ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS この時期 甘酒が良いらしい。

<<   作成日時 : 2012/07/08 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

実は・・・冬の終わりに 


スーパーで 安売りで購入したモノを忘れて居ました。

私は 犬のような性格が有って・・・


あぁ〜美味しそうだと思うと ついつい 買いだめしてしまう傾向が有ります。




だから 台所でゴソゴソして居ると・・・


いろいろ 古い食品が見つかります。 


( つまり ドジママですよ!!  

  だから 怒られてばかりです。 )




食品庫の中に 古い甘酒を見つけました。



賞味期限? 気にしない〜気にしない〜〜 ハハハ・・・


なにしろ あのイラクで 鍛えたお腹ですからね! 





封が切って居ないお酒ですから 大丈夫、大丈夫〜〜


さっそく 冷蔵庫で冷やして頂きましたよ。


冷やした甘酒 なかなか 美味しかったです。 


おかげで 体は 益々 調子良い!! アハハ・・・


今夜も ぐっすり眠れそう〜〜 




画像




本格的な夏は、もう目前。


この季節になると、どうも体がだるくって……という方も多いことでしょう。


これが、いわゆる夏バテです。




暑さから食欲が落ちての栄養不足、あるいは睡眠不足などから、


体がだるい、疲れやすいといった症状が引き起こされます。




水分の摂りすぎから胃液が薄まり、また冷たいものを食べたり飲んだりしすぎて

胃の働きが鈍るなどといったことから、食欲不振・消化不良につながるケースも。



現代では、暑い外気と冷房が効いた室内の温度差から自律神経の働きが乱れ、

体の不調につながることもあります。



そんな夏バテを予防する方法のひとつとして、

やはり食生活の見直しが大事なのだとか。



毎日 お野菜 少量の肉け ・・・かなり考えて食べて居るつもりの私。

夏バテとは あまり関係ないかな? 



私たちの体が元気に営まれるためには、

まずは栄養バランスのとれた食事が必要です。

汗をかくことで、水溶性のビタミンB群やビタミンC、ミネラルなども少なからず排出されてしまうもの。

確かに 毎日 体操をするから かなり汗もかくし、水分も取ります。

疲れたときにはエネルギー源となる糖質や脂質、タンパク質が必要ですが、

ビタミンB群は、こうした栄養素をエネルギーに代える働きをもっています」




さまざまな栄養素を豊富に含み、消化・吸収を助けてくれる発酵食品。

これらには、発酵させるためにカビ類(麹)、酵母類、細菌(乳酸菌)などが使われています。




酒や味噌なら、米や大豆といった原料由来の栄養素が摂取できますが、

さらに発酵のプロセスでこそ生まれる栄養素や成分がプラスされるのだそうです。




たとえば原料が米であれば、デンプンやタンパク質が含まれていますよね。

これらに対し、原料を発酵させるための麹に含まれた酵素が働くことで、

でんぷんがブドウ糖に、タンパク質がアミノ酸に分解されます。

それによって消化・吸収が良くなるので、夏バテした体にもやさしく、

栄養補給に役立つということだそうです。



さらに、ビタミンB群や神経を鎮めるGABAなども作られます。

また、酵母も麹のように酵素やビタミンB群、アミノ酸などを作るほか、

乳酸菌などは善玉菌を増やして腸内環境を整えることをサポートします。




腸内には免疫細胞が集中しているため、腸内環境がよくないと便秘になりやすいだけでなく、

夏風邪をひきやすくなるなど、抵抗力低下につながるので注意したいですね。




そんな発酵食品の中でも 

夏バテ対策食品のひとつとしてオススメ出来るのが「甘酒」なのだとか。



その理由は、

それは“飲む点滴”あるいは“天然のサプリメント”と呼ばれるほど、

人間にとって不可欠な栄養素をたっぷりと含んでいるからなのだそうです。




一般的に甘酒といっても、酒粕由来のものと麹由来のものがありますが、

どちらもブドウ糖やアミノ酸が豊富な上に、エネルギー代謝に必要なビタミンB群も多く含んでいます。

暑くて口にものを入れにくいときにも、飲み物なので抵抗が少ないですよね。

栄養価が高く吸収も良く、エネルギーに効率良く替わる。

これこそ、甘酒が “飲む点滴” と言われる所以です」


画像





でも、甘酒と聞くと、なんとなく冬を連想しがち。

でも、実は俳句だと甘酒は夏の季語。

江戸時代には、夏の飲み物として愛飲されていたという文献も残っています。



庶民にとって、まだ砂糖が高級な甘味料だったころ、

甘酒はとてもおいしい飲み物だったことでしょう。



また、今のように栄養状態が良くない庶民の暮らしぶりでは、

暑気あたりや食中毒などから生命にかかわる深刻な状態になることもあり、

甘酒はおいしく栄養補給をしてくれる食品だったのだと思います。




ちなみにこの時代の甘酒は、米麹と米飯、水を混ぜ合わせ、

長い時間をかけて糖化させるという製法でつくられていたのだそうです。



おいしくて気軽に飲める甘酒は、

今も昔も日本の人々の疲れた体をやさしく癒してくれるのです。




甘酒に含まれる豊富な栄養素や成分は、夏バテ対策に止まらず、

さまざまな形で私たちの体に作用することが期待できます。


たとえば、整腸効果。



いつも 【 腸 】 の調子を 万全にしておくことは、重要な事。



甘酒には、食物繊維や善玉菌のエサとなるオリゴ糖が多く含まれています。

これらが便秘の予防・改善に役立ち、腸内環境を整える上でもサポートしてくれるのではないでしょうか。




特に、これからの時期は冷たい物を摂りがちですし、

冷房で体を冷やすこともあって、抵抗力が落ちるものです。




免疫機能をきちんと働かせるためには、腸内環境を整えておくことが必要なので、

江戸時代の養生法のように甘酒も役に立つと思います。




これなら、便秘によってできる吹き出物なども改善されるかも!

便秘と肌荒れが軽減されれば、

多くの女性がこのお悩みから解き放たれることでしょう。



また、抵抗力が高められることで、

風邪がなかなか治らない……なんて不調もなくなりそうですね。





このほか、甘酒に期待されているのがリラックス効果。

体や頭が疲労していると、良質な睡眠は得られません。

そんなとき、温めた甘酒を眠る前に飲めば、心も体も温かくなる上に、

脳に栄養を与えることもできます。



おかげさまで 私は 体がいつもポカポカ 寒さ知らずの体です。




現代人はIT疲れと言うのでしょうか、頭を使って神経が疲弊し、眠り難い人もいるようです。

麹菌が発芽する時には、神経を鎮めるGABAが造られるといいますから、

神経疲れを癒して安眠に役立つのかもしれませんね。




眠れない人が多い昨今、私には 「 眠れない 」 という言葉は有りません。



夏バテ対策としてはもちろん、健やかな体づくりにも役立てたい発酵食品、甘酒。



果汁をプラスして甘酒を楽しむのも良いそうです。





冷たい甘酒に柑橘類の果汁を少し加えると、

さっぱりとしてとても口当たりが良く、飲みやすいんです。

実は子どものころに飲んだショウガを添えたホットの甘酒がとても苦手でした。



でも、果汁を入れる飲み方で、甘酒観が一変したんですよ。

夏は紫外線をよく浴びるので、

抗酸化成分が多く含まれるフルーツと合わせて飲むのも良いですね。

最近では あの 【 カルピス 】 を プラスするのにも ハマって居ます。

シャーベットにするのも良いでしょう。

ただし、冷房が効いた場所なら、

体を冷やさないようホットで飲むのがオススメです。

我が家は 冷房無しだから・・・やはり 冷やした飲み方かな?




酒粕が入らないタイプに葛でとろみをつけ、

すり下ろしたリンゴやイチゴを混ぜてお子さんの離乳食やおやつにもしていたのだとか。

もし、子どもが麹のツブ感を嫌がる場合は、ミキサーなどを使えばなめらかできるそうです。




日本の発酵食品はおいしく、保存を良くするというだけでなく、

健康面でも役に立つ栄養素や成分が含まれることが、

だんだんと研究で分かってきています。



塩麹ブームも手伝って、

先人の知恵が生かされた伝統食品が見直されているのは、うれしい限りです。

甘酒は砂糖と違い、すーっと舌になじむようなやさしい甘味で、幅広い人が楽しめる食品。

一時的なブームで終わらずに、いろいろと使い方を工夫して、日常的においしく楽しみたいものです。



バナナのまろやかな甘味と甘酒を混ぜても可。

豆乳と混ぜて相性が良いと思います。



消化も良いですし、

豆乳やバナナは、精神安定に関わる神経伝達物質セロトニンの原料となる

トリプトファンを含む食品。

甘酒のGABAなどと併せて、画像

お休み前にリラックスするためのドリンクとしても

良いのではないでしょうか?




忘れて居た 古い甘酒 

意外にも この夏・・・

大活躍して居ます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も甘酒好きですよ。近くに甘酒屋さんがあって、冷やした甘酒を試飲させてくれました。薄めていないものをヨーグルトに入れても美味しいと言われていました。
仕事中、小腹がすいたときにいいので、冬にワンカップ買っていました。
昔はお祭りの時期に作ったものでしたが、今は作ろうとは思えません…。
mayflower
2012/07/09 16:49
mayflower さん
今は便利な世の中になりましたね。
市販の甘酒 けっこう美味しいですよね。
私も良く買います。
大きなお鍋に作っても 飲むのは私だけ。
買うのに限ります。
ハイジママ
2012/07/10 08:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
この時期 甘酒が良いらしい。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる