ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ウナギ〜〜高騰!!

<<   作成日時 : 2012/03/08 14:49   >>

面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 2

友人と、ウナギを食べに・・・

【 備長 】 へ行った。

愛知県では 昔からけっこうウナギの有名店。

しかしながら〜〜

連れ合いが 【 ウナギ嫌いな人 】 なので・・・

あまり、縁の無いお店です。





愛知県丹羽郡大口町下小口5-176-1

  TEL:0587-96-0141 FAX:0587-96-0002

  11:30〜15:00 (ラストオーダー 14:30)  17:00〜21:00 (ラストオーダー 20:30)

  月曜日(祝日の場合は営業、水曜日(休))

  国道41号線に面しています。





お寿司屋さんに行っても・・・

ウナギの乗った握りは 私にくれる。

代わりに〜〜彼が食べられる物を あげる。




そんなおかしな夫婦です。

普通、ウナギって・・・

殆どの人が 好きですよねぇ〜



女友達とのささやかなお昼なので・・・

豪華なひつまぶしは 食べません〜〜

けち臭いけれど〜〜

せいぜい お得なお昼のランチ。( 1610円也〜 )



お値段の事を言っては はしたないですが〜〜


オバサンなんて〜〜こんなもの。


クーポン利用で 二百円引き〜〜 でした。


ごく普通のランチは いつも千円以下で探します〜 


だって・・・世の中〜〜こんなに不景気なのに・・・


オバサンだけが 豪勢に遊んで居られませんよね。 






ささやかな・・・ささやかな お昼の贅沢タイム?です。


ご馳走の中身も大切だけれど・・・


何より 心通じる会話が何よりのご馳走だからね。


画像




笑ってください。

出てきたウナギは 僅か〜〜三切れです。

それでも、カリカリに焼かれて居て 美味しかったです。



友人と 私・・・「 これくらいで 良いのよ〜〜体の為には・・・ 」


と、やせ我慢??して〜 満足することにしました。




いつも〜〜スーパーで購入してくるかば焼きは 独り占め。


この三倍は 食べますね!  




いつか・・・タップリ食べたい〜〜と思いますが・・・

食べ過ぎは 体に悪い〜〜!! 






深刻!! 

うな重千円値上げも 

ウナギ卸値高騰、昨年の約3倍に 




2012.3.8 12:37 の 産経ニュースの記事からです。


画像


空前の不漁でやむなく値上げした老舗「柴藤」。

客向けの「料金変更のおしらせ」を置いている=大阪市中央区(大塚聡彦撮影)
 




日本人の“スタミナの素”ウナギの値上がりが深刻な状態に陥っている。

2年連続で不漁だったことがないシラスウナギ(稚魚)の不漁が3年続き、

卸値はついに昨年の約3倍、

1キロあたり約240万〜250万円に。




天井が見えない」と関係者が嘆く中、千円近くも値上げする鰻専門店も出てきた。

需要が増える夏には、市民の手が届かない「高級魚」になっているかも…。

 


日本養鰻漁業協同組合連合会(静岡市)によると、

現在、シラスウナギは1キロあたり約240万〜250万円の値がついており、

昨年の86万円の3倍近くに上がった。

 


神奈川県や宮崎県などで12月から4月ごろにかけて行われるシラスウナギ漁は

今シーズンも不漁。



豊漁だった21年2月、国内の養殖業者に納入されたシラスウナギは約25トンだったが、

今年はわずか約9・5トン。



昨年同時期の約13・6トン、一昨年の約11トンより減った。

 

養殖業者は、0・2グラムほどのシラスウナギを200〜300グラムまで育て、

早ければ6月ごろから出荷を始める。



今年は台湾や中国でも不漁のため、

需要の増える夏の土用の丑の日(7月27日)には品薄となる可能性があるという。




 大阪市中央区の鰻専門店「本家柴(しば)藤(とう)」では、

3種類あるうな重を1月にいったん値上げし、さらに今月初めに再び値上げ。


画像



高いもので千円近くも上げざるを得なかった。

女(お)将(かみ)の柴藤滋(しげ)子(こ)さんは

「心苦しいですが、このままではやっていけなくなります」

とため息をつく。

同市北区の阪神百貨店でも、鰻のかば焼きが1パック2割程度も値上げされた。

 


成長した生のウナギ「活(かつ)鰻(まん)」を卸す愛知県の問屋では、

「 40年やっているが初めてのことで、天井が見えない。

  代用がきかない鰻専門店へ優先的に卸さざるを得ないので、

  スーパーなどへの流通量も必然的に減る 」

と表情を曇らせる。

 

不漁の原因について、東京大学大気海洋研究所の塚本勝巳教授は

「 頻発するエルニーニョ現象で親ウナギの産卵場所が南下したためでは 」

と分析。



産卵場所が変わり、本来ならマリアナ諸島西方海域から海流に乗って来るシラスウナギが、

日本までたどり着けない可能性が高いという。

 


ウナギといえば「養殖」のイメージが強いが、シラスウナギはすべて天然。

漁獲量をすぐに増やす有効な手だてはなく、

塚本教授は

「河川環境を良くするなど地道な努力を重ねていくしかない」

としている。





そう〜〜地球を大切に・・・


美しい海、美しい河・・・


守らないと・・・美味しいウナギも食べられなくなりますよね。


幻のご馳走になってしまうのでしょうか??


うちに以前来られた外人さんも・・・「ウナギ大好きな人」でした。 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウナギ・・・されどウナギ・・・食べたいが・・・乱獲? ダメだなぁ〜〜。
ウナギ屋さんが 困って居るそうだ。 ...続きを見る
ハイジの窓
2012/03/23 09:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウナギだけではないのでは?漁業資源は人間の乱獲と環境破壊で、減る一方のようですね。その一例の、タラの好漁場だったグランドバンクスについて、以前読みました。
mayflower
2012/03/08 23:52
mayflowerさん
こんにちは!そうですね、。魚全体かも知れません。
日本近海?あるいはもっと広範囲で、魚も汚染して居る??かも知れませんね。
環境破壊は 思うより進んで居るのかも?
日本近海は・・・放射能で危ないらしいよ〜〜と、魚たちも話して居るかも知れませんね。
ハイジママ
2012/03/09 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウナギ〜〜高騰!! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる