ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 若い体をキープするたのめの5つの基本

<<   作成日時 : 2015/04/05 19:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたは ご自分が同じ年齢の方より 若いと思いますか?

さぁ〜どうでしょう?

中々自分の事は 自分では分かりませんね。

( 私は私・・・人と比べてはいけないと。 )

親しいお方に 客観的に 評価していただかないと 分からないものです。

私は そう・・・同級生のあの方を思い浮かべてみましょう〜。

その方は 若いです。

( 上には上が有るものです。 )

週に二回以上ゴルフとテニス。

運動は バッチリです。

晴れた日は 畑仕事。

無農薬の野菜作りに励んで居られます。

頼まれた仕事の日、遠くまで〜出かけられます。

( 言いたい事を 言いたい放題〜 )

素晴らしい老後ですね。

生活に・・・メリハリが有るのです。

そんな素晴らしい生活を送る人に 少しでも あやかりたいものですね。

良い事は 真似を しなくちゃ〜!




若い体をキープするたのめの5つの基本

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) の記事から

( 3月18日(水)に配信 されたものです。 )



自分自身の疲労の原因を分析し、早めに改善できるようになったら、

「 疲れにくい 」

「 凝りにくい 」

若い体になるための5つの基本を覚えておきましょう。



疲れにくく若々しい体を手に入れるために最も重要なのが、

「 十分で、質のいい睡眠 」 だ。

 


睡眠時間は、6時間以下だと日中の眠気が増えて効率が悪くなる。

極端に長いのも良くない。

研究では平均7時間が理想。

また、リズムが崩れると疲れやすくなる。

決まった時間に起きて寝るのが大切。

自律神経のうち、副交感神経を優位にすることが

疲労を回復に向かわせ、疲れにくくするのでリラックスタイムは作りたい。

遠くを見ている時は交感神経が働き、近くを見ているときは副交感神経が働く。

現代はパソコン作業で近くを見ているときに交感神経が働く逆転現象に、と梶本特任教授。

それが自律神経が乱れる一因にも。

1時間に1回は遠くを見よう。

 
なお、休日にはできれば運動を。


アスリートの間では、アクティブレスト、つまり積極的休養という考え方が一般的。

競技翌日も、軽く運動して血流量を高めるのが疲労をためない術とされている。

それは一般の人も同じ。

休日はだらだら過ごさず、せめてウオーキングでも

体を軽く動かすほうが疲労回復につながる。 



血流を高めれば、凝り対策にもなる。
.

1. 正しい姿勢を常に意識する



正しい姿勢はつらいと思っている人もいるかもしれないが、実は違う。

正しい姿勢で過ごしていると、

一部の筋肉や関節に余分な負荷がかかりにくくなり、疲れにくくなる。

凝りや痛みも出にくく、深い呼吸がしやすくなる

自律神経系や内分泌系も整い、体調も精神状態も良くなる。



2. 十分で質の良い睡眠をとる



活性酸素の量が昼間に比べて抑えられる睡眠中は、

疲労を回復させる物質が細胞を修復しやすくなる。

特に深い睡眠である“ノンレム睡眠”が重要。

睡眠時間は7時間を目指そう。

どうしても週末に寝だめをしたい場合は、

睡眠時間はリズムが変わらないよう、平日プラス2時間までを目安に。


3. ストレッチで血流を高める


現在明らかになっている疲労の原因となる酸化物質は、腎臓を通って、尿から排出される。

だが、4 時間以上座っていると、腎血流量が低下することが分かっている。

そのため、1時間に1回、太ももの付け根を伸ばすストレッチをして、

腎臓への血流量を上げるのがいい。

むくみ対策にも最適だ。

休日は、ウオーキングなど軽い運動で血流を高めよう。



4. カフェインや甘いおやつはほどほどに



疲れると甘いものが食べたくなるもの。

だが、血糖値の急激な上昇や下降は副腎からコルチゾールを無駄に分泌させることに。

また、カフェインも副腎を過剰に刺激し、コルチゾールを分泌させる。

どちらも一時的に疲れがとれたように感じるが、副腎には負担となるので、ほどほどに。


5. シャワーでなく入浴をする



入浴は、血流やリンパの流れを高めるため、疲れにも凝りにも不可欠。

熱すぎないぬるめの湯で15分くらいまでが目安。

なお、上半身を温めると交感神経優位に、

下半身を温めると副交感神経優位になるので、半身浴がお薦め



さぁ〜〜なかなか実践は難しいことも有りますね。

若い体を 維持する為にも 頑張りましょう!!

老いに負けない〜〜!

さぁ〜がんばろう!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若い体をキープするたのめの5つの基本 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる