ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 玄米食のお店に行かせていただきました。「 ごちそうさん〜 ♪ 」 でした!

<<   作成日時 : 2014/02/14 11:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

友人Mさんの計画で・・・

久々 歳の近いオバサマたちばかりの会合です。

 


【 けっこう〜〜有閑マダム? ばかり・・・熟女集団 8人様 】




今年は ことのほか寒い日が多くて・・・

閉じこもる日が多くて・・・

お喋りなオバサマたちは もう〜

ストレス発散しなきゃ〜大変です。

たまには こういう会を設けなくちゃ〜ね!

私がお誘いした方は・・・

親の介護やら 他のお稽古で忙しい方ばかりでした。

で・・・私とHさんだけ。

他は 全部〜〜Mさんの同級生人脈!




初にお目にかかるお方も多いのですが・・・

そこは 女の得意分野?

( お喋りだけは 任せて〜〜 笑・・・  )

初めて会ったその瞬間から 旧知の仲のように〜

仲良しです。

お話は 弾みました!!




お食事の内容は・・・

何と!! 

玄米菜食(マクロビオティック)!!

大変に 興味がありました。





「 このようなお食事をしていれば 病気知らずかもね! 」

「 お砂糖も使わず 動物性・酸性の食材は 一切無しで 

  こんなに美味しく食べられるのね! 」

「 玄米食が こんなに 柔らかくいただけるなんて〜 ! 」




お食事の時間が 終わった頃、

某 若い政治家Yさん ( 息子の歳くらいのお方 ) を お招きして 

【 最近の市政の 裏話 】 でも 聞こうか〜!

という オバサマたちのもくろみの会? でも有ります。

【 政治のお勉強 】 は 大事ですものね!!

市民として 意見を言うことも大事!!




さて、その 【 政治の話 】 は 

又別の記事にでも UPさせていただきますが〜

先ずは お料理の話から。





画像




玄米食は免疫力を高め、体に抵抗力がつき病気になりにくくなると言われていますよね!



そんな玄米菜食(マクロビオティック)は、現在、予病食として注目されています。




素敵なご夫婦が 【 おもてなし 】 してくださいます。

年代は・・・やはり 私の世代と変わりませんが〜

すごくお元気!

やる気満々な ご夫婦で 驚きました。

素敵な 【 生き方 】 も 私の刺激になりました。




さて 先ず・・・

玄米菜食(マクロビオティック)について 調べてみました。

NETから 調べたことを 少し引用させていただきましょう。




「時空」 では、農薬を使わない合鴨農産法で生産された玄米と、

地元で採れた自然農産法の野菜を使った安心安全な食材を使い、

安心して食することが出来る〜「玄米菜食御膳」が 提供されて居ます。

何でも 「 ご主人 」 が 体調を崩されたことをキッカケに〜

奥さまが この道を研究されての 【 開業 】 というお話でした。





住所:
犬山市羽黒堂ヶ洞20-144

電話:
080-1590-6587

最寄り駅:
羽黒(愛知県)駅[出口]から徒歩約32分

営業時間:
11:45〜15:00




マクロビオティックとは

マクロビオティックというと、ストイックなイメージを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、

マクロビオティックとは、穀物や野菜、海藻などを中心とする

日本の伝統食をベースとした食事を摂ることにより、

自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方です。





マクロビオティックの語源



「マクロビオティック」は、

「マクロ=大きな」

「ビオ=生命」

「ティック=術、学」の3つの言葉からなっています。

古代ギリシャ語を語源とした、「自然に即した命のあり方」という意味です。




マクロビオティックのはじまり




マクロビオティックは、桜沢如一氏(1893〜1966)が、石塚左玄の「食物養生法」の考え方と、

東洋思想のベースとなる中国の「易」の陰陽を組み合わせた、

「玄米菜食」という自然に則した食事法を提唱したことからはじまりました。

その後1950年以降、久司道夫氏によってマクロビオティックが体系化され、欧米を中心に広まりました。
.


マクロビオティックの二大原則

マクロビオティックでは、身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)と、

一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)という2つの原則があります。



身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)



人間も植物も生まれた環境と一体という意味です。

例えば、熱帯地域でとれるフルーツには体内の熱を下げる働き、

寒い地域でとれる野菜には体内を温める働きがあり、

四季のある日本では、季節ごとの旬の食材をとることで、

からだのバランスがとれるという考え方です。



一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)


ひとつのものを丸ごと食べる、という意味です。

食材そのものは、丸ごとでバランスがとれており、

穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉にも栄養があり、

全てを摂ることでからだのバランスがとれるという考え方です。
.

.


調理法の陰陽

調理法も陰と陽にわけることができます。

サラダなど冷たいもの火をあまり通さないものは陰性。

それに対してシチューのように、温かいもの、じっくり煮込むものは陽性と考えられます。




マクロビオティックと自然とのバランス



このような食事法は自然環境とのバランスにおいても関わりが深いことです。

例えば、暮らす土地でとれた野菜を積極的につかうことは、

その野菜が新鮮でからだに良いだけでなく、

野菜の物流に伴い排出されるCO2の削減にもつながります。

また、いままで捨てていた皮や葉などもおいしく食べられることは、

キッチンからでるごみの減少にもつながります。




つまり

マクロビオティックとは

「自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する」

という考え方です。




あまりストイックになりすぎずに、

あなたに合ったマクロビオティックライフをどうぞ!!

と、いうことです。



とても、私には 全て実践という訳にはいきませんが〜

少しでも 参考にしながら・・・

( いいな!と思うと〜〜しばらくは真似をします。  

  野菜を中心にして 味付けもお砂糖を使わず〜

  主人に 「 マズイ〜 」 と、言われて居ます。 )





食べ物を大切に 感謝しながら食し〜

健康に留意していきたいものですね。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玄米食のお店に行かせていただきました。「 ごちそうさん〜 ♪ 」 でした! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる