ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京方面にも 流れたわけだ・・・。 怖いけれど〜〜ナットク・・・しました。

<<   作成日時 : 2012/02/29 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0









【2月29日 AFP】

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は28日、

昨年3月の東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所事故について、

放射能汚染レベルはこの1年間に急激に低下したものの、

汚染は慢性化し、長期にわたって続くとの見解を示した。
 


( 何故か 日本国民は・・・政府の発表する事よりも〜〜

  外国の専門機関が 発表する事の方が信じられるからね!! )


  

  IRSNによると、主な放射能漏れは3月12〜25日の計約15件の事故で発生したが、

  最大の放射能漏れは恐らく3月15日以前に発生した。

 

   セシウムの総放出量は推定で5万8000テラベクレル(テラは1兆)。

   これは1986年のチェルノブイリ(Chernobyl)原発事故における放出量の3分の1弱にあたる。

   ( 日本の報道では・・・なぜか 二割と?? )


  なお、セシウム137の総放出量は推定2万1000テラベクレル。

 セシウム137に汚染された約2万4000平方キロのうち、

  1平方メートルあたり60万ベクレルの安全基準を上回ったのは600平方キロに過ぎず、

  これもチェルノブイリ事故の場合を大きく下回る。

 

ただし、福島第1原発から最大250キロ離れた場所でも、

雨などにより放射性物質が蓄積された「ホットスポット」が依然として残っている。

 

これまで、事故が直接的な原因となった死亡例や病気の報告はないが、

市民や救急隊員や福島原発作業員への長期的な影響については不明だとIRSNは強調している。

 

IRSN危機管理部門のディディエ・シャンピオン(Didier Champion)氏は、

 慢性的な低線量の被曝が続く恐れがあり、

注意しなければ累積被曝量は増えていくと指摘し、

日本は果物、ミルク、キノコ類、狩猟した動物、魚介類の

厳重な監視を継続することが死活的に重要だと述べた。



(c)AFP/Laurent Banguet

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京方面にも 流れたわけだ・・・。 怖いけれど〜〜ナットク・・・しました。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる