ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア人もマクドナルドが好きらしい。

<<   作成日時 : 2012/03/01 14:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

ロシア人が 

マクドナルドを食べる〜。画像

もう〜311店舗 

在るんだってさ!!


そんなに食べたら・・・

太るのにね。 




「 太ったから・・・どうしてくれる〜〜 」 と 、

訴訟問題など 起きないと良いのですが〜。

危ない〜〜危ない〜〜!!

なにしろ 相手はロシアですからね。

ロシア人は〜〜太りやすいのですよ。



マクドと言えば・・・資本主義の象徴 じゃなかったですか?

 マクドナルドはその事業規模と影響力の大きさから、しばしばアメリカの大量消費文化や

アメリカ資本による経済支配(アメリカニゼーション)の象徴と考えられ、

各国の民族主義派・保守派や、農業団体、環境保護活動家、

反グローバリズム運動家の攻撃目標になるケースが少なくない。



 反米デモでは真っ先にマクドナルドの店舗が襲撃される。

 (これはケンタッキーフライドチキンも同様である)。

 特に湾岸戦争やイラク戦争などでアメリカが他国に侵攻する期間、

 中東の店舗は放火されたり破壊されたりした。

 また、イギリスでは批判的な活動家がロンドンにある店舗を爆破し逮捕された。

 更にイラク戦争以降、ロンドン、パリ、チューリヒなどの店舗前で反米デモが激しく行われており、

 メキシコシティーでは「ハンバーガー1つが米軍の銃弾1発」という言葉が生まれた。

 また韓国環境団体の会員らがマクドナルドの大型看板にのぼって「M」字の下に

 「AD WAR」と書かれた垂れ幕をかけて「狂った戦争」と叫ぶデモをした。



1999年にユーゴスラビア紛争の際に、米空軍機が駐在中国大使館を誤爆したときは、

北京でマクドナルド10店舗が襲撃される事態となった。




また、ファーストフードはその手軽さとカロリーの高さ故、

「肥満の主犯」 というイメージが植えつけられることになった。

こうした拡大する外国の反感をなだめるため、

マクドナルドは飲食の材料をできるだけその国で調達し、

メニューもその国の文化を考慮した戦略を取っている。

肉類を避けるインド人のためには、ベジタブルバーガーも開発した。



不健康 のイメージ

 2004年にはマクドナルドに代表されるファーストフード業界の健康破壊をテーマに

“1か月間、3食ハンバーガーだけを食べて過ごしたらどうなるか”

監督が自らを実験台としたドキュメント映画『スーパーサイズ・ミー』が公開され、

アカデミー賞の優秀ドキュメンタリー映画部門にノミネートされた。


アメリカのマクドナルド - 調理油切り替え遅れ和解金9億円支払い


マクドナルドは2002年9月、心臓病疾患の原因になると指摘された

「トランス脂肪酸」を減らすため、調理油(ショートニング)を2003年2月までに

新しいタイプに替えると発表した。



( アメリカの方は・・・

 心臓病が多いですね。画像



 知り合いのアメリカ人も・・・

 心臓手術をなさっています。 

 とにかく・・・

 牛肉や油物の

 食べ過ぎなんですよ )





トランス脂肪酸はフライドポテトなど揚げ物に使う油(ショートニング)に多く含まれ、

それを健康に配慮した新タイプの調理油に切り替えると発表しながら

実施が遅れたことを同社が適切に公表しなかった事に対して訴訟が起こり、

和解金など計約850万ドル(約9億円)を支払うと2005年2月に発表した。



ところが実施が遅れたため2003年2月に遅れの事実を公表したが、

アメリカの健康問題活動家らは2003年、消費者への告知が不十分だったとして

損害賠償などを求め、カリフォルニア州の地裁に提訴した。





日本における調理油切り替え 新しい調理油への切り替えは

アメリカ国内だけにとどまり、日本での調理油切り替えは予定されていない。




日本人だって・・・

「トランス脂肪酸」 は 体に悪いんですけれど・・・

日本人は 訴訟をあまりしない国民だから 

知らん顔??ですか?

オカシイですよね。

同じように 調理油 改善して欲しいです!! 



画像



食べたら・・・動きましょう。


食べる事は 活力の元ですが・・・


動かないのは、非健康的です。


毎日、活動的に 動きましょうね。






「 良く言うよ〜 君はどうなんだい? 」


ハイ、自戒を含めた反省文です。


「 余分なお肉は・・・要りません〜〜!


  欲しいのは 筋肉だけです。 」




マクドナルドは 子供たちは小さい時、好きでして・・・

よ〜〜く購入しましたが〜〜今は 反省!!


安い喫茶店として、友人と利用したことも有りましたが・・・

お魚メニューとか、コーヒーのお替りを飲んだくらい・・・。


今は ほとんど利用して居ません。










【3月1日 AFP】

  ロシアのイーゴリ・シュワロフ(Igor Shuvalov)第1副首相は2月29日、ロシア極東の港湾都市ウラジオストク(Vladivostok)に米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)が店舗をオープンさせるよう働きかける意向だと語った。ロシア紙ベドモスチ(Vedomosti)の電子版が報じた。

 これによるとシュワロフ第1副首相は、ロシア西部のカザン(Kazan)で開かれたフォーラムで、ロシアを担当するマクドナルドの幹部に「ウラジオストクにマクドナルドはないが、私はあって欲しいと思っている。ウラジオストク進出をマクドナルドに説得するため、私が持つあらゆる手段を使う用意がある」と述べたという。

 これに対しマクドナルドの幹部はシュワロフ氏に、モスクワ(Moscow)より東にはゆっくり進出するという同社のロシア戦略を説明した。シュワロフ氏はそれでは時間がかかりすぎるとして、マクドナルドがすでに拠点を持っている韓国からウラジオストクに展開すればどうかと述べたが、マクドナルド側がどう答えたかは明らかになっていない。

 太平洋に面したウラジオストクは、9月に開かれるアジア太平洋経済協力(Asia Pacific Economic Cooperation、APEC)首脳会議を控え、公共施設などの大規模な改修が行われている。マクドナルドは現在ロシア国内に311店舗を持っており、当面は年に40〜50店舗増やしたいとしている。


(c)AFP


年に40〜50店舗増やすとは・・・


かっての、東西冷戦は・・・今は昔なのでしょうか?


変われば 変わるものですね。



日本を切り捨てロシア市場獲得に乗り出した米国


http://goo.gl/y6lEk



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トランス脂肪酸って、自然界には存在しない物質なんですってね。友達から「怖いのよ〜。」と聞いてから、マーガリンを買うのをやめました。その原料は、オランウータンたちの住みかを奪って栽培した油ヤシだということで、日本ではその植物油を見える油(サラダ油など)の二倍も消費しているそうです。(ポテトチップスやインスタント麺の揚げ油、コーヒーフレッシュ、化粧品など)
mayflower
2012/03/02 19:29
mayflowerさん
買い物の時、材料にどういう油を使って居るのか 見るようには して居ますが・・・知らない間に体の中に入って行く場合も有りますよね。
気をつけなければなりません。
ハイジママ
2012/03/02 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア人もマクドナルドが好きらしい。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる