ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の本当の観光の意味について

<<   作成日時 : 2015/06/11 08:22   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8



沖縄県は 日本国の一番南の島。

当然 冬でも暖かく〜過ごしやすい島である。

美しい海

美しい浜辺

魅力である。

その立地を、広く人々に楽しんでもらわない手は無い。

しかしながら・・・

しかしながら・・・

沖縄は 観光にだけ 頼って居て良いのだろうか?

観光しか 無いから・・・

そういう人も多いのも 事実であるが・・・。

( 私は 沖縄の温かさを利用した農業や園芸・・・

  そういう道も すごく可能性が大だと思う! )




戦後・・・

政策的に、観光に力を入れて来たと思う。

沖縄の人も そう言う趣旨に賛同した方も居られる。

特に〜日本に返還されてからは、

その 【 作戦 】 が 益々・・・エスカレートした感!

偽りの〜? ノーベル賞総理? 

佐藤総理の肝いりで その方針が進められた。

その方針に 上手く乗り〜

沖縄での生活を安定された方も居ると聞く。






様々な沖縄の現実から 目をそらし?

政府は? 沖縄県も・・・?

聞くところに寄ると・・・

植生でさえ 観光用に変えられたとか。

海洋博覧会は その最たる国家的行事?





戦争中や 戦後の沖縄を知らない若い世代は・・・

沖縄は 【 単に 癒しの楽園 】 と、映っているような?

実際に存在する 米軍基地 騒音 その兵士たちに因る様々な事件。

それらの現実から目をそらす。

沖縄の歴史、今 抱える様々な問題・・・

それらを知ろうともしない若者たち?

多分 他人事?

修学旅行に多くの高校生が 沖縄を訪れるが・・・

果たして どれだけの理解をしているのか 疑問だ!!





4月1日 アメリカ軍が沖縄本島に上陸(1945年)した。

今 アメリカ軍が 沖縄のどの海岸に 来たのか?

それさえ、多くの人が知らない・・・。

南から?

いいえ、

本島西海岸からです。

1945(昭和20)年4月1日、

アメリカ軍は 沖縄本島西海岸の読谷(よみたん)から

北谷(ちゃたん)にかけての海岸に上陸しました。


画像



                  沖縄本島に上陸したアメリカ軍の艦船

            1945年4月19日 資料コード:0000029943/写真番号:09-07-2(4426)から



沖縄本島上陸におけるアメリカ軍は、艦船1,400〜1,500隻、

兵員約18万3,000人、補給部隊を含めると、約54万8,000人の大軍でした。

 

一方、日本軍の兵力は9万6,400人であり、

そのほかに、戦場動員された13歳から70歳代の地元住民を含めても

約11〜12万人に過ぎませんでした。



そういう事実を 沖縄の歴史から 

消し去ってはならないと、私は思います。

観光?

少し 意味は外れるかも知れませんが・・・

広い意味での 【 観光 】 だと、思いませんか?

そう・・・

その現場を 多くの人に示すことも 

世界平和の為の〜〜敗戦国の作戦だと思います。

今 日本はアメリカに気を使い過ぎだと思います。

G7だか G8だか・・・

サミットの会場決定でさえ 広島には 持って来ないのは?

( チャンスだったのに・・・決まったのは 伊勢志摩! )

それは アメリカが犯した罪 【 原爆投下 】 を・・・

世界の首脳たちに 認識させない為?

気を遣って居る?と 感じるのは 私だけ?



観光って?

ただただ 楽しい場所で ワイワイ言って楽しむこと?

私は それだけじゃ無いと いつも思います。

歴史を見つめることや その土地の文化を知ること。

つまり 見たくないもの、知りたくないものに 目を向けることも

観光なのだと思いませんか?

観て その場に光を与える〜

つまり その土地が発して居るメッセージを受けとめることだと思います。



沖縄の水族館で イルカのショーを見たり〜

大きなジンベイサメの水槽に感嘆したりするのが 中心の観光・・・

( たいていのお方が、美ら海水族館だけを覗いて それで終わり〜 時間不足です。 )

それも 大変なお金を掛けての 【 沖縄の観光 】 ですが・・・

少し足を伸ばして〜沖縄ならではの 【 熱帯ドリームセンター 】 で、

美しい熱帯の花々を観る素晴らしい体験!!

もっと 足を伸ばして〜

琉球王国の面影を残す離島での体験!!

そんな沖縄の楽しみ方。

何より 島の人々との交流・・・

うわべだけの観光は 意味が無い〜!!



沖縄は 奥が深い〜〜観光地です。

考えてみれば・・・

アメリカの傘の下に 戦後の歴史が在る日本の縮図のような気がします。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよね。観光で生きていこうとなったとき,何を捨てようと言うことで「歴史」になったのでしょうね。ひどい話です。岸首相の兄妹の佐藤ですね。なにがノーベル平和賞受賞ですか。腹立つな。
米軍基地で潤っているようなことをいうけれど、占領する側の都合の良い論理だ。それを日本政府までがそういうことが許せない。アメリカとの密約を考えればわかる。日本はかりそめの独立と同時に沖縄をアメリカに差し出したんだよ。どうぞご自由にお使い下さいって。米軍になにをされても文句が言えないように日本の首相たちは密約してきた。その戦後の歴史も伏せてはいけないよね。日米地位協定というものに日本はがんじがらめ。これからはもっと恐ろしいことになるかもね。
ハイジさんの精力的な旅と、う〜ん饒舌にはね〜がんばって。

ののはな
2015/06/11 12:57
沖縄は「観光地」なんだけど…観光で回る所が「戦争の…」と言う所が いくつかあるのが…他の観光地とは違う所ですよね…(「呑気な気分」だけで回れ無い?違う形だけど…地震津浪で被害に遭われた東北地域の観光と似てる?) 実際には見たこと無いけど…何もしらなければ…ただ「綺麗な海」で終わりなんだけど…色んなことがあった場所なんだよねぇ〜。結論としては…やっぱり戦争はダメなんだよね〜。
まだこもよ
2015/06/11 13:15
こんにちは。
沖縄の歴史をお話いただき 勉強させていただきました。
結局 「米」のいいなりになってますね。
「米」は「パンダの国」を恐れているのか?
その為に更に日本を味方につけようとしているのか?
いいように利用されて「日本」を何だと思ってるの!
「日本」の歴史の本当の本当を知ってるのか?
なぜ首相はシッポ振って海外に行って調子のいいことばかり発言するのか。
(怒)
コメントありがとうございました。
炭のワンコ 私が見たのは「お友達炭の華」というお店のようですが ネット検索したところ既製品でフレンチぶるちゃんはいないようです。「犬屋」というお店では既製品ありました。もしご希望でしたらオーダー方法も含めお問い合わせされたらよろしいかと思います。サラリと見てきた為 詳細がわからなくてすみません。。。
にゃーちゃん
2015/06/11 15:59
まだ日本はアメリカに占領されているんですね。主権も無いと思っています。
日本の若者は、踊っていればいいのかもしれません。もう、諦めに近いです。
明るい話題だけが好きなんでしょうね。光も影もあることを知らなすぎます。
ベランダ農夫
2015/06/11 18:44
ののはなさん
ガッツですね。
少しでも 多くの人に伝えたいです。
ハイジママ
2015/06/13 06:30
まだこもよさん
こんにちは!
戦争 何故人類は懲りもせず戦争を・・・。
大馬鹿ですよね。
ハイジママ
2015/06/13 10:13
にゃーちゃん さん
こんにちは!
パンダの国も大き過ぎるので統治が大変なのですよ!
だから強硬な共産主義政権・・・
多くの民族が泣いていますよね。
それでも、資源の関係、領土を広く持ちたいのか?独立させてくれません。
人口が多いのでさらに領土を広げようと野望さえ持って居ます。
困った国ですね。
ハイジママ
2015/06/13 10:16
ベランダ農夫さん
こんにちは!
日本の若者 まず平研的な穏やかなおとなしい若者たちですが、すぐ近くの広場で「 よさこい祭り 」と言うの? 団体で鳴子を打ち鳴らして 踊りましたよ。
それはそれで健全だとは思いましたが その若い彼らが将来 泣かねば良いが・・・と、老婆心ながら心配して居るのです。
もう少し 世界の問題 日本の問題についても 真剣に考えなければならない本人たちです。自分たちに覆いかぶさって来る大切な問題ですね。
馬鹿な政治家先生方は 解決してくれそうもありません。
ハイジママ
2015/06/13 10:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の本当の観光の意味について ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる