ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康長寿は みんなの願い!

<<   作成日時 : 2013/10/27 10:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

健康長寿者は肉食系なんだって!!

さて? どうなのでしょうね。

健康長寿者は意外にも「肉が好き」だそうですよ。

そうですか?

うちの旦那は 殆ど肉を食べないんですよ!

心配ですね。

それでも、私が喧しく言って・・・

多少の肉を食べさせております。( 爆笑 )





健康老人と言えば・・・

野菜や魚といったサッパリ系の食べ物を好む、と思われて居ますよね。

ところが、どっこい!

意外にも肉が好きな人が多いそうです。

食事の量もしっかり食べているということです。

よくTVで 長寿の方の食卓を紹介して居る番組が有ります。

それを見ると・・・

確かに・・・ビーフステーキを パクパク?

卵を二個も パクパク。

それも 生のまま・・・。





たしかに、老人は体もあまり動かさないので・・・

エネルギーを消費せず、食事の量も減りそうなものですが、

三食しっかり食べているそうです。

元気な老人は 必ず 体を動かして居られますね。

それだけ エネルギーを上手に使っておいでなのでしょう。





肉類には良質なタンパク質が豊富に含まれて居るので

血管を強くする働きがあります。

血管が強くなれば脳出血などのリスクを減らせるわけですね。

血流も良い筈です。

だから、パワーが出る?



健康長寿者は痩せ型としていましたが、

現在ではそうばかりとは言い切れない?ようです。。





疫学的調査でBMI(体重Kg÷身長m÷身長m)が 「22」 が一番病気になりにくく、

死亡率が低いとされています。




しかし、1987年〜1989年の間の調査では

40歳以上の男性 BMI=24.45

40歳以上の女性 BMI=22.8

の人たちが一番死亡率が低かったのです。





女性のBMI=22.8は

疫学調査で一番死亡率が低いとされる標準体重BMI=22に近いですが、

男性のBMI=24.45という調査結果は

標準体重「22」とはかなりかけ離れています。



いわば「やや肥満ぎみ」の男性が一番死亡率が低いと言うことになります。



男性の高齢者は、あまり体重を気にしすぎて

菜食主義にならないほうがいいということです。

肉、大いに??食べるべし? なのです。





コレステロール値 200〜280mg/㎗の範囲内であれば問題ありません。

( 一度 血液検査のデータを 眺めてくださいませ )




健康診断でのコレステロールの基準値は120〜219mg/㎗ですが、

実は200〜280mg/㎗の人が一番死亡率が低いのです。

220〜240mg/㎗の人たちが一番死亡率が低いですが、本当に極わずかです。



コレステロール値が低すぎる場合と、高すぎる場合とでは死亡原因が違います。

コレステロール値が200mg/㎗より低いと、

がん・脳出血・肺炎・うつ病による自殺を引き起こしやすくなります。




コレステロール値が280mg/㎗より高いと、

心筋梗塞のリスクが高まります。



いわば肉大好きで心臓病による死亡率が高いアメリカ人的体質になるということです。

アメリカ人のような 【 お肉の食べ方 】 は NGなのですね。


画像


ブラジル人も・・・

相当量の お肉を食べます。

私も・・・ブラジル在住中は・・・

すごく 太ってしまいました。

その後遺症が いまだに・・・・。


( いつまで 引きづって居るのでしょう ? 

そう言えば・・・イラク駐在中も・・・

  私 外国人? タイプ?? )




コレステロールは動脈硬化の原因として、中年以降の人には嫌われますが、

実は人間のエネルギーの源といえます。

野菜ばかり食べていては気力もエネルギーも湧いてこないのです。





東京都老人総合研究所が以前行った調査ですが、

老人を食生活で4つのグループに分けて長期観察をしました。



1.納豆や豆腐を食べるが、肉・魚・乳製品は一切食べない

2.菜食中心だが、卵や乳製品は食べる

3.肉や野菜を週1〜2回食べる

4.肉や野菜を週3〜4回食べる



どのパターンが 一番 良い結果だった?のでしょう。



調査の結果としては



1.の納豆や豆腐(いわば畑の牛肉)は食べるが肉・魚・乳製品は一切食べない、

  というグループの人たちが70歳前後で次々に亡くなりました。

  死因は脳卒中または肺炎でした。

  動物性タンパク質を摂らずにいたので血管が弱くなり脳卒中になり、

  感染症に対する抵抗力が弱まり肺炎になったのでしょう。




以下、死亡順位2.3.4.の順に減少しています。

つまり C のパターンが 一番ベストだった!

この調査からは、

【 歳をとっても肉や魚を食べなさい 】
 、という結果です。





上記の調査では肉と野菜の摂取バランスを回数で調査していますが、

量的にはどんなバランスがいいのでしょうか?

それは人間の歯の構成を見れば一番良いと言われて居ます。



人間の歯は上下合わせて32本あります。

前歯が8本、犬歯が4本、臼歯が20本です。

つまり「2 対 1 対 5」の割合になっています。

それぞれの歯の役割は

前歯   生野菜や果物を噛む

犬歯   肉を噛み切る

臼歯   穀物や繊維質の多い煮野菜を磨り潰す



このことから人間は

生野菜や果物  (2)

肉       (1)

穀物や野菜   (5)



の割合で食べて進化してきたということです。


要するに 【 バランス 】 【 適量 】 という事でしょうか?


肉けを〜〜全然 食べないのもいけません。


少なくとも 60g〜80g のステーキは OK! という事でしょうか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康長寿は みんなの願い! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる