ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 私と同じ経験 ( 私も刃を飲みこんだ経験あり〜 イタリアで )

<<   作成日時 : 2012/04/16 08:31   >>

驚いた ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 6


給食に包丁の?破片混入、

中3男子のみ込む



読売新聞 4月14日(土)

 

島根県吉賀(よしか)町教委は14日、町立吉賀中3年の男子生徒(14)が、

学校給食に混入していた包丁の刃とみられる破片(約5ミリ大)をのみ込んでいた、と発表した。

 

生徒にけがなどはなく、痛みも訴えていないが、

入院させて、自然に排出されるのを待つという。

 

発表によると、生徒は13日昼、給食のツナサラダに

刃の破片(横1・4センチ、縦2ミリ)がまじっているのに気づいて吐きだした。

その後、レントゲン検査を受けたところ、胃の中に別の破片があるのが見つかった。

 

給食は町運営の施設で調理。

使った包丁を確認すると、刃が横2センチ、縦2ミリ欠けており、

調理中に食材に紛れ込んだとみられる。



包丁は4月に購入したばかりだった。

施設では、調理器具を調理の前後で点検しているが、

今回は、点検前に生徒が吐き出して混入が発覚した。

 


宗内正照・町教育長は記者会見で「欠けた原因を調べ、再発防止を徹底したい」と陳謝した。



=======================


思い出します。


イラクから イタリアへ旅をした時のことです。


当時 イラクには食料が豊富に無いので 何度か ヨーロッパに出かけ、


食料の買い出しをしました。


ローマの町で〜〜本場のピザを食べました。


いわゆる観光客用のお店では無く・・・


ごく普通のイタリア人ばかりが 入って居る場末の小さなお店でした。




味は 日本人に合うものじゃ無く、


そんなに美味しいとは 思いませんでした。


が、本場のピザは こんなものかと・・・


突然 喉に何かが突き刺さり・・・


もう〜痛くて痛くて・・・食べられません。


( 明らかに刃物、鈍感な私でも 刃物が喉に刺さって居る感覚は間違えません。 )


お店の主人に、ダメじゃないかと訴えようにも〜


そんな説明が、イタリア語で出来る訳がありません。


出来たところで、病院へ行けと言われても 困ります。


レントゲンを撮ったって どうなる?


切開? 声が出なくなったらどうしよう?


外国の医療費は 目が飛び出るほど高いと言うし・・・


なにしろ 買い出し旅行の途中ですから・・・。


計画がすべて狂ってしまいます。




小学生二人を連れての家族で来ていたので 心配をかけちゃいけないと・・・


私は ひたすら耐えました。


耐えて 耐えて・・・涙がボロボロ出ました。


あまりにも 私が目を白黒? 涙目なので・・・


家族も気づき、どうしよう〜と心配しましたが・・・


こんな外国へ来て 喉の切開など 堪ったものじゃ無い。


何とか 何かに含まれて 下へ流れ・・・消化器官の中を無事流れ 外へ・・・と期待して〜


私は 二日間くらい 生きた心地がしませんでした。


当然 丸一日くらいは 喉に突き刺さったままでした。


三日目は 喉の違和感も無くなったので、無事 異物は下降したのだと安心しました。




私・・・外国で、色々な目に遭って居る人です。


他にも 言うに言われぬハプニングも 多々あります。


犬も歩けば 棒に当たる〜〜。




無事 今・・・生かされているのも ありがたい事だと感謝して居ます。




イタリアの町、芸術・・・は 好きですが〜〜


どうも、あのピザだけは 悪い〜〜思い出です。


あぁ〜〜美味しいピザは 今でも食べます。







日本だったら こんなに大騒ぎ〜


イタリア・・・外国では 自己責任? 飲み込んだお前さんが不注意?


そんなものです。


池 子供がハマったら 日本じゃ行政に 責任とれと・・・


外国じゃ 池に近づいた者が悪い、不注意じゃ 自己責任じゃ〜。


池には 柵など在りません〜〜。



お国によって いろんなこと、随分違いますよ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、幼少期に半年間 愛知県の横須賀と言うところで暮らした経験があります。
お風呂上りに、叔母さんが必ず出してくれる物・・・
なぜだか、「おまんじゅう」でした。
貧乏性な私は、よく噛まずに飲み込んだ瞬間!
喉に詰まらせ、苦しみ顔が紫色になりました。
当然、呼吸など不可能。
親父が、私の口に指を突っ込み取り出し事無きを得ました。
まだ、4歳になる少し前でしたが鮮明に覚えています。
その時に「死」を本能で感じたのでしょうね。
 
新ちゃん
2012/04/16 19:07
新ちゃん
こんばんは!
だれでも こういう危険な目に遭って居ますね。
うちの息子も 小さな赤ちゃんの時、主人が〜〜「アラレ」を食べさせて それが喉に詰まり、顔が紫色になってしまった事があります。逆さにして振ってちょうだい〜、私は思わず叫びました。
誰もが色々な危険を乗り越えて 育って来たのですね。
今は、こんにゃくを食べると どうのこうの〜と、食べさせない親さんも。
危険は身を持って気をつけ 体験しながら覚えていかねばなりませんね。
ハイジママ
2012/04/16 20:12
魚を食べるのが下手な私は、時々今でも喉に骨をひっかけてます。
イタリアではその後どうなさったのですか?
asakun
2012/04/17 21:58
asakun さん
痛いのを我慢して二・三日・・・そのうち どうやら下へ。
食道も通り抜け、腸も無事通過したようです。後は旅行中ですから確かめる方法が有りません。(笑)
無事 買い出し旅行を済ませてイラクへ帰りましたよ。
ハイジママ
2012/04/18 22:14
本当に良かったです!!
旅の空の下で とんだハプニングでしたね。お子さんたちが無事でなによりでしたが、それにしても「ママは強し」ですね。
asakun
2012/04/20 08:37
asakun さん
ありがとうございます。
ハイ、生かされて居ます。
ハイジママ
2012/04/20 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
私と同じ経験 ( 私も刃を飲みこんだ経験あり〜 イタリアで ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる