ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 癌にならない食事 の紹介

<<   作成日時 : 2013/04/04 08:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 2

友人のご主人が 今 毎週・・・温熱療法に取り組んで居られます。

憎き癌細胞は 43度以上の温度に弱く

ひょっとしたら その 【 憎き癌細胞 】 が 消滅するかも知れないのです。

もちろん 主治医の指導の下に、補助的な療法としての位置づけですから、

これだけをやって居て 治癒という事にはならないかも知れません。

あくまでも ご本人の意志であり、選択肢の一つです。


温熱療法とは?


抗がん剤の有効性と危険性が論争の的となるなか、その副作用を軽減し、

従来の抗がん剤・放射線・手術によるがん治療の効果を高める

「ハイパーサーミア(温熱療法)」が注目を集めている。

 
ハイパーサーミアは、高周波を利用するサーモトロン-RF8という装置で、

体の表面から深部まで加温する治療法だ。

元来、熱に弱いがん細胞を摂氏42〜44度で死滅させる目的で開発されたが、

最近ではがん周辺の正常な細胞を42度以下の低い温度で活性化させ、

免疫力を高める働きのほうも注目されている。

がん細胞内への薬剤の取り込み量が増大し、放射線の効果も増強されることも分かってきた。

 

福岡県北九州市の社会医療法人共愛会戸畑共立病院の今田肇・がん治療センター長は、

放射線、化学療法併用のハイパーサーミアで効果を上げている。

「 最大の利点は、抗がん剤の量を減らしてその副作用から患者さんを解放し、

  長期にわたる治療が可能になることです。」(今田氏)

 

肺がんに抗がん剤とハイパーサーミアを併用した場合、

がんの消失・縮小効果を表わす奏効率は、薬剤単独の倍以上という。

群馬大学第一外科の浅尾高行准教授は、直腸がんの手術前に行なう温熱化学放射線療法により、

進行がんでも人工肛門がいらない肛門温存手術の可能性が高まるという。



「 群馬大では術前の放射線療法に、温熱療法と化学療法を併用しています。

  3者併用では、顕微鏡で見てがんが消失した例が27.4%、

  CTや内視鏡でがんが認められない例が54.9%になりました。

  新しい肛門温存手術により進行下部直腸がんの自然肛門温存率は90.2%に上っています。」(浅尾氏)

 

ハイパーサーミアは脳と眼球を除くあらゆる部位のがんに適用可能で、副作用がほとんどない。

しかし、治療施設は全国で約70か所と、まだまだ不足している。

普及しない理由は、一連の治療をまとめたものに対して保険点数が決められており、

何回治療しても定額で、医療機関にとって経営上のメリットが少ないこと。

設置施設が全国のがん診療拠点病院中5%にも満たないため、

がんの専門医がこの治療法を理解していないといったこともある。

※週刊ポスト2011年3月11日号



が・・・

癌という病と闘うお方は 

「 何でも挑戦して 生き抜くんだ!」 という意欲がお有りです。

その姿勢に 感服しつつ・・・

こころから〜応援して居ます。




温熱療法と言うモノを知りたくて・・・

NETで検索して居たら・・・

こんな映像を見つけました。

参考になるかも知れないなぁ〜 と・・・

此処に記録させて ( UP ) いただきます。

まだ 癌になって居ない方

貴方だって 私だって

いつなんどき、嫌な奴 【 癌 】 と、付き合わねばならない時が 有るかも知れないから

その予防にも 参考になると思います。




済陽高穂医師に出逢って 癌が治った方。

そういう方にとっては この先生は神様でしょう。

残念ながら 治らなかった方は 良くは言わない方も居られましょう。

しかしながら 

癌という病気、

自らの生活の中で 残念ながら その病気と付き合わねばならない現実。

何でも 良いかも知れないことは 実践してみる、付き合ってみるのが、

賢明かと思います。
画像




☆ 済陽高穂 ( わたようたかほ ) 先生のプロフィール


三愛病院医学研究所所長 
 
 トワーム小江戸病院院長 ・ 西台クリニック院長

1970年、千葉大学医学部卒業後、

東京女子医科大学消化器病センターに入局。

73年、国際外科学会交換研究員として米国テキサス大学外科教室

(J.C. トンプソン教授に師事)に留学し、

消化管ホルモンについて研究。

帰国後、東京女子医科大学助教授。

94年、都立荏原病院外科部長。

2003年、都立大塚病院副院長。

06年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。

08年、三愛病院医学研究所所長、トワーム小江戸病院院長。

同年11月より西台クリニック院長。

明朝末期に中国から渡来し、九州・都城の島津氏に仕えた薬師を先祖に持つ。



以下 少々 時間は掛かるかも知れませんので・・・

時間の在る時に ゆっくりご覧ください。

私も 全部は見て居ません。

ただ、中には 既に私が日常実践して居る 【 食事の仕方 】 が

有るようで・・・

フムフム これで良いのだな! の感あり。



それも なる時には なるものだから

お互い 注意しましょうね。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
癌 最新情報 - 知識陣 (健康 医療)
癌 に関する最新情報 ...続きを見る
知識陣 健康
2013/04/09 05:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
水銀の体温計が42℃までしか目盛が切っていませんね。
42℃を超えると・・・
タンパク質が崩壊を始めます。
だから、42℃以上は必要ないのです。
がん細胞も、タンパク質から成ります。
ハイジママが言う43℃の療法は、的を得ていますね。
ご友人の方が、お元気になる事を 心よりお祈りします。
新ちゃん
2013/04/04 19:15
毎週 温熱療法にお通いです。
抗がん剤とも併用ですが、抗がん剤はあまり多く飲まない方が良さそうです。
それより 癌になる前に予防出来たら それに越したことは有りませんね。
ハイジママ
2013/04/05 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
癌にならない食事 の紹介 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる