ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり富士山に新噴火口か?

<<   作成日時 : 2012/02/13 18:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 2

前に 富士山で地震が起きた時

心配をして、こんな記事書きましたが・・・



【 今朝 山梨で地震・・・すわ富士山かと〜〜。】  ( 1月 28日 の記事です )


http://mutterhaus-no1.at.webry.info/201201/article_78.html


早くしっかり調べて・・・


国民を安心?なり・・・気持ちの準備をさせて欲しいですね。


調べても〜〜解らないのかなぁ〜〜? 




各大学の地震学者たちは・・・

国費の無駄使いをしない為にも〜

( その為に あなた方を 教授にしてある?のですからね! )

すぐさま・・・山に登って調べるなり〜

飛行機で 様子を見るなり・・・

体を張って、最新情報を国民に知らせるべきじゃないかしら? 



下の写真は・・・Twitterから、拾った写真です。

右の山肌から 蒸気?が上がって居るのが見えますね。

近くに住んで居られる方は・・・

いつもと雪の状態が違うと観察されて居ます。

何事も起きなければ 良いのですが〜。



根拠の無い話を載せるな〜と 叱られそうですが

誰も 良からぬ事が起こることなど 望んで居ません。

誰もが・・・この日本が いつまでも安泰で有る事を祈って居ます。




画像




富士山東側斜面「須走」に直径500mの新噴火口が出現?


2012年2月13日(月)0時30分配信 週プレNEWS


巨大噴気らしき現象が確認された富士山の東側斜面に、

直径20m〜50mの黒い穴が点在しているのを発見。

ここの雪が溶けている理由は何か?


1月25日、富士山の東側斜面から高さ1000mもの蒸気が噴き上がっていたとの報告があり、

噴火の前兆現象ではないかとの憶測を呼んでいる。



有名な女性占術研究家であるマギーさんが新幹線の三島駅付近で撮影した写真には、

快晴の青空をバックに、富士山の斜面のとある一点付近にだけ細長い雲のようなものが見える。

もちろんこれだけでは「噴気現象」と決めつけることはできない。



ただ、マギーさんはこの10年ほど週に1〜2回は新幹線で東京-名古屋を往復しており、

いつも富士山を見てきた。



その彼女が、

「快晴の山腹から、あれほどの速さで大きな雲が立ち上がるのを見たのはこの10年間でなかった」

と本誌の取材で語ったことから、単なる見間違いと片付けるのも早計だ。



さらに撮影の3日後の28日から、富士山の北東約30qを震源とする群発地震が発生。

はたして富士山の東側で何が起こっているのか。

取材班が静岡県小山町から東側斜面を望遠レンズでくまなく調査したところ、

冬季の富士山では不可解と思えるような箇所があることが判明した。




それは山腹の真東、標高約2200mの「須走(すばしり)」の急斜面にある。

周囲が雪をかぶった山肌に、まるで月面のような直径約500mの円い輪郭が確認できた。



さらにその周辺には、直径20m〜50mほどの大小10ヵ所以上の陥没孔が点在している。

これは、マギーさんの証言ともピタリと重なる場所である。



そしてその陥没孔からは、明らかに熱をもった無色の気体がかげろうのようにゆらぎ出ていた。

冬季の東側斜面は昼間でも氷点下10℃前後なので、

その気体はたちまち白い蒸気に変わり、遠目には雲や雪を巻き込んだ風と見分けがつかなくなる。

おそらく噴気量が多いほど、その区別はつきにくくなるだろう。




長年、富士火山帯の研究に取り組んできた琉球大学名誉教授の木村政昭博士は、

現在、東側山腹での噴火リスクが高まっていると言う。

その上で、さらに気になる前兆現象があると主張する。




「 その25日の大規模噴気が発生してから3日後の28日早朝には、

  これまで地震が少なかった富士山北東約30qを震源に

  M5.5の強い地震が起き、

  それから2月初旬現在にかけて1時間おきの頻度で

  群発地震が起き続けています。


  最近の研究では、富士山のマグマだまりは周辺地域にいくつも潜んでいるという見方が有力。

  この群発地震は富士山のマグマ活動が活発になり、噴火が避けられなくなった証拠でしょう 」




また、木村博士が指摘した山中湖を挟んだ北東の群発地震域と、

2003年から起こっている標高1500mでの噴気、

今回の山腹噴気エリア、

そして昨年3月15日のM6.4を皮切りとした山体直下型群発地震の震源域は

見事に一直線上に並び、密接な連動性をうかがわせる。



これ以上、活動が活発にならないことを願うばかりだ。




この写真の上部やや右寄りに、不気味な穴が大きく口を開けているのです。




昨年3月の東日本大震災以降、富士山で異常現象が続いている。

春の到来を告げる残雪の模様「農鳥(のうとり)」が厳冬のこの時期に出現。

昨年夏には、富士山麓の富士河口湖町で普段はみられない幻の湖が姿を現し、

富士宮市では、異常な湧き水被害が頻発している。

富士山の火山活動への影響が懸念される中、相次ぐ異変に地元住民は不安を募らせている。

 


富士山の北西斜面の8合目付近に羽ばたく鳥のような残雪の模様が現れたのは1月31日。

「農鳥」と呼ばれる毎年恒例の自然現象だが、地元住民の間では、

「よくないことが起こる前触れではないのか」と不安の声が挙がっている。

 

「 例年、雪解けを迎える5月中旬から6月ごろにかけて現れる現象です。

厳冬期に起こるのは非常に珍しいため、富士山の異変に結びつけて心配に思う人もいるようです 」

(山梨県富士吉田市富士山課の担当者)

 
富士山周辺でみられる異常現象はこれだけではない。


 

この前、TVで富士山周辺に有る風穴の氷柱が 例年より 低く小さいと言う映像を流して居た〜


風穴の温度そのものが 例年より高いと言う。




「 昨年の夏ごろから、台所や居間の床下から噴出する湧き水に悩まされている。

ポンプで排水しなければ追いつかない水量で、今も被害は続いています 」

と訴えるのは、富士宮市の淀師地区に住む主婦(70)。

 
富士宮市によると、同様の湧水被害が出始めたのは、昨年9月初旬。

 
「この年は、5月から夏にかけて例年以上に大量の雨が降った。


加えて、8月、9月と連続して台風が来襲。

短期間に降った大雨との関係が疑われますが、はっきりした原因はわかっていません」(同市秘書広報課)

 

井戸から水が噴き出すなど、同地区などの99カ所で同様の現象が確認されたという。





 

さらに、富士五湖を抱える富士河口湖町では、昨年9月ごろに幻の湖が出現し、注目を集めた。

「富士五湖の1つ、精進湖の近くにあって地元では『赤池』と呼ばれています。

普段は枯渇しているのですが、精進湖の増水に伴って突然現れる不思議な湖です。

2カ月ほどで消えましたが、一時的に富士六湖になった。

今回出現したのは7年ぶりのことです」(同町の住民)。


画像




 
「赤池」は、直径50メートルほどの小さな湖。

「 はっきりした由来は不明だが、真っ赤に焼けた溶岩で湖が赤色に染まった 」

(別の住民)という言い伝えから、その名が付けられたという。

過去にも何度か姿を現しているが、原因は何なのか。

 

山梨県環境科学研究所の研究員、内山高氏は

「 湧水被害と同じく、この地域の大量降雨が原因と考えられます。

精進湖と赤池は地下でつながっており、精進湖に降った雨水が地中に浸透しきれず、

赤池に流れ込んだために起きたものと思われます 」

と話す。

 

一連の異常現象は地震や噴火との直接の関連はないようだが、

内山氏は

「 山中湖付近でも湧水で道路が冠水したと聞いています。

これほど大規模な被害が出るのは異例のこと。

大量の雨水が地中に浸透することで地盤に悪影響を及ぼしている可能性は十分あります 」

と危惧する。

 
大災害のサインでないことを祈りたい。



憂いが 単に憂いで終われば そんな良いことはありません。

心配した事が 笑い話になれば 良いのです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富士山の動きが気になりますね。活動期に入ったためとも考えられますし、東日本大震災の影響で地下構造が強い刺激を受けたための一時的な現象とも考えられます。
10年ほど前に私の友人が山中湖畔に家を新築して移り住みました。最近本人に連絡してみましたが、体感的には特に異常を感じていないとのことで、一安心していますが・・・。
富士山が噴火をすると甚大な被害を蒙るのは富士山の東側、つまり東京方面なんですよ。偏西風に乗って火山灰が東京方面に集中して飛んできます。
いまの関東地方の土壌は昔の富士山噴火によって積もった火山灰がベースになっているんです。
女性占い師の話は無視するとしても、日本には専門の学者先生が大勢おられるのですから、そろそろ統一見解を出してもらっても良い頃だと思いますね。
逆に考えれば、富士山の状態はまだ専門の地震学者さんたちが統一見解を出す必要があるほど、事態が緊迫していないということかもしれませんね。
街の自称「地球科学者」あきさんの見解でした。
あきさん
2012/02/14 10:15
地球科学者 あきさん!
すてきですね。
富士山は活火山であることを忘れずに〜〜見守っていかねばなりませんね。
何事も起きませんように〜。
オリンピックを開きたい??と、東京は思って居る?のでしょう?
もしも地震とか 火山爆発なんて、そんな事態になったら それどころではありませんからね。
ハイジママ
2012/02/14 15:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やはり富士山に新噴火口か? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる