ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 武士の食卓 ( 昔の武将の食べ物は? )

<<   作成日時 : 2013/04/04 08:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

今から 四・五百年昔に生きた 武将たち。

ドラマや 映画でおなじみですが

彼らは どんな食事をしていたのでしょう?

興味は有りませんか?

私は 興味が有ります。

自分自身が そんなに贅沢な食生活をしない人なので

戦国武将レベルのお食事 

上等じゃないの?という感じ。




私は 前にも書きましたが・・・

とりあえず 母が死んだ68歳超えが まず目標なのです。

クリアーしたら、次は・・・

せいぜい、77歳くらいで OKかなと思って居ます。(笑)




ギリギリ・・・今の美貌??( 爆笑 ) を

( 大した美貌じゃないけれど・・・アハハ  )

維持できる限界かな?と思うから。

77歳だったら、そんなに疎ましくも思われない年齢かな?

まぁ〜それまでは 健康を維持して・・・

何とか ポックリと〜と願って居ます。




あと 何年?

ぼんやりした母親だけれど・・・

あまり心配かけないで・・・

親孝行してね!






いわゆる現代人は 贅沢になり過ぎて・・・

かえって体を壊して居るのかも知れませんね。



欲を出さず・・・

つつましく・・・

静かに・・・

ホンの少しの野菜を食べ・・・

宮沢賢治的生活??




しかしながら

たまには 楽しみながら

たまには 吠えながら〜〜

生きて居ます。 






武士メシが注目される理由

〜武将の多くが長寿だった〜
 



戦国武将たちが、

死ぬか生きるかのストレスを抱えながらも画像

長寿だった点も注目されている。

『武士のメシ』によると、

一般の庶民が あまり栄養を摂った生活をして居ない時代。

病気も多かったでしょうし・・・

暮らしも 戦いも 災害も・・・

今より ズ〜と厳しい時代。

平均寿命37〜38歳と言われた時代に、



豊臣秀吉は63歳・・・


伊達政宗は70歳・・・画像












徳川家康は75歳まで健在だった画像















それぞれの武将が、地のものを中心にバランスのいい食事をしていたようだが、

その共通点を永山氏は7カ条にまとめている(下の表)。

画像


永山氏による「戦国武将に学ぶ!

長寿になれる食術の秘訣七カ条」(出典:永山久夫著『武士のメシ』)

 


特に注目なのは、多くの武将が玄米めしを食べていたことだという。

玄米は、その主栄養素の炭水化物がエネルギー源になる際に必要なビタミンB1も含む、

優れた食材である。



さらに、玄米を炊く前には一晩水に浸けることを勧める。

米を長時間水に浸けると、内部に含まれるアミノ酸がギャバに変質する。

ギャバはイライラや不安を取り除き、脳内細胞の代謝を促進する効果がある。

つまり、ストレスを減少させる効果がある。

 

知るや知らずや、戦国武将たちは理にかなった食事をしていたのだ。

 



まだまだ知りたい方は、ぜひ下記書籍もご賞味あれ。

『あなたの知らない!リアル戦国読本』(「歴史の真相」研究会著、宝島社)

『武士の料理帖』(柏田道夫著、毎日コミュニケーションズ)







武士のメシ
宝島社
永山 久夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 武士のメシ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
やはり食は長寿の素ですよね。
いつもハイジママさんのブログを拝見しながら、単身赴任なりにも食生活を考えながら過ごしていますが、、、。
アメリカでは新鮮なお魚、特にイワシなどの小物が売っているところが少ないんです。
どうしても肉中心になってしまいます。
自分では野菜を多くとっているつもりだったんですが、、、。
健康診断で血糖値が上がりカルシュームが下がってました、、。
日頃の食生活は身体の状態にすとれーとに効いて来るんだと実感しました、、。
足りない栄養をサプリメントで埋めるアメリカ流のやり方にじぶんも近づいています。
気をつけねば、、、。汗
シグまろX
2013/04/04 09:01
シグまろXさん
我が家は イラクへ赴任の時、小魚( きびなご )の半乾きのものを持参しました。冷凍庫に保存して 少しづつ子供に食べさせました。
やはり (安全な)魚を食べると 長寿だという事が アメリカでも言われ始めましたね。
煮干し、シシャモ・・・アメリカに入る前に 揃えられたら如何でしょうか?
ハイジママ
2013/04/04 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
武士の食卓 ( 昔の武将の食べ物は? ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる