ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀕死の仔猫を救った 犬の話

<<   作成日時 : 2015/07/23 08:55   >>

かわいい ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

我が家には 今・・・

四匹の猫が居ます。

居る?

庭に住むことを 許す? という意味。

雨の日は 車庫や作ってあげた小屋で休んで居ます。

( 他所の物置で産んだのですが・・・

  母さん猫が 咥えて我が家に運びました! )

飼って居る? わけでは無く・・・

出来るだけ 他所へ行かないように〜

庭の中で 保護 して ( 避妊して ) いるわけで〜

原則 我が家の庭で ウンチをします。

毎日 ひもじく無いように タップリ〜餌も与えて居ます。

( 朝夕 二回です。 カリカリと缶詰です。

  時には 魚のあら〜〜骨を除いて 肉をほぐしてやります。 )

愛情??

可愛いですよ〜!

でも・・・あまり 強い愛情を持つと・・・

何か 事故が起こった時 悲しい思いをするのが辛いので・・・

出来るだけ 【 淡泊 】 に 付き合って居ます。

( つもり・・・ )

が・・・

猫の方としては 我が家だけが頼り〜〜

( 何処の誰が 捨て猫の世話などするでしょうか? 

  シッシ〜と 追い払うだけの非情の人ばかり? )

時間になると〜頭を揃えて〜

餌が貰えるのを 縁側で待って居ます。

だから・・・

私 & 夫は〜〜時間に縛られて居ます。

長期の旅にも出かけられません。

夫婦二人の行動が限られてしまいます。

餌が安売り〜だと言うと 慌てて買いに出かけます。

家計が大変ですからね!



まぁ〜もっとも、我が家には・・・

衝動買いした( 次男が〜 ) 犬のハナちゃんが居るから・・・

旅にも 出掛けられないのだが・・・。




動物に対する愛情? 

ありますね? と、言われても・・・ねぇ〜

せっかく 命をこの世に与えられた仲間だから・・・

この同じ 時間を 同じ空気を 吸う生き物として・・・

無視する訳には いかない私。

見殺しには 出来ません〜〜!



毎日が 大変です。

新鮮な水〜

冬は温かい小屋・・・

夏は 体力がつくように 滋養も考えます。





下の動画は・・・

くぅーッ泣ける! 瀕死の子猫を救った「優しいハスキー犬」のお話から


Pouch[ポーチ]7月19日(日)20時0分

生きていると色々あり、時には疲れきって殺伐とした気持ちになってしまうこともあります。

でも、ふとしたところに

「優しい気持ちに戻れる」キッカケのようなものが点在してくれているのも事実で、

そのおかげで私たちはなんとかやっていけているのではないでしょうか。



というわけで今回YouTubeからご紹介するのは

「瀕死の状態だった子猫と子猫を助けたハスキー犬」の動画。

2匹の間に流れる優しいオーラに癒されます。


【生後3カ月の迷い子猫】


事の始まりは、シベリアンハスキー犬「Lilo」の飼い主の同僚が、

生後約3カ月の迷い子猫を見つけたことだったそう。

飼い主は弱った子猫を見て「とりあえず元気になるまでは」

と、いうつもりで家に連れて帰ります。




そしてその夜、一晩中子猫の看病をするも、どんどん衰弱していく子猫。

このままではこの子はダメかもしれない。

困った飼い主は、なんと、子猫をハスキー犬Liloに託すことに。

Liloはメス犬でしたが出産を経験したことがなく、

当然子育ての経験もありません。

そんなLiloに瀕死の子猫を預けて大丈夫なのでしょうか。


【母親モードが開花したLilo】




結果は、驚くべきものに。Rosieと名付けられた黒いモフモフの毛玉のような子猫が

Liloのお乳を吸う仕草を始めると、Liloの母性本能が開花し、

まるで本物の母親犬のようにRosieの世話を始めました。



いつもベッタリと近くにいる2匹の姿は、本物の親子以上の絆が見えるよう。

寝ている時も、遊んでいる時も、Liloは深い愛情でRosieを包み込み、

RosieもLiloに全幅の信頼を寄せているのが分かります。


【 すっかり元気になりました 】


おかげで、弱り切っていたRosieは元気を取り戻し、今ではすっかりわんぱくな子猫に。

あぁ、本当に良かった。

参照元=YouTube

執筆=南野バンビ(c)Pouch










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それに比べて…人間は愚かですよね…自分で生んでも育てることができなかったり…そんな話がニュースで流れると…「何とかならなかったのかなぁ〜」と思いますね…。
まだこもよ
2015/07/23 13:19
まだこもよさん
そろそろ〜〜猫の夕飯の時間です。
縁側の窓のそばで がん首揃えて 待って居ます。
私の 【 この心 】が あの猫たちの【 命の綱 】 なのですよ!
ハイジママ
2015/07/23 16:03
実はすでに猫仲間では有名な動画で、何度も拝見していますが、何度見ても泣けるし、癒されます。
本能の中でも母性本能は命と直結して、かけがえのない優しい力を発揮するものだと思います。女性の嫉妬心でマザコンと男性を卑下する話がありますが、根本的なや優しさを思い返して欲しいですね。自身が持っている本能を!
女性の素晴らしいところはそこにあると思います。大事にして欲しいと思いますし、尊敬の対象です。
ベランダ農夫
2015/07/23 21:27
ベランダ農夫さんへ
そうなのですか? そんなに有名な動画でしたか!
何と優しい犬だろうと感動して居ます。
人も見習いたいものです。
よく、施設から身寄りのない子を引き取ったりする話を聴きますが・・・縁があってその家庭に入り〜育てれば もう、それは我が子だと思います。
生みの親より育ての親・・・毎日触れ合うと、そういう感情は出て来るものです。
ハイジママ
2015/07/24 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀕死の仔猫を救った 犬の話 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる