ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症予防の為に 先ずは食事から 次は運動!!

<<   作成日時 : 2013/12/13 09:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

今日からできる認知症予防


いきなり趣味を見つけようとか

運動を始めようとかいわれても

なかなかできるものではありません。

しかし誰でも今日から出来る方法があります。



それは食事の方法です。

特別なメニューや栄養を考える以前にできることがあります。

体が健康な老人は脳も健康だと言われています。

( そうかな? 果たして正比例でも無さそうですが・・・

  逆に〜〜体が弱ると・・・頭もボケそうですが・・・。 )



長寿でも有名ですが

それ以上に脳年齢の若さで話題になった、

知的障害児のための通園施設「しいのみ学園」(福岡市)の園長「f地三郎」さんが居ます。

満104歳時の脳のMR画像を調べた医師が驚愕したそうです。

なんと脳年齢が40歳だったのです。





加齢による小さな脳梗塞の症状すら見られなかったそうです。

また、「f地三郎」さんをお手本と仰ぐ「日野原重明」さん(聖路加国際病院理事長)も

元気な老人としてあまりにも有名です。



お二方のように長寿だけではなく、

認知症と無縁の(ボケない)老人の特徴であり、

共通点が食事方法にあります。



よく咀嚼する



よく噛む、咀嚼することで満腹感が生まれ、摂取カロリーが制限されます。

また栄養素も吸収されやすく、脳の知覚、聴覚が活性化し、

活力が増すと言われています。




よく噛むことの効果は想像以上に多くあります。




よく噛む、咀嚼することで満腹感が生まれ、摂取カロリーが制限されます。

また栄養素も吸収されやすく、脳の知覚、聴覚が活性化し、活力が増すと言われています。

ボケ防止効果としては脳への血流が促進され知覚や記憶力などが高まる効果があります。

副交感神経が刺激されることにより白血球の中のリンパ球を増やし、免疫力を高めます。

よく噛むことで消化酵素に頼ることを減らし、胃腸の負担が軽減でき、健康に寄与します。

顔の筋肉が鍛えられ、肌の弾力性を保つ効果があります。

ダイエット効果があります。




食事を和食中心(魚・野菜)に切り変える



DHA、EPAが認知症予防に効果があると言われています。

これらは魚(特に青魚)に含まれており、

野菜とあわせて食べるとより効果が見込めます。

和食を中心にすれば自然と実現できそうですね。



※DHAもEPAも人の体に必ず必要な栄養素で必須脂肪酸と言われるものですが

  体で作ることが出来ないので食物から摂取するしかありません。




余談ですがうどんで有名な香川県の人達が糖尿病にかかる率が国内有数だそうです。

原因はうどんがおいしいのと消化の良さにあるそうです。

すぐにお腹が空くので思わず他の物を食べ、

結果として食べ過ぎて糖尿病を患うという 「うどん」 には気の毒な話です。



うどん県には 申し訳ない話ですが・・・。



参考



f地三郎(しょうち さぶろう) 1906年8月16日




日野原 重明(ひのはら しげあき) 1911年10月4日






実は・・・

我が家での話。



息子曰く・・・ 「 運動ばかりして 体を鍛えても・・・

           体力だけで 頭は衰えたら〜

           町の中をテクテク徘徊して困るかも? 」



親 曰く・・・  「 ハイ! ハイ! 頭の中を 元気にですね!

           気をつけます! 」


心の中で・・・ ( 寝込むより マシだろう? )




さっそく 実践!

今日のお昼は・・・お寿司ランチを食べて来ました〜!

お魚 タップリ!

茶わん蒸しと、アサリのお味噌汁で〜〜す!



夕飯は 予定として

パンが余って居ますので・・・

パングラタンです。

チーズタップリ、玉ねぎも炒めて入れましょう。

野菜が足らないので・・・

友人に頂いた 青パパイヤのイリチーも加えましょう。



パパイヤイリチーの作り方


(1)青パパイアはタテに切り、種を取って、

         せん切りスライサーでせん切りにし、
   
         水にさらしておく。

    青パパイヤを丸ごと買った場合、

         種をしっかりとスプーンでとり、

         あくをしっかりぬかないと、

         味が悪くなってしまうようです。


 (2)にんじんは、4cm長さのせん切りする。                 イメージ図 ↓

           にらは4cm長さに切る。
   

           ツナ缶は軽く、汁をきっておく。画像

(3)フライパンに油を熱し、(2)のにんじん、

           水気をきった(1)のパパイアを炒める。
   

           しんなりしてきたら

           (2)のにら・ツナ缶を加え、サッと炒める。

(4)「ほんだし」、塩をふり入れて味を調える。

*これは、沖縄県の郷土料理です。


*パパイアは硬い食材なので

   繊維を断つようにせん切りにします。

   ツナ缶の汁を適量加えることで、

   うま味を含んでやわらかく美味しく仕上がります。




沖縄は・・・ツナ缶をよく使われるようで、お店には沢山並んで居ました。

現地に行けば 必ず スーパーマーケットに入ります。

昆布なども よく使われるそうですね。

黒砂糖も よく使われます。

身体に良いモノ 大いに真似をして 取り入れましょう。

その地の方の食生活を垣間見ることが出来ますね!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
体が元気な認知症は、寝たきりよりずっと介護が大変でしょうね。赤ちゃんでも、はったりよちよち歩きのほうが、面倒を見るのが大変なのと同じです。
トイレに連れていくより、おむつのほうがラクなのです。友人のお母さんは、ラクをしたい付添婦が寝たきりにしてしまった、と聞きましたよ。
確かに、脳を衰えさせないことは大切ですね。
「かめかめかめよ〜、かめかめよ〜
 か〜めばからだが強くなる〜」(「もしもしかめよ」の節で)
以前、ダイエットのために一口30回噛むことを心がけようとしてましたが、この頃忘れかけていました。また、気を付けようと思います。
maayflower
2013/12/17 23:01
mayflower さん
こんばんは!介護は大変です。( 私も少しは経験あります。)
オムツをさせて 寝かせて置く方が楽! なるほど・・・。
要するに 本人の尊厳よりも お世話する人の都合ですよね。
自分がそうなった時 やはり、どうして欲しいか? それを考えると、おのずと答えがあると思うのです。
とにかく今は 最期まで自分で歩けるように 体を鍛えるのみですね。
ハイジママ
2013/12/18 19:41
ハイジさんはかなりの率で、大丈夫ですよ。いつも気をつけていらっしゃるから。
体操するし、SNSを通じで多くの人とコンタクトとっていますもの。
よくかむと言うのは、つばにはジアスターゼのような成分が含まれているためとか。
でも悲しいかな。加齢と共につばが出なくなるので、高齢者は、噛んでいても口の中が乾いていて、
さらに味覚も落ちて美味しくない...今美味しいと思ううちは、有難くおいしく頂ましょうね。
サワークラウト
2013/12/23 02:45
サワークラウトさん
私たち 友人と出会うと「 美味しいものが 食べられるうちが花よ〜 」 と、大笑いしながら 沢山 ご馳走を食べます。
何を食べても美味しい。それがありがたいと思えます。
お互い 体が一番!
がんばりましょう!
ハイジママ
2013/12/23 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症予防の為に 先ずは食事から 次は運動!! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる