ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 明るいニュース 【 癌撲滅に・・・近づくか? 】

<<   作成日時 : 2012/06/07 19:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0






【6月7日 AFP】

 がん細胞を直接攻撃するのではなく、患者の免疫系を強化するタイプのがん治療薬2種を用いた臨床試験が成功を収め、より大規模な臨床実験へと進む準備ができたと米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが2日、発表した。

 2種の治療薬は共に米医薬品大手ブリストル・マイヤーズスクイブ(Bristol-Myers Squibb)が開発したもの。服用者の体を蝕むがん細胞の保護膜を破壊し、免疫系の働きを助けるという。

 米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」と米シカゴ(Chicago)で開かれた米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology、ASCO)で発表された第1相試験では、一般的な治療法で効果が見られなかった非小細胞肺がん、メラノーマ(悪性黒色腫)、腎臓がん患者の4人に1人に腫瘍の大幅な縮小が確認された。

 免疫細胞の表面に存在するタンパク質PD-1の結合を阻害する「BMS-936558」(抗PD-1抗体)の臨床試験は、ジョンズ・ホプキンス大のスザンヌ・トパリアン(Suzanne Topalian)教授(外科・腫瘍学)が率いた。

 296人を対象に行われたこの試験では、非小細胞肺がん患者18%、メラノーマ患者28%、腎臓がん患者27%の腫瘍が著しく縮小した。さらに被験者の5〜9%に6か月以上の病状安定がみられたという。ただし、薬の服用が生存率に及ぼす影響についてはさらなる研究が必要だと研究チームは述べている。

 一方、がん細胞の表面に存在するタンパク質PD-L1の結合を阻害する「BMS-936559」(抗PD-L1抗体)の臨床試験は、同大のジュリー・ブラーマー(Julie Brahmer)准教授(腫瘍学)が率い、207人を対象に行われた。その結果、非小細胞肺がん患者10%、メラノーマ患者17%、腎臓がん患者12%に薬の効果が確認された。

 トパリアン教授は2つの治療薬について「PD-1とPD-L1が、がん治療における重要なターゲットだということを強く示している」と指摘している。

 だが、今回の試験では被験者の14%に深刻な毒性作用が確認され、うち3人が肺炎で死亡した。また、副作用として大腸炎や甲状腺異常が確認されたほか、疲労感や肌のかゆみ、発疹といった症状を訴える者もいたという。



(c)AFP










【5月8日 AFP】

 進行性の大腸がん治療で、カレーに用いられるスパイス成分クルクミンに効果があるかどうかを調べる研究が、英レスター大学(University of Leicester)で実施される。

 クルクミンは、数百年も前からインド料理やタイ料理に用いられてきたスパイス、ターメリックの成分。鮮やかな黄色をしており、カレーなどの色や香り付けに使われる。

 レスター大のがん医療研究センターECMC(Experimental Cancer Medicine Centre)の研究チームは、標準的な大腸がん治療にクルクミン錠剤の処方を安全に追加することが可能かどうかを調べる予定だ。

 英国立健康研究所(National Institute for Health Research)とともにECMCに共同出資している英NGO、英国がん研究所(Cancer Research UK)によると、これまでの研究で、クルクミンが、抗がん剤の持つ大腸がん細胞の殺傷力を高めることが実験室レベルで確認されている。

 ECMCのウィリアム・スチュワード(William Steward)所長によれば、大腸がんでは、副作用を伴う抗がん剤治療は患者への負担が大きく長期間は続けられないため、転移が広がった後では治療が難しいという。

「クルクミンにがん細胞を抗ガン剤に効きやすくさせる効果があるという見通しは刺激的だ」とスチュワード氏は語る。

 仮にそうであれば抗がん剤の量を減らすことができ、その結果、患者の副作用も減って治療を今までより長く続けることが可能となる。

 大腸がんは世界で3番目に多いがんで、2008年には124万人が大腸がんと診断されている。

 英国では2番目に多いがんで、2010年には1万6000人が大腸がんで死亡した。


(c)AFP


野菜カレーを食べて・・・

大腸がんにかからないように気をつけましょうね。

今日も ヨーグルトを食べて〜

お腹の中はきれいです。 



の筈ですが・・・

明日の事は誰にも解らないのが 真実です。





現在増えているがんは食生活の変化による影響が大きいと​言われています。

昔ながら​の和食(野菜をたくさん食べる)、

ちょっとのお酒(呑め​る人に限る)、

ストレス解消法を身につける、などががん​予防には効果的。

それ​でもがんになった場合は「運」が影響しているとのこと。



そうか・・・ 【 運 】 ですか〜〜 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明るいニュース 【 癌撲滅に・・・近づくか? 】 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる