ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 美味しいトマト

<<   作成日時 : 2012/02/11 10:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

いっぴんゼッピン!:フルーツトマト 

顔見える農家に 飯田実さん /愛知



画像



◇サクランボより甘い−−飯田実さん(39)のトマトで〜す!! ↑ ↑ ↑

 
いっぴんゼッピン!

フルーツトマト 

顔見える農家に 

飯田実さん /愛知




「サクランボより甘いトマト」。



そんな評判が口コミで広がりつつあるフルーツトマトが、名古屋市中川区の住宅街の一角で栽培されている。

毎週水曜に開かれる直売所には、多い時は100人近くが列をつくり、30分足らずで売り切れる。

栽培する飯田農園の経営者、飯田実さん(39)は

「とれたての野菜をお客さんに直接届ける、顔が見える農家でありたい」

と考え、大半のトマトを直売している。

 


約600平方メートルのビニールハウスに、トマト約2000株が並んでいる。

高さ2メートルほどに成長した株に、100を超える真っ赤なトマトが実る。

大型のビニールに有機肥料を混ぜた土を入れ、苗を植えるユニークな栽培方法だ。

「露地栽培と異なり、土壌病害の影響を受けにくい」のだという。

 


飯田さんのトマトの糖度は、平均10前後。

普通のトマトの4〜6を大きく上回り、一般的なサクランボの8・5〜9をもしのぐ。

「感動する甘さ」とプロの料理人をもうならせ、名古屋市内のフランス料理店などでは、

白ワインにあうトマトとして提供され、美食家を喜ばせている。



飯田さんは

「 カツオの煮汁と昆布を混ぜた有機肥料を使う効果で、

土から栄養分が豊富にトマトに伝わり、糖度が増す 」



と甘さの秘密を教えてくれた。

 

飯田さんは大学卒業後、食品会社に就職。

食品工場の衛生管理などをしていたが、04年に長男の小学1年生、実生君(7)が生まれたのを機に、

「自ら育てた安心、安全な農産物を子どもに食べさせたい」

と考えるようになり、脱サラを決意。

08年に退職し、県立の農業大学校や豊田市の農場で学び、

10年2月からトマト栽培を始めた。

 


ビニールハウスが都市部にあり、大規模経営ができない悩みもあり、

トマトを使った加工品の開発で収益を拡大させることにも挑戦する。

近くのレストランのシェフと組み、トマト約50個を濃縮したフルーツトマトジャムの販売を昨年から始めたほか、

トマトジュースの開発も進めている。


2月には中国・上海へトマトジャムなどの販売促進に行く予定だ。

「日本にこだわらずトマト製品の販路を拡大し、都市型農業の可能性を追求したい」

と意気込む。【工藤昭久】

 

◇いっぴんメモ

 

飯田農園(名古屋市中川区助光3の404)では、

毎週水曜午前9時からフルーツトマトを直売し、売り切れ次第終了する。




フルーツトマトは1パック(150グラム)で350円、

フルーツトマトジャムは1本(150グラム)1000円。



直売所のほか、名古屋市中区栄の中日ビル地下1階にある

県産品のアンテナショップ

「ピピッと!あいち」でも取り扱っている。



問い合わせや注文は飯田農園(090・1787・9809)。



トマト好きとしては・・・


一度 手に入れたいものだと思って居ます。




トマト、メタボ予防に効果=脂肪燃焼の新成分発見―京大


時事通信 2月10日(金)のニュースから

 

血液中の脂肪増加を抑える新成分がトマトに含まれていることを、

京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループが発見した。



マウスを使った実験で、血液などの中性脂肪量を抑制することが確認された。

メタボリック症候群の予防に効果が期待されるという。

10日付の米科学誌プロス・ワンで発表した。
 



河田教授らは、トマトの実とジュースの成分を精密に分析。

脂肪の燃焼を最も活性化させる成分として、不飽和脂肪酸のリノール酸に類似した物質を特定した。
 



この物質を化学的に合成し、肥満マウスの餌に0.05%加えた結果、

4週間で血液と肝臓の中性脂肪が約30%減少した。

脂肪燃焼に関わるたんぱく質の増加やエネルギー代謝の向上、血糖値の低下も見られた。
 


河田教授は

「 人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで

  同様の効果が得られる 」

と話している。 




「どの国のトマト料理が好き?」デルモンテのトマト調味料でアレンジレシピ募集!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トマトの「リコピン」以外の話題が出て来ましたね〜
トマトは私の大好物でもあります。
体が要求するのを、人は敏感に感じとっているのかも?
ただ体に良いトマトにも弱点があるようです。
食べ過ぎると、花粉症を悪化 又は、花粉症を引き起こすそうです。
まだ確立されてはいないようですが、完璧な食材は無いと言う事ですかね?
“過ぎたるは、及ばざるが如し”ですね。
新ちゃん
2012/02/11 21:09
新ちゃん
おはようございます。
季節にはトマトを沢山食べたいです。
無理して〜〜季節外に作ることはありません。
そんな時は トマトジュースですね。
花粉症の話は初耳でした。しっかり調べてみたいですね。
大阪の息子は花粉症が出て居ます。トマト好きですが〜〜。
ハイジママ
2012/02/12 08:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美味しいトマト ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる