますよ!)
まだこもよ
2015/08/09 13:59
まだこもよさん
確かに・・・今 美容院へ行くと( もっとも、私は毛染めもせず カットだけ )すごく空いて居ます。皆さま 道中が暑いから来ないのですね。
家に来ていただいても 気楽に毛を散らして良い場所が無い〜〜!
昔の家は土間が有りました。箒で掃けば それでOK!
お店も昔のように【 個人商店 】が少なくなりました。
店主と会話しながら買える雰囲気が無くなりましたね。
だから・・・多少高くても 年寄りたちはコンビニ利用して居られるようです。
ハイジママ
2015/08/09 15:25
ママさん、こんばんは、、いつものように流石の情報量に、圧倒されています(苦笑
ブログの記事内容は、どれもこれも、、ごもっとも!、、身につまされる内容ですね(涙
車があれば、暑いから車で買い物に、、分かりますが、老人のうっかり、アクセルとブレーキの踏み間違い、多いですね、、。
私も何歳まで車の運転をするのか?はっきり決めてはいませんが、車がなくなると、買い物をどうするか?、急病のときはどうするか?、真剣に考えなければならないですね、、。
チラシを見て電話で宅配サービスでいくか、、救急車をタクシー代わりにするか、、なんて、考えれば考えるほど、この国は超高齢化社会、、政治に期待することもできないし、どうなって行くんでしょうね?
OTSUKYON
2015/08/09 20:36
OTSUKYON さん
こんにちは!
近い将来 どういう生活になるのか? 想像しなければなりませんね。体力が衰えて来るのは当たり前。いつまでも元気で居るはずが有りません。
社会全体としても 予想がつかないくらいのスピードでの【 高齢化 】
解決策は有るのでしょうか?
私たちの子供が苦しむのだけは 避けたいですね。
静かにポックリ?が 理想かな・・・。何だか寂しくなりますが・・・。
ハイジママ
2015/08/10 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
近いお買いものさえ タクシーで? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる