ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐辛子の効果 これは信頼性が高いですね。

<<   作成日時 : 2012/05/02 07:54   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

近々中国の食の分野では・・・全く〜信頼性は ゼロですが〜

私たち 日本人から考えて 本当の中国は〜

なにしろ 古い古い・・・

中国四千年以上? もっと長い食文化が有るのですから

王様たちの食生活を追及した歴史を 考慮しての信頼は在りますよね。

何しろ 体に良いとされたものは 研究され尽くされた と言っても過言では無いでしょう。



唐辛子の 【 唐 】 とは 中国の唐の事。

唐辛子の効果は 古くから見つけられて居たのだと思います。



それが 今回、中国の研究チームが、信頼できる実験を行った結果、

学会誌に発表された情報ですから・・・

( 中国の頭の良い研究者たちの汗の結晶? )

これは 本当に信頼出来る内容だと思われます。 



情報は 信頼性が 一番ですからね。









【5月1日 Relaxnews】

トウガラシの辛味成分に、コレステロール値を下げ、

心臓の健康を向上させる効果のある可能性が示された。

 

食品飲料業界の専門家に情報を提供するサイト

「NutraIngredients.com」が27日に伝えた

栄養学会誌「ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・ニュートリション

(European Journal of Nutrition)」の掲載論文によると、画像

中国の研究チームがマウスを使った実験で、

高コレステロールの食餌にトウガラシの

辛味成分であるカプサイシノイドを添加したところ、

対照群のマウスよりも総コレステロール値が下がる

という結果が表れた。

またカプサイシノイドは、

心疾患の前兆となる炎症の抑制とも関連していた。

 

一方、カプサイシノイドの添加によって

総コレステロール値、

トリグリセリド(中性脂肪)値、

非HDLコレステロール値 (いわゆる悪玉コレステロール) が下がったが、

その効果は添加した分量には関連していなかった。



(c)Relaxnews/AFPBB News



======================


だから・・・

唐辛子を 沢山入れて作ったキムチや〜

ラーメンやうどんの中に 唐辛子の粉を 画像

沢山振りかけて食べる人は

痩せて居たのかしら?



大いに期待したい効果ですね。

が〜くれぐれも 食べ過ぎはいけませんね。


弱い胃の人は 荒れてしまいますからね。


ご注意を〜〜。


上手に利用して、日常の健康を保ちたいものですね。




それに何より〜冷え性には効果ありと 聞いて居ます。


この際、さらに詳しく調べてみましょうか?


■発熱・発汗・体脂肪燃焼・保温作用

体脂肪を燃焼させて身体をあたため、毛穴を広げて発汗を促します。

体温を上げてくれるので冬場には効果的ですし、夏場に辛い料理を食べて汗をかけば、

水分が身体の熱と共に蒸発しスウッと体温が下がります。


食べて得られる効果はもちろんのこと、布にくるんで靴の中に入れると、冬場の強い味方なります。


■食欲増進・消化促進・血行促進・成人病予防

カプサイシンは脂肪の分解を促し、肝臓や筋肉内のグリコーゲンの分解を促進します。

そのために胃を刺激し、血行をよくするだけでなく、

内臓の消化運動までも活発になり食欲を増進してくれます。

冬場の運動不足で食欲の落ちる時期、夏バテによる食欲減退にも効果あり!

疲れた時にもいいですね。

ニンニクとの併用で、さらに効果は高まるそうです。

(Oh ! イタリアン!)

もちろん、オールシーズン摂取することで、より効果は増します。

■体内の免疫力向上


唐辛子を摂ることで体内の免疫力が通常の二倍にも上がったというデータがあります。

実験によると、食べてから半日くらいの間に最も効果があるそうです。

■殺菌効果

唐辛子には酢と並んで強い殺菌力があり、

保存食品には防腐剤代わりとしてハーブと共に活用されています。

(Oh ! ますますイタリアン!)

ハーブで作るペーストや酢漬けに、大いに活用して欲しいものです。


■塩分摂取の抑制


日本人は子供の頃からお漬け物に馴染みが深いせいもあって、

ついつい塩分を摂り過ぎがちです。

でも、唐辛子を食べることで塩分に対する味覚が高まるという効果もあります。

当然、塩味は薄めで満足できるわけです。

辛いものが苦手な方でも、隠し味程度に少量づつ使ってみるといいですね。



■食べすぎにはご用心!



効果が高い分、食べすぎは胃を荒らす危険もあるのでご用心!

とは言え、そ〜んなにたくさん食べれるものでもないですね。


「 唐辛子で癌になる… 」 なんて話も耳にしたことがあります。

唐辛子をよく食べる地域で食道ガンの発生率が多いとか……!? 

いやいや、怖〜いデータですね。



これは『 ほどほどは健康に良いが、摂りすぎは良くないぞ! 』 

という戒めではないでしょうか?



唐辛子にしろ、毎日辛々の食卓ではこれも行き過ぎですね。

日々隠し味として使って、たま〜にゴッゴーン!と効かせて愉しむ。。。

あれ……!?  

お酒と同じですね〜 (=^^=)



■食べ過ぎると痔になるぅ〜?



辛いものを食べべた時には肛門の血管が収縮して鬱血しやすいそうですが、

詳しくはまだ解明されてないようです。

でも、長い経歴を持つ肛門科のドクターに聞くと、

「症例からして辛いものはあまり痔にはよくないんじゃないかぁ〜」。

でも、「唐辛子を食べ過ぎて痔になったという話は聞かんなぁ」とも言ってます。

そうですよね。韓国の方を見れば、食べすぎて痔になることはないと思います。



最後にドクターは

「 ただね、肛門も舌も同じ粘膜だからね。

  辛さが分解される前に肛門に届いたら……

  そりゃぁ肛門も辛いだろうね〜 」とも言ってましたぁ〜!!!

や〜っぱり、食べ過ぎには注意しましょう




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国の人は唐辛子が好きですね。ついでに言うとニンニクも・・・・。
でも「過ぎたるは及ばざるが如し・・・・」現役時代に多くの韓国ビジネスマンと親しくなりました。
彼等の多くは日本に出張してくるとき、唐辛子をカバンの中に忍ばせてきていました。
そして夕食時など、日本の料理屋で料理にポケットに忍ばせておいた唐辛子を振りかけて食べるのです。
「日本の料理は味が薄くて、そのままでは食べられない」といってましたね(苦笑)。
ところで知ったかぶりを一つ・・・・唐辛子は徳川時代にメキシコから日本に入ってきたようです。
韓国の唐辛子は江戸時代の初期に、日本から渡ったものなのですが、今では韓国が主流になりましたね。
あきさん
2012/05/02 09:40
あきさん
おはようございます。
あきさんは 唐辛子 かけますか?
私は あまり そういう習慣は有りませんでした。
この際 少し取り入れてみようかしら?
もちろん かけスギには注意ですね。
健康が第一!
あきさんも くれぐれも体にはご注意を〜〜ね!
ハイジママ
2012/05/02 09:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
唐辛子の効果 これは信頼性が高いですね。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる