ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 子犬 助けられたようです。( トルコ )

<<   作成日時 : 2015/04/28 08:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

トルコの道路で車にはねられた子犬。

動けません。

眼は開いて居ます。

口から血も出して居ます。

連れそう子は きょうだいでしょうか?

同じような小さな犬が 傍を離れませんでした。

犬には 仲間を思う気持ちが有るのです。

優しいですね。

やがて、心あるトルコの方が 止まってくれました。

男性は・・・

死んでいるものなら 埋めようとでも思ったのでしょうか?

スコップを持って居ますよ。

女性は・・・紙切れを・・・

生きて居ます。

この後 獣医へ連れて行かれて〜

この子は 助かったそうです。

心配して 付き添って居た きょうだい犬は どうなったでしょうね。

二匹の幸せを 遠い日本から 祈ります。




この子犬たち。

トルコとイラクは 陸続きだからでしょうか?

我が家が イラクで出会った犬と、とても良く似て居ます。

「 ダイコ 」 というメス犬が 産んだ子犬に似て居ます。

その子犬たちは・・・

全部〜〜銃で撃たれて 死にました。

( 子供には 知らせませんでした! )




何処の国にも 犬や猫が居ます。

しかしながら・・・

国によっては 犬を嫌ったり〜虐待したり・・・

人の対応も様々です。

多くの場合、イスラム圏では 犬は嫌われます。

中には 優しい人も居られます。




世界中の犬・猫が・・・

しあわせに暮らしますように〜 

何処の国のお方も〜

動物に優しくね!

エッ!

それどころじゃ無いってか!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
基本的なことができないのに、宗教は嫌いです。海を裂いて、海の生き物を踏みにじる神話。洪水で罪もない生き物を殺し、羊は良くて牛はダメとか豚はどうとか。。。民族、文化が変われば命の価値が変わる。衣食足りて礼節を知るなどと言い訳を用意して、畏怖で従えようとする宗教そのものが、バカバカしく思うことを悟りました。
まさに悟り(笑)。目の前の弱いものに心を寄せて、助けようとする優しい心が神と思うのです。ワンちゃんが優しくて尊敬しました。子犬の再会を神に祈ります(これは皮肉です)。泣けてしまうので、動画が辛いです。
ベランダ農夫
2015/04/29 00:06
ベランダ農夫 さん
私も宗教は苦手?きらいです。
信じている人が その信心を押し付けるのに抵抗します。
とっぷり信心される方の気持ちが イマイチ理解出来ない人です。
個人の安らぎ、信心を否定するな!と、家人に言われますが、どうしても馬鹿げているように思えてならないのです。仏壇に頭を入れていて救われる筈が無い。葬式に出掛けた帰り道に交通事故に? そういう事、なんだか嫌です。
イスラムの国にも住みましたし〜キリストの国にも住みましたが・・・その国の方々の気持ちがイマイチ理解出来ないまま帰国しました。日本に帰ったら 靖国神社? これもまったく理解出来ません。
死んだ方は、その方の事を思う人の直ぐ近くにいつまでも居るのですよ。そう、思い出の中にね。それで充分じゃありませんか?思う人もいつか、死んだ人のそばに行く。それで良いのです。
私も人に優しいというより 動物の方に優しい? という人です。
動物は 純です。邪心がありません。
今も 私の足元で、フレンチ・ブルのハナちゃんが ブヒブヒ言いながら寝て居ます。
ハイジママ
2015/04/29 08:01
ハナちゃん!元気ですか・・ブヒブヒ(笑)。比較宗教論をベースとして、冷静に矛盾を証明しようとしましたが、宗教は知性と反するものが感じることしかできませんでした。
宗教色の濃い文化圏でお過ごしになられた方のお話で、同意できることがうれしく思います。
いずれにしても政治屋の票獲得で、1宗教を祭るなんて、ばかげています。閣僚の知能程度がわかります。好きで徴兵されて・・英霊・・とは考えられません。
ある大学の学長は招集を拒否し、戦時中刑務所に収監されていました。
戦争を拒否して、亡くなった方こそ英雄だと思います。
政治も宗教も矛盾に満ち満ちています。正しいのは動物かもしれません。
実際に心が動くのはそういう純真無垢な存在です。
人嫌いとはある種目覚めたことなのかもしれません。
ベランダ農夫
2015/04/30 15:42
ベランダ農夫さん
不思議とあなたの心境と 合致 同意する私です。
同じく 戦争を拒否して牢獄で亡くなったような方の方が 英雄だと思います。
戦争責任が有るのに 命乞いするような政治家ほど醜いものは有りません。誰とは言いませんが・・・今の権力者のお爺様かしらね。
顔を幾つも持っているようなズルい方は嫌いです。
ある意味 あなたも私も正直すぎて 損をしている輩かも知れませんが・・・。
お互い 自分なりの誇りがある人間だと思いませんか?
ハイジママ
2015/05/01 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
子犬 助けられたようです。( トルコ ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる